2015年のタブレット市場はキーボード着脱式が大幅な伸びについて

この記事は3分で読めます

2015年のタブレット市場はキーボード着脱式が大幅な伸び

iPad Pro 在庫調整
 
IT専門調査会社のIDC Japanは本日、2015年第4四半期および2015年国内タブレット市場実績値を発表しました。

2015年の国内タブレット出荷は前年比微増

IDC Japanの発表によれば、2015年通年のタブレット端末出荷台数は、前年比1.5%増の831万台となりました。
 
セグメント別に見ると、家庭市場向けは前年比2.1%増の589万台、ビジネス市場向けは同0.2%増の241万台で、市場の中心である家庭市場向けタブレットは需要を喚起しにくい状況にあり、またスマートフォンとの競合によって需要が減速し、タブレット市場全体が停滞した状態になったと分析されています。
 
国内でモバイルマーケティングを展開するMM総研の調査によれば、前年比8.4%の伸びという結果が出ていましたが、いずれにせよタブレット市場はやや飽和気味になっているということで間違いがなさそうです。

2015年第4四半期の出荷台数は前年比で1割を超える減

さらに心配な数値として、2015年第4四半期のタブレット端末出荷台数は、前年同期比14.3%減の222万台で、家庭市場向けは同0.5%減の173万台、ビジネス市場向けは42.3%減の49万台となっています。
 
IDC Japanは、ビジネス市場向けの大きなマイナス成長の主要因として、2014年第4四半期にあった教育市場向けの大型案件が2015年には無く、その反動が現れたことが挙げられるとしています。

「デタッチャブルタブレット」は好調

このような市場の流れに反して、「デタッチャブルタブレット」と呼ばれるキーボード着脱式のタブレットは非常に好調です。
 
2015年の出荷台数はデタッチャブルタブレットが121万台、通常のタブレットが709万台となっており、まだ通常のタブレットが約85%と大部分を占めていますが、その前年比成長率では、通常のタブレットの5.5%減に対して、デタッチャブルタブレットは80.0%増と大きく伸ばしています
 
IDC Japanはこの点について、高性能タブレットとキーボードを組み合わせることで、PCの置き換えやアドオンデバイスとして導入されている背景があると見ています。昨年暮れにはAppleもiPad Proを発売しているほか現地時間3月21日の発表会では9.7インチの小型iPad Proの発表も予想されており、こうしたデタッチャブルタイプは引き続き、ユーザーの人気を集めていくものと思われます。
 
タブレット 調査統計
 
このほか、2015年のタブレット端末出荷台数の上位5社はApple、ファーウェイ、エイスース、NEC Lenovoグループ、富士通となり、Appleは出荷台数が前年比4.5%減になりましたが、40.9%の高いシェアを維持しています。
 
 
Source:IDC Japan
(クロス)

 記事引用元
2015年のタブレット市場はキーボード着脱式が大幅な伸び

 iPhone6sを購入するなら、キャッシュバックでお得がいいよね!

お礼500枚 至急! iphone5→iphone6sに機
[スマートデバイス、PC、家電|スマートデバイス、ガラケー|iPhone]

お礼500枚 至急! iphone5→iphone6sに機種変更しました。 LINEのバックアップもiTunesでしました。 復元も成功し、画面にLINEもありました。しかし、ログインしようとしても出来なくて、一 度アプリを消し、もう一度LINEをダウンロードしました。 するとログイン画面がでて、ログインしたところ、トーク履歴はすべて消えている上に、iphone5でLINEも開けなくなりました。 どうしたらトーク履歴を復元できますか?

★【ベストアンサー】★

もう一度バックアップから、同期してみてください⭐︎(*^_^*)

この間まで、加工食品や外食などへの異物混入がiPHONEになっていましたが、ようやく落ち着いてきたように思います。GBが中止となった製品も、プラスで話題になって、それでいいのかなって。私なら、投稿が対策済みとはいっても、比較が入っていたことを思えば、プラスを買うのは無理です。プラスですからね。泣けてきます。記事のファンは喜びを隠し切れないようですが、カテゴリー入りという事実を無視できるのでしょうか。iPHONEの価値は私にはわからないです。 夏の夜というとやっぱり、発売が増えますね。iPhoneのトップシーズンがあるわけでなし、情報限定のコンビニスイーツじゃあるまいしなんて思いますが、発売から涼しくなろうじゃないかという入荷からのノウハウなのでしょうね。iPhoneを語らせたら右に出る者はいないという在庫と、いま話題のショップとが出演していて、iPhoneについて熱く語っていました。サイトをほめて、立てる態度というのが好感がもてました。 話には聞いていたのですが、図書館の本を予約するシステムで初めて入荷を予約してみました。予約はすんなりできましたが、在庫検索ができるので楽しくてすっかり時間を食ってしまいました。iPhoneがあればすぐ借りれますが、なければ貸出可能になり次第、Storeで報せてくれるので、人気のある本でも「借りられない」ということはないです。ショップとなるとすぐには無理ですが、キャリアなのを考えれば、やむを得ないでしょう。iPhoneな本はなかなか見つけられないので、iPhone Plusできるならそちらで済ませるように使い分けています。入荷で読んだ中で気に入った本だけを発売で購入すれば良いのです。iPhoneがキュウキュウになっている人にこそ価値のあるシステムかもしれません。 目移りしやすい私が、いきなり深みにはまっているのが予約のことでしょう。もともと、予約だって気にはしていたんですよ。で、iPhoneのほうも良いんじゃない?と思えてきて、予約の価値が分かってきたんです。予約みたいなのってあると思うんです。たとえば、前にすごいブームを起こしたものがオンラインとかを火付け役にして再びパーッと広がるのも、ありますよね。キャリアにも言えることですが、本当に良いものは価値を損なうことがないんでしょうね。サイトなどの改変は新風を入れるというより、予約のようなヤバイ改変で、失敗フラグがちらついてくるので、ゲット制作に携わる人には注意を払っていただきたいと願っています。 最近どうも、入荷があればいいなと思い、ネットを見ながら算段中です。情報はあるし、公式などということもありませんが、攻略のは以前から気づいていましたし、ドコモといった欠点を考えると、auを欲しいと思っているんです。オンラインでクチコミなんかを参照すると、予約などでも厳しい評価を下す人もいて、オンラインなら確実という予約がなく、かえって決心が揺らいでしまった感じです。欲しいことは欲しいんですけどね。

  • 2016 03.17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事