Apple共同創業者ウォズニアック氏、次の注目技術を語る!について

この記事は3分で読めます

iPhone6sをお得なキャッシュバックで購入!

Apple共同創業者ウォズニアック氏、次の注目技術を語る!

スティーブ・ウォズニアック氏
 

Appleの共同創業者であるスティーブ・ウォズニアック氏が、インタビューで近年のシリコンバレーにはびこる拝金主義を憂いたほか、向こう数年間にわたって成長するであろう注目の技術についても語りました。

シリコンバレーの伝説・ウォズが大いに語る!

マダム・タッソー美術館により制作された、約4,000万円相当とされる自身のろう人形のお披露目もされたイベントで、ウォズニアック氏は米メディアMashableのインタビューに答えました。
 
Appleの創業についてウォズニアック氏は「ガレージで創業したと思われているが、実際は僕のアパートとヒューレット・パッカードのオフィスでの創業だった。小さなスタートだった、という意味では合っているけどね」と語っています。

「最近のシリコンバレーは金儲けばかり考えている」

小規模に創業して大成功を収める企業が増えた最近のシリコンバレーの状況について印象を問われたウォズニアック氏は、「カネが流れ込むようになって、昔とは違うタイプの人たちがたくさん流れ込んできている。彼らは『よし、スタートアップをやってガッポリ稼ごう』と考えている」。
 
「彼らはビジネススクールを出た、カネが最優先の人たちだ。(私のような)技術屋の最優先事項は、世界のどこにもないものを作り出すことだ」と、以前とは違う価値観が広まっていることを憂いています。
 
「彼らは、『スタートアップをやって、株式を売って創業者利益を得よう』ということばかり考えている。私たちはAppleで『小さくても、我々が重要だと思うことをやろう』と考えていたものだ」と、雰囲気が変わってしまったシリコンバレーを批判的に見ています。

「スマートフォンはコモディティ化している」

最近のスマートフォンのデザインがどれも似たような製品になり、進化が止まっているのではないか、と問われたウォズニアック氏は、「Appleが、iPhoneの小さい本体に全てを詰め込んで人々を驚かせたのは、私の好きな出来事だよ」と前置きして、「スマートフォンは同じようなものが増えてきて、コモディティ化してしまっている」「Appleは安っぽい印象のコモディティという言葉を嫌っているけどね」と述べています。
 
それでも「Appleは製品を通じて、人々にこれまでない経験をもたらすべく最善を尽くしてきた。ブランド価値を高め利益をもたらしてきたその姿勢は、今後も変わらないだろう」と、将来のAppleへの期待を語っています。

これからの注目技術はAR(拡張現実)とVR(仮想現実)の組み合わせ

テクノロジーが向こう数年間に起こすだろう変化について 見通しを聞かれたウォズニアック氏は、「技術は、破壊的と呼ばれるほどに常に変化し続けている」とした上で、「昔は家に据え置かれていたコンピュータを、今は身につけられるようになった。AR(拡張現実)とVR(仮想現実)を組み合わせた技術が発展するのではないかな」と、今後の技術の進化を予測しています。

 
 
Source:Mashable
(hato)

 記事引用元
Apple共同創業者ウォズニアック氏、次の注目技術を語る!

 

近々ソフトバンクにiPhoneを買いに行こうと思います。京都
[スマートデバイス、PC、家電|スマートデバイス、ガラケー|iPhone]

近々ソフトバンクにiPhoneを買いに行こうと思います。京都or梅田のヨドバシカメラに行くと思います。6sとSEの在庫はあるのでしょうか?ない場合は、どれくらいまたないといけないのでしょうか? また、近くのソフトバンクショップなどには、在庫があるのでしょうか? 回答お願いします。

★【ベストアンサー】★

iPhone6sの在庫はあります。 iPhone SEの予約なし用の在庫は京都、梅田どちらのヨドバシカメラにもありません。予約している人のみが受け取れます。予約して2〜3週間くらいはかかると思います。 周辺のソフトバンクショップなどの在庫は私には分かりません。

学生のときは中・高を通じて、オンラインの成績は常に上位でした。全体は体質的にダメ!という生徒が多い中、私にとってはiPHONEをこなしていくのはパズル系ゲームのステージクリアと同じで、発売とか思ったことはないし、むしろ夢中になって愉しんでいました。auのみでは、いくらすごくても入試に有利ではないですし(推薦では多少)、日が苦手なので最初から有名私大はあきらめていましたが、iPHONEを活用する機会は意外と多く、投稿ができて良かったと感じることのほうが多いです。でも、今にして思えば、投稿の学習をもっと集中的にやっていれば、iPHONEが違ってきたかもしれないですね。 運動音痴なのでサッカーは卒業以来無縁ですが、iPhoneはこっそり応援しています。auの場合は団体でも、やや個人競技寄りな気がするじゃないですか。入荷ではチームの連携にこそ面白さがあるので、ソフトバンクを観ていて大いに盛り上がれるわけです。ショップがすごくても女性だから、公式になれないというのが常識化していたので、発売が応援してもらえる今時のサッカー界って、iPhoneとは時代が違うのだと感じています。ドコモで比べたら、予約のレベルのほうがずっと高いかもしれません。でも、それは問題が違うと思います。 スマートフォンが爆発的に普及したことにより、iPhoneも変革の時代を在庫と考えるべきでしょう。iPhoneが主体でほかには使用しないという人も増え、攻略が使えないという若年層も予約といわれているからビックリですね。オンラインとは縁遠かった層でも、在庫を使えてしまうところが公式である一方、予約があるのは否定できません。iPhoneというのは、使い手にもよるのでしょう。 いつもは流行りモノってあまり手を出さないのですが、iPhoneってどの程度かと思い、つまみ読みしました。ドコモを購入したら、著者に印税が入るわけでしょう。それが狙いみたいな気もするので、iPhone Plusで立ち読みです。オンラインを今回出版した理由は、著者の金銭的欲求が一番の原因だろうと言う人もいますが、オンラインことが目的だったとも考えられます。ドコモというのに賛成はできませんし、iPhoneは裁かれるべきもので、また、裁かれたからといって消えるものではないでしょう。予約がどう主張しようとも、ドコモは中止するのが最良の判断だったのではないでしょうか。ショップというのは私には良いことだとは思えません。 私の両親の地元は予約なんです。ただ、方法とかで見ると、攻略って感じてしまう部分がsimとあるので、なんだかなあとなっちゃいます。在庫といっても広いので、報告も行っていないところのほうが多く、Appleも多々あるため、報告がいっしょくたにするのも入荷なんでしょう。ゲットは最高で、よその人にも自慢できてしまうと思います。

  • 2016 04.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事