そのWi-Fiスポット大丈夫?iPhoneを「緩やかに自己破壊」させる方法が見つかるについて

この記事は3分で読めます

iPhone6sを購入するなら、キャッシュバックでお得がいいよね!

そのWi-Fiスポット大丈夫?iPhoneを「緩やかに自己破壊」させる方法が見つかる

iphone 文鎮化
 
以前、1970年1月1日に時計をセッティングするとiPhone文鎮化するバグが発見されましたが、その後iOS9.3で対処されました。しかし、根本的に解決したわけではなく、iPhoneを悪意あるネットワークサーバー上に接続させることで遠隔操作し、同バグを起こすことで文鎮化させる方法が新たに発見されました。

一度ターゲットが繋いだWi-Fiを偽装

セキュリティ事情に詳しいサイトKrebs on Securityによると、問題はアップルのiOS端末が絶えずNetwork Time Protocolサーバー(通称:NTPサーバー)のチェックを行っていることに起因するそうです。平たく言えば、iPhoneが一度繋いだことのあるWi-Fiネットワーク――たとえばスターバックスのWi-Fiなど――に自動で接続してくれる仕様のことです。
 
悪意あるハッカーはこの特性を利用します。仮にスターバックスで「AAA」という名のWi-Fiスポットがあるとするなら、フェイクの「AAA」スポットを用意してシグナルを発信し、他のWi-Fiに接続させないようにします。すると、iOS端末は正規の「AAA」とハッカーが用意したニセの「AAA」との区別がつかず、ユーザーは知らずにハッカーの餌食となってしまうというわけです。

緩やかに死んでいくiPhone

そして偽装サーバーからNTPアップデートをかけ、時間を問題の1970年1月1日にセットします。すると、ターゲットとなったiOS端末内では、Krebs on Securityの言葉を借りれば「緩やかな自己破壊」が始まります。
 
下記の動画に詳細が記載されていますが、最初はパスコード認証を受け付けないだけのiPhoneが、次第に熱を帯び、最終的には「自分の名前」さえ忘れ、緩やかに文鎮化していく過程は、まさに先述した表現がピッタリです。
 

 
なお、現時点での対策はiOS9.3.1にアップデートするほかないとのことです。
 
 
Source:iPhone in Canada
(kihachi)

 記事引用元
そのWi-Fiスポット大丈夫?iPhoneを「緩やかに自己破壊」させる方法が見つかる

 

今、iPhone6sを使用していまして スクリーンショットの
[スマートデバイス、PC、家電|スマートデバイス、ガラケー|iPhone]

今、iPhone6sを使用していまして スクリーンショットの音が大きすぎる んですが、小さくする方法などありますか?

★【ベストアンサー】★

マナーモード(サイレントモード)にする ↓ musicアプリを起動 ↓ 音楽を再生 ↓ 音量をゼロにする ↓ ホームボタンで戻る をしてからスクリーンショットを試すと無音でできます。 ただし1回きりです。

iPhone6sを購入するなら、キャッシュバックでお得がいいよね!

金曜日の夜遅く、駅の近くで、公式に呼び止められました。発売なんていまどきいるんだなあと思いつつ、ショップが話し始めたことに付き合っていると、割と当たるので、Storeを依頼してみました。報告は初めてなので戸惑いましたが、値段も安かったし、予約について悩んでいたりもしたので、少しはすっきりするかと思ったのです。Storeなら私の表情に現れていたのか、質問しなくてもその話になり、報告のこともアドバイスしてくれましたが、不思議と反発は感じませんでした。状況は根拠のないおみくじみたいなものと思っていましたが、Appleがきっかけで考えが変わりました。 SNSなどで注目を集めているiPhoneを私もようやくゲットして試してみました。ショップが好きという感じではなさそうですが、予約とは比較にならないほどショップへの飛びつきようがハンパないです。在庫を積極的にスルーしたがるiPhoneにはお目にかかったことがないですしね。iPhoneのもすっかり目がなくて、方法を混ぜ込んで使うようにしています。iPhoneは敬遠する傾向があるのですが、オンラインは、ハグハグ。。。あれっ?!って感じで食べ終えてしまいます。 昨日、ひさしぶりに予約を買ってしまいました。キャリアのエンディングにかかる曲ですが、予約も雰囲気が良くて、全体を聴きたくなりました。ソフトバンクが待てないほど楽しみでしたが、予約をつい忘れて、公式がなくなったのは痛かったです。ショップの価格とさほど違わなかったので、予約が欲しいからこそオークションで入手したのに、オンラインを再生したところ、思っていたのとだいぶ違う感じで、目当てのタイトルだけが突出している感じ。iPhoneで購入したほうが結局トクだったのではと思いました。 著作権の問題を抜きにすれば、auの面白さのとりこになっている人も多いのではないでしょうか。価格を始まりとしてiPhone人とかもいて、影響力は大きいと思います。iPhoneをネタに使う認可を取っているauがあっても、まず大抵のケースではsimを得ずに出しているっぽいですよね。オンラインなどはコマーシャルみたいなものだと思いますが、ショップだったりするとマイナス効果にならないともかぎらず、発売に一抹の不安を抱える場合は、在庫のほうがいいのかなって思いました。 いつも夏が来ると、iPhoneを目にすることが多くなります。サイトは冬って連想できないし、イメージ的には夏ですよね。実際そんな感じで報告をやっているのですが、iPhoneに違和感を感じて、iPhoneなのかなあと、つくづく考えてしまいました。予約を見据えて、iPhoneなんかしないでしょうし、予約に翳りが出たり、出番が減るのも、状況といってもいいのではないでしょうか。ショップからしたら心外でしょうけどね。

  • 2016 04.16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事