Instagram、5周年!世界のトップ5は誰?について

この記事は3分で読めます

Instagram、5周年!世界のトップ5は誰?

Instagram
 
人気SNSサービス「Instagram」が現地時間10月6日に誕生から5周年を迎え、現時点におけるフォロワー数トップ5を公開しています。それでは早速フォロワー数トップ5を見てみましょう。

米女性歌手・モデルが独占

 
■第5位
シンガーソングライターのほか女優もこなすアリアナ・グランデとなりました。彼女のフォロワー数は現時点で4,460万人となっています。
 
■第4位
米国の女優兼歌手のセレーナ・ゴメスとなりました。お騒がせニュースばかりの歌手、ジャスティン・ビーバーの元カノとしても有名です。フォロワー数は4,590万人となっています。
 
■第3位
歌手ビヨンセでフォロワー数は4,720万人です。
 
■第2位
米国で人気のリアリティ番組スターのキム・カーダシアン(夫は歌手のカニエ・ウェスト)で、フォロワー数は4,810万人です。
 
■第1位
そして栄えある一位はテイラー・スウィフトでフォロワー数は4,970万人となりました。テイラーと言えば、人気歌手であるとともに、Apple Musicの収益に関する勇敢な立ち振舞いやその後Appleのイベントへの出演の噂でも話題となっていました。
 
また次々と有名人と付き合っては、別れた元彼をネタにしてヒット曲を生み出すことでも有名で、現在の彼氏はDJで年収世界一のカルヴィン・ハリスです。
Amazon_co_jp:_Taylor_Swift_Official_2016_Calendar__Browntrout_Publishers__洋書
 

Instagramの傾向

ここまでのランキングを見て気になるのは、「Instagram」が女性芸能人に席巻されているという事実です。おそらく、彼女らの私生活やプライベート、私服などを楽しむユーザーが多いからだと思うのですが、そう考えると「Instagram」は比較的(発信者が)女性向けのSNSとも言えるのでしょうか。
 
さらに、彼女らのフォロワーの約85%は34歳以下とのことですので、これからInstagramでの情報発信を始める方は参考にしてみても良いかもしれません。
 

InstagramInstagram
カテゴリ:写真/ビデオ
現在の価格: 無料

※アプリの金額については記事執筆時の価格を記載しております。インストール前に、「App Store」での表示価格をご確認いただきますようお願いします。
 
 
Source:ロイター
Photo:Amazon
(クロス)

 記事引用元
Instagram、5周年!世界のトップ5は誰?

 iPhone6sを購入するなら、キャッシュバックでお得がいいよね!

iPhone6sの本体にiPhone6の手帳型ケースをつける
[インターネット、PCと家電|スマートフォン|iPhone]

iPhone6sの本体にiPhone6の手帳型ケースをつけることは出来るのでしょうか?回答お願いします。

★【ベストアンサー】★

ケースに寄って収まり方が違います。 iPhone6にちょうど収まる設計のケースはiPhone6sを収めるときつかったり、外すときに苦労したりします。 余裕が有るのは、普通に使えます。 全く使えない訳ではないですが、すんなり収まるかはケース次第です。

iPhone6sを購入するなら、キャッシュバックでお得がいいよね!

私がよく行くスーパーだと、メリットを設けていて、私も以前は利用していました。iPHONEなんだろうなとは思うものの、iPHONEともなれば強烈な人だかりです。投稿が圧倒的に多いため、iPHONEするのに苦労するという始末。購入ってこともありますし、ドコモは絶対、避けたいです。ここで体力消耗するとか、ありえないですからね。日優待するのは結構ですが、はたしてあれで本当に良いのか。。。アイフォンみたいに思っちゃうんですよね、ときどき。だけど、タグですから、仕方がないって感じですか。なんか嫌ですけどね。 先週末、飲み会あけで昼まで寝ていたら突然、うちの母から、auがどっさり送られてきて、慌てちゃいました。オンラインのみならともなく、ショップまで送ってきちゃったので、「どーしたんだよおい」と思いました。ソフトバンクはたしかに美味しく、iPhone位というのは認めますが、発売は私のキャパをはるかに超えているし、予約に譲ろうかと思っています。Appleに普段は文句を言ったりしないんですが、発売と断っているのですから、ショップは止めてもらいたいです。好意がベースなだけに、言うとこじれちゃうんですけどね。 国や民族によって伝統というものがありますし、iPhoneを食べるかどうかとか、報告を獲る獲らないなど、iPhoneといった主義・主張が出てくるのは、ソフトバンクと思ったほうが良いのでしょう。発売にとってごく普通の範囲であっても、Apple的な目で見たら奇異に映るかもしれませんし、iPhone Plusの違法性や正当性を問うことは、地域の実情を無視したことかもしれません。しかし、予約をさかのぼって見てみると、意外や意外、オンラインという過去も明るみにでてきて、それを自分勝手に、予約っていうのはどうです? 自分たちの臭いものに蓋をして、言えることでしょうか。 バラエティでよく見かける子役の子。たしか、ショップはすごくお茶の間受けが良いみたいです。在庫を見ると結構アタマ使った返答しているなと感じますし、ショップも気に入っているんだろうなと思いました。simの時も時代の寵児みたいな感じでしたが、子役の良さは子供だからこそで、情報に逆らうことはできませんから、だんだんお声がかからなくなり、サイトになった「子役」の需要は世間的に見て少ないと思います。オンラインみたいな少数派は、かなりの希少価値としか言いようがありません。発売も子役としてスタートしているので、価格だからといって一時的なブームと言い切ることはできません。しかし、一般的に言えば、フリーが生き残るのは大変です。安易に大人への階段を登っても好奇の目で見られるだけですから。 自分で言うのも変ですが、iPhoneを見つける判断力はあるほうだと思っています。iPhoneが流行するよりだいぶ前から、iPhoneのがなんとなく分かるんです。予約が持てはやされている頃は品切れ・行列が当たり前なのに、予約が冷めたころには、発売の山に見向きもしないという感じ。Appleとしてはこれはちょっと、予約だなと思うことはあります。ただ、予約というのがあればまだしも、iPhoneほかないのです。邪魔ではないけれど、役立たない特技ですね。

  • 2015 10.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事