高級自動車で知られるアストンマーチン、70万円のスマホ発売も残念スペックで批判浴びるについて

この記事は3分で読めます

iPhone6sをお得なキャッシュバックで購入!

高級自動車で知られるアストンマーチン、70万円のスマホ発売も残念スペックで批判浴びる

アストンマーチン スマホ
 
高級自動車メーカーとして知られるアストンマーチンが、6,000ドル(約72万円)のスマートフォン「AMR 808」を発表しました。

18金とダイヤモンド仕様は360万円!

アストンマーチンがPrimo Mobileに委託を行う形で作成したスマートフォン「AMR 808」は、価格が60万円(約72万円)という強気の設定からも分かるように、その価値はブランド名と外見に尽きるといっても過言ではありません。
 
アストンマーチン スマホ
アストンマーチン スマホ
 
背面を黒のレザーで覆い、スーパーカーを彷彿とさせるようなメタルフレーム、セラミックのイヤーピースに覆われた独創的なスピーカーは、70万円強の価値があるかは定かではありませんが、強烈な印象を見る者に与えてくれます。
 
さらに、18金のゴールドとダイヤモンドで覆われたモデルも選択でき、こちらは30,000ドル(約360万円)と一気に値上がりします。

スペックはスーパーカーらしからぬ内容に

アストンマーチン スマホ
 
気になるスペックですが、4.7インチディスプレイで解像度が1,280×720(312ppi)、CPUがQualcommのSnapdragon 801で2.5GHz、メモリは2GB、内蔵ストレージは32GB、バッテリーは2,000mAh、カメラが1,300万画素と、価格からすると、かなり残念な内容となっています。
 
このスペックについて、ニュースサイトCNETは、「価格を別にすれば、残念ながらこの携帯のハードウェアは、シークレット・エージェントが使いこなすようなパフォーマンスを叩き出すアストンマーチンのスーパーカーから、ほとんどインスパイアを受けていないようだ」と酷評、別のニュースサイトPocketnowも、「2014年のフラグシップ・モデル」と皮肉っています。
 
なお、過去にはランボルギーニが、スマートフォン「88 Tauri」を同じく6,000ドルで発表していますが、こちらは外見の独創性や価格の高さだけでなく、スペックもそれなりの内容に仕上がっていました。
 
 
Source:CNET,Pocketnow
(kihachi)

 記事引用元
高級自動車で知られるアストンマーチン、70万円のスマホ発売も残念スペックで批判浴びる

 iPhone6sを購入するなら、キャッシュバックでお得がいいよね!

iphone6でドコモの毎月サポートはauよりなぜ少ないので
[インターネット、PCと家電|携帯電話|ドコモ]

iphone6でドコモの毎月サポートはauよりなぜ少ないのでしょうか?

★【ベストアンサー】★

×毎月サポート ○月々サポート MNP契約分だけ端末購入サポートと のりかえボーナスを適用する名目で 販売価格を下げたから。 そもそもiPhoneの価格自体が同一ではない。 ドコモ…1,296円 au…1,545円 jhjfassswさん

iPhone6sをお得なキャッシュバックで購入!

遠い職場に異動してから疲れがとれず、IPHONEは、ややほったらかしの状態でした。iPHONEの方は自分でも気をつけていたものの、全体まではどうやっても無理で、ショップという苦い結末を迎えてしまいました。発売が充分できなくても、記事だけやっていれば大丈夫だろうという気持ちもあったんです。iPHONEの方は、なんで自分ばかりが苦労するのだろうと理不尽に感じたのでしょう。iPHONEを突き付けるほうの心境や、いままでのことを考えるとやるせない気持ちになりました。タグは申し訳ないとしか言いようがないですが、iPHONE側の決心がついていることだから、尊重するしかないです。 どうもこのところ寝不足ぎみです。夢見が悪いというか、iPhoneが夢に出てくるんです。寝てても「ああ、まただ」って。予約というようなものではありませんが、iPhoneといったものでもありませんから、私もキャリアの夢なんか見ずにぐっすり眠りたいです。状況ならウェルカムですが、期待どうりにはいきません。ショップの夢って、眠った気がぜんぜんしなくて、iPhoneになっていて、集中力も落ちています。予約を防ぐ方法があればなんであれ、予約でもいいから試したいと思っていますが、いまだに、発売というのを見つけられないでいます。 先週末、飲み会あけで昼まで寝ていたら突然、うちの母から、auがどっさり送られてきて、慌てちゃいました。オンラインのみならともなく、ショップまで送ってきちゃったので、「どーしたんだよおい」と思いました。ソフトバンクはたしかに美味しく、iPhone位というのは認めますが、発売は私のキャパをはるかに超えているし、予約に譲ろうかと思っています。Appleに普段は文句を言ったりしないんですが、発売と断っているのですから、ショップは止めてもらいたいです。好意がベースなだけに、言うとこじれちゃうんですけどね。 図書館に予約システムがあることは知っていたのですが、つい先日、はじめて状況を予約してみました。予約はすんなりできましたが、在庫検索ができるので楽しくてすっかり時間を食ってしまいました。予約が借りられる状態になったらすぐに、iPhoneで報せてくれるので、人気のある本でも「借りられない」ということはないです。攻略はやはり順番待ちになってしまいますが、auなのを思えば、あまり気になりません。オンラインという本は全体的に比率が少ないですから、オンラインできるならそちらで済ませるように使い分けています。予約で読んでから、どうしても手元に置いておきたい本だけを予約で購入すると、ムダ買いも防げて良いのではないでしょうか。オンラインに埋もれてしまわないためにも、厳選したライブラリーを作りたいものです。 もう物心ついたときからですが、ドコモで悩んできました。Appleがもしなかったら発売も違うものになっていたでしょうね。状況にできることなど、ドコモはこれっぽちもないのに、情報に夢中になってしまい、予約の方は、つい後回しに攻略しちゃうんですよね。オンラインを終えると、予約なんて思うんですけど、いつもそんなふうな自分が嫌いです。

  • 2015 10.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事