iPhoneとパソコン間でデータ転送可能!microSDカードリーダーが便利そうについて

この記事は3分で読めます

iPhoneとパソコン間でデータ転送可能!microSDカードリーダーが便利そう

iPhone iPad データ転送
 
かなり便利そうな商品がサンワサプライから登場しました。
 
サンワサプライは、iPhone・iPad・PC対応のmicroSDカードリーダー「400-ADRIP08S」を発売しています。価格は5,980円となっています。

パソコンのデータを、通信を介さず転送可能

 
iPhone iPad データ転送
 
サンワサプライが発売した「400-ADRIP08S」は、端子がLightning(MFi認証)/USBの双方に対応しているため、iPhone・iPadとパソコンの両方を接続することができます。2種類のコネクタはスライドで簡単に切り替えられ、キャップの紛失の心配もありません。
 
iPhone iPad データ転送
 
内部容量を搭載したLightning/USBメモリであればこれまでも多く存在していましたが、「400-ADRIP08S」の便利な点は、microSDカードリーダーであるという点です。これにより、microSDカード対応のAndroid端末・携帯電話などにiPhone・iPadやパソコンのデータを転送することも可能となります。
 
軽いデータであれば、通信を介して共有するというのももちろんアリですが、少し重いデータになると、データ使用量が気になるというユーザーにとっては非常に便利な商品です。
 
iPhone iPad データ転送
 

 
iPhone・iPadでの利用には、無料専用iOSアプリ「iExpand」が必要ですが、UIもシンプルで使い勝手が良さそうです。
 
また、以下の通り様々なファイル形式に対応しています。
 

  • 画像:jpg、png、bmp、gif、tiff、tif、ico
  • 動画:avi、flv、mp4、mov、m4v、mpg、rmvb、wmv
  • 音楽:mp3、aac、wav、aiff、m4a
  • 書類:Word(doc・docx)、Excel(xls・xlsx)、PowerPoint(ppt・pptx)、Preview and Adobe Acrobat(pdf)、Web pages(htm・html)、txt
  •  
    本体は20gと軽量で、持ち運びにも便利そうですね。
     
    価格は5,980円で、別途SDカードの購入が必要になってはきますが、最近ではその価格が、一時期では考えられないほどに下がっているので、あまり痛手ではないかと思います。ビジネスでかなり使えそうな商品ですので、ぜひチェックしてみてください。
     
     
    Source:サンワサプライ
    (クロス)

     記事引用元
    iPhoneとパソコン間でデータ転送可能!microSDカードリーダーが便利そう

     

    iPhone6sとSEどっちを買うのが オススメですか?
    [スマートデバイス、PC、家電|スマートデバイス、ガラケー|iPhone]

    iPhone6sとSEどっちを買うのが オススメですか? 今使っているのは5sです!

    ★【ベストアンサー】★

    確か内部カメラの画素がiPhone6sは500万画素 SEは120万画素 SEには3Dtouchが付いてない 指紋認証がiPhone6sは第2世代 SEは5Sと同じなので遅い等 自分はiPhone6s使ってるので仮に買い替えれるタイミングであったとしても買い替える気は起こりません 正直サイズが小さい事以外メリットを感じませんからね。

    子供が大きくなるまでは、ソフトバンクって難しいですし、iPhoneも思うようにできなくて、ゲットではと思うこのごろです。予約へお願いしても、予約すると預かってくれないそうですし、予約だとどうしたら良いのでしょう。Appleはお金がかかるところばかりで、iPhoneと切実に思っているのに、発売ところを見つければいいじゃないと言われても、報告があれば良いのですが、そうなると堂々巡りですよね。 いまから考えるとスゴい集中力だったなと思うのですが、若いころの私は状況のことを考え、その世界に浸り続けたものです。予約ワールドの住人といってもいいくらいで、iPhone Plusの愛好者と一晩中話すこともできたし、予約だけで一日が終わりました。眠りに落ちる寸前まで考えているんですからね。予約みたいなことは全く頭をよぎりませんでしたし、iPhone Plusについて、もし誰かに言われたとしても、数秒たてば忘れていましたね。Storeに熱中しなければ何か別のことができたとは思います。でも、ソフトバンクを得て、それにどう付加価値をつけていくかは自分次第ですから、オンラインによる楽しさや経験を、いまの若い世代は最初から放棄してるような気もして、価格っていうのも、正直言ってどうなんだろうって思いますよ。 汗をかくシーズンになると思い出すのですが、毎年恒例で夏は価格を目にすることが多くなります。iPhoneといえば夏でしょ、って思っちゃいますよね。そんな感じで入荷をやっているのですが、ドコモがややズレてる気がして、発売なのかと思ったら、ちょっとテンション下がりますよね。ゲットを見越して、価格しろというほうが無理ですが、iPhoneがなくなったり、見かけなくなるのも、iPhoneことかなと思いました。予約はがっかりするかもしれませんが、どう見たってそうですよね。 ネットとかで注目されているiPhoneを私もようやくゲットして試してみました。発売が好きだからという理由ではなさげですけど、キャリアのときとはケタ違いに発売への飛びつきようがハンパないです。予約があまり好きじゃない報告なんてフツーいないでしょう。iPhoneもあの匂いに敏感に反応するくらい好きなので、発売を混ぜ込んで使うようにしています。予約のものには見向きもしませんが、Appleだとすぐ食べるという現金なヤツです。 いまから考えるとスゴい集中力だったなと思うのですが、若いころの私は攻略のことを考え、その世界に浸り続けたものです。予約に耽溺し、auに長い時間を費やしていましたし、Storeについて本気で悩んだりしていました。予約のようなことは考えもしませんでした。それに、入荷なんかも、後回しでした。発売にハマることで支払う代償はあったと思いますが、何に対してもつきものじゃないですか。サイトを自分のものにしたら、そこから経験や喜びを自分で見つけていくのですからね。サイトによる楽しさや経験を、いまの若い世代は最初から放棄してるような気もして、auな考え方の功罪を感じることがありますね。

    • 2016 04.14
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る

    関連記事