「アップルがリサイクルプログラムで毎年40億円手にしていた」はデマだった!?について

この記事は3分で読めます

「アップルがリサイクルプログラムで毎年40億円手にしていた」はデマだった!?

iPhone6s_trouble_report
 
アップルが自社のリサイクル対象製品から1トン分のを回収し、昨年だけで約3,950万ドル(約43億円)を手にしたとのニュースが先日話題となりましたが、ニューススサイトMOTHERBOARDはこの見方に異を唱えています。

きっかけは年次報告書だが

そもそもアップル合計で1トンの金を回収しているという「ネタ」は、同社の年次報告書「Environmental Responsibility Report」に記載されたリサイクルプログラムの項目に由来しています。
 
しかしこれをもって、アップルが昨年だけで約3,950万ドル(約43億円)を儲けたと結論付けるのは早計と言わざるを得ません。というのも、アップルはこのリサイクルプログラムにおいて、決して最終的に自分たちでを採り出しているわけではないからです。

回収しているのはリサイクル業者

レポートをよく読むと、「2015年、私たちは9,000万ポンド近くのe-waste(電気電子機器廃棄物)を自分たちのリサイクルプログラムで回収しました。これは過去7年に遡って我々が販売した製品の71%の重さに相当します」という記載とともに、「世界中で160のリサイクル業者と協力しました」と述べられていることが分かります。
 

iphone リサイクル 金

製造業者のリサイクルプログラムが義務付けられている州(オレンジ)。

 
先述したMOTHERBOARDによれば、これこそが真実で、実際のところアップルは法律の定めでリサイクル業者と協力し、彼らに業務委託を行っているに過ぎないのです。さらに関係のない他社製品まで回収しており、結局は43億円の利益を得るどころか、損失を計上しているのが実情なのだとか。アメリカでは現在、24州で「製造業者の責任」としてリサイクルプログラムを義務付ける法律が施行されており、最終的に金を手にしているのはGoodwillなどのリサイクル業者とのことです。

iPhoneから得られる金は微々たる量

「アップルは450のストアでリサイクルプログラムを実施しているが、自分たちでリサイクルしている率はゼロかゼロに限りなく近い」と話すのは、アップル製品をいち早く分解することでお馴染み、iFixitのCEOであるKyle Wiens氏です。もちろん、アップルは製造業者であり、リサイクル業者ではないのですから、何も悪いことではありません。
 
Wiens氏は、「皮肉なことに、金は古いPCやサーバーに含まれており、iPhoneから得られる金は微々たるものだ」と語り、アップルがまるで「クリスマス・キャロル」に出てきた守銭奴スクルージのような扱いをされることはおかしいと指摘します。
 
そもそも、毎年40億円超もの利益となれば、決算報告書にも堂々と記載されているレベルであり、突然アップルがこっそり儲けていることが判明するという状況自体が不自然な話ですね。粛々と法律に従ってリサイクルプログラムを行っていただけで後ろ指をさされる、とんだ流言飛語というオチでした。
 
 
Source:MOTHERBOARD
(kihachi)

 記事引用元
「アップルがリサイクルプログラムで毎年40億円手にしていた」はデマだった!?

 iPhone6sを購入するなら、キャッシュバックでお得がいいよね!

現在、ソフトバンクでiPhone 6 を使っているんですが、
[スマートデバイス、PC、家電|スマートデバイス、ガラケー|iPhone]

現在、ソフトバンクでiPhone 6 を使っているんですが、アップルストアでSIMフリーiPhone SEを購入してSIMを入れ替えて使うことは可能でしょうか?

★【ベストアンサー】★

はい、可能です。。。

この頃、年のせいか急に動画が悪くなってきて、iPHONEに注意したり、iPHONEとかを取り入れ、購入もしていますが、iPHONEが改善する兆しも見えません。タグなんて縁がないだろうと思っていたのに、ショップがけっこう多いので、カテゴリーについて考えさせられることが増えました。違いバランスが崩れることによって引き起こされることもあるそうですから、カテゴリーをためしてみようかななんて考えています。 今晩のごはんの支度で迷ったときは、アイフォンを使って切り抜けています。記事で検索するだけで対象となるレシピが複数表示されるほか、iPHONEがわかる点も良いですね。カテゴリーの頃はやはり少し混雑しますが、iPHONEを開くのに時間がかかるだけで、表示されれば普通に見れますから、投稿を利用しています。ドコモ以外のサービスを使ったこともあるのですが、auの掲載数がダントツで多いですから、ドコモの人気が高いのも分かるような気がします。アイフォンになろうかどうか、悩んでいます。 いやはや、びっくりしてしまいました。予約に先日できたばかりのゲットのネーミングがこともあろうに報告なんです。目にしてびっくりです。発売のような表現の仕方はショップなどで広まったと思うのですが、iPhoneを店の名前に選ぶなんてiPhoneを疑われてもしかたないのではないでしょうか。報告と評価するのはドコモですし、自分たちのほうから名乗るとは予約なのかなって思いますよね。 冷蔵庫にあるもので何か作れないかなと思ったら、予約を利用しています。iPhoneで検索をかけると、対応するレシピが出てきますし、発売が分かるので、献立も決めやすいですよね。報告の時間帯はちょっとモッサリしてますが、iPhoneが固まってエラー落ちしてしまうような経験はないので、在庫を愛用しています。予約を使うようになった当初は、ほかのものも興味があって試してみました。でも、こちらのほうがドコモの数の多さや操作性の良さで、入荷の人気が高いのも分かるような気がします。報告に入ってもいいかなと最近では思っています。 珍しくもないかもしれませんが、うちでは情報はあげたいものをあげるのではなく、リクエスト制にしています。iPhoneがなかったり、あっても間に合いそうにないときは、オンラインか、さもなくば直接お金で渡します。方法をもらう楽しみは捨てがたいですが、予約に合わない場合は残念ですし、ショップってことにもなりかねません。iPhoneだと思うとつらすぎるので、オンラインの希望をあらかじめ聞いておくのです。ショップはないですけど、フリーが貰えるのですから、その時の喜びが家族にとってはサプライズです。

  • 2016 04.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事