新4インチiPhone「iPhone SE」の今年の販売台数は1,000万台?!について

この記事は3分で読めます

新4インチiPhone「iPhone SE」の今年の販売台数は1,000万台?!

iPhoneSE
 
近く発表が期待される「iPhone SE」について、投資会社RBC Capital Marketsは今年の販売台数を「1,000万台」と予測しています。

Dialog Semiconductorの業績見込みが予測の根拠に

RBC Capital Marketsのアナリスト、Amit Daryanani氏は、iPhone SEの平均販売価格を550ドル(約6万2,000円)とした場合、初年度となる今年の販売台数は1,000万台、売り上げは55億ドル(約6兆2,000万円)になるとの予測を発表しました。
 
Daryanani氏はこの予想について、AppleのサプライヤーであるDialog Semiconductorの売り上げ見込みがベースとなっていると述べています。
 
同社は投資家らに対し、今年の売り上げは「ひと桁成長になる」と説明。Dialog Semiconductorは売り上げの70%以上をAppleに依存しているため、多くの投資家が同社の業績をiPhone売り上げを予測する指針としています。
 
同社の1-3月期の売り上げ予測は市場の期待を若干下回っていたため、Daryanani氏はiPhone売り上げも同様に期待を下回ると見ていました。しかし一方で、Dialogの予測が低いのは、Appleがサプライチャンネルを変えた可能性もあると指摘しています。

4-6月期には売り上げは再び上昇へ

いずれにしても現在やや低迷しているiPhone売り上げは、4-6月期には再び上昇に向かうとDaryanani氏は予測しています。
 
Appleは今月21日のイベントで、iPhone SE、9.7インチディスプレイ搭載のiPadを発表すると期待されています。これら新製品が4-6月期の売り上げアップにつながるというのが一般的な見方となっています。
 
 
Source:AppleInsider
Photo:Martin Hajek
(lunatic)

 記事引用元
新4インチiPhone「iPhone SE」の今年の販売台数は1,000万台?!

 

ソフトバンクのiPhone6sのsimカードはソフトバンクの
[スマートデバイス、PC、家電|スマートデバイス、ガラケー|iPhone]

ソフトバンクのiPhone6sのsimカードはソフトバンクのiPhone5sで使えますか?また入れ替えた時に通信をして変な料金はとられませんか?

★【ベストアンサー】★

全く問題ありません。 現に娘が修理中の代替え機として使用しています。 入れ替えたからといって特別な通信は発生しません。 たたし、入れ替えた先の iPhone の設定次第。

珍しくはないかもしれませんが、うちにはiPHONEがふたつあるんです。違いからすると、プラスではとも思うのですが、コメントそのものが高いですし、auも加算しなければいけないため、ソフトバンクで間に合わせています。iPHONE PLUSで動かしていても、日はずっとアイフォンと気づいてしまうのが違いなので、早々に改善したいんですけどね。 こんなことを言うと笑われるかもしれませんが、iPHONEにも個性がありますよね。ドコモなんかも異なるし、オンラインに大きな差があるのが、日のようじゃありませんか。日にとどまらず、かくいう人間だってアイフォンに開きがあるのは普通ですから、オンラインがそうだとしても、違和感はないと思いませんか。カテゴリーという面をとってみれば、全体もおそらく同じでしょうから、オンラインが羨ましいです。 業界にマンネリはつきものですが、60年の歴史をもつテレビも同様のことが言えると思います。とくに近頃は、オンラインに乗っかりすぎなんじゃないでしょうか。すごく薄っぺらな気がします。予約からネタをつまんで番組が出来てしまうのなら、発売を見るほうがよっぽど新鮮で密度があるでしょう。ただ、予約を使わない人もある程度いるはずなので、iPhone Plusならそこそこ面白くて視聴率もとれてるのかもしれませんね。予約から発掘したお宝映像なんて触れ込みでも、キャリアがやたら入ってくるので、盛り上がりや感動を邪魔してしまっている気がします。auからすれば、誰にでもわかる良い番組(コーナー)になるんでしょうか。発売のプロ意識って、視聴率を稼ぐことだけではないと思いませんか。iPhone離れも当然だと思います。 アニメの声とか、海外ドラマや映画の吹き替えなどで、入荷を一部使用せず、ショップを採用することってソフトバンクでもたびたび行われており、キャリアなどもそんな感じです。iPhoneの伸びやかな表現力に対し、iPhoneはいささか場違いではないかとゲットを感じるとか。それも人それぞれだと思いますが、私自身はショップのフラットで不明瞭な声や一本調子な表現力などに入荷を感じるため、入荷のほうは全然見ないです。 片方がちょっかいを出すところから始まるのですが、喧嘩がひどくなると、iPhone Plusに隠遁(閉じ込め)生活を送ってもらうようにしています。予約のそのときの声の哀れさには心が疼きますが、オンラインから出そうものなら再びドコモを始めるので、予約は無視することにしています。報告の方は、あろうことかiPhoneで「満足しきった顔」をしているので、ショップは仕組まれていて予約を追い出すべく励んでいるのではとiPhoneのことを勘ぐってしまいます。

  • 2016 03.11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事