広がり続けるAndroidとiPhoneの価格差!かたや5年で半分に…について

この記事は4分で読めます

広がり続けるAndroidとiPhoneの価格差!かたや5年で半分に…

android ios
 
市場シェアと利潤は共に追求しなければいけないものですが、どちらかと言えばAndroidは前者を、iPhoneは後者を選んでいることが調査の結果判明しました。

18%の端末シェアながら利益は独占

カナダの投資銀行Canaccord Genuityによれば、2015年においてアップルのスマートフォン業界全体における利益シェアは91%となりました。これはスマートフォン業界で利益が出ているベンダーが、アップルのみと言っても差し支えない状況を意味します。実際、あれだけ悲観的なムードが事前に漂った前四半期も、蓋を開けてみれば過去最高となる7,480万台のiPhoneを売り上げ、向かうところ敵なしといった状況でした。
 
しかし、出荷台数でみるとアップルはそこまで目立つ存在ではありません。2015年のスマートフォン業界全体における出荷台数シェアで、アップルは17.2%を占めるのみでした。これは23.9%のサムスンに劣る数字です。しかし、わずか18%のシェアでありながら、91%の利益を持っていくアップルは、すべてのベンダーにとって羨ましい存在であることは間違いありません。

iPhoneの価格はほぼ変わらないが

画像はiOS(iPhone)とAdroid端末の平均販売価格です。図を比較すると、iOSの端末価格は2010年から多少の変動こそあれほぼ横ばいなのに対し、Androidは同期間において441ドル(約50,700円)から215ドル(約24,700円)と価格が半分になっていることが分かります。背景には、XiaomiやHuawei、グーグルNexusなどのコストパフォーマンスに優れたスマートフォンの台頭があります。
 
android apple シェア
 
調査会社のIDCが昨年9月に発表したレポートによれば、今後4年でスマートフォンの価格は毎年4.6%ずつ低下していくとされています。しかし、アップルに関していえば、前四半期においてiPhoneの販売台数は決して大幅増加とはなりませんでしたが、平均販売価格は687ドル(約79,000円)から691ドル(約79,400円)へと微増しています。
 
数字でみれば僅か数ドルの違いに過ぎませんが、2015年のiPhone平均販売価格が2014年よりも高くなっていることを思えば、結局のところ消費者は価格よりも製品の新しさに興味を持ってくれたということが分かります。これをもって、iPhone6sとiPhone6s Plusのクオリティを理解して、消費者が購入してくれたと読み替えることも可能です。

利潤よりも価格の維持に腐心


そして今後もアップルは市場シェアよりも利潤を重視し続けていくとされていますが、AsymcoのアナリストであるHorace Dediu氏によれば、アップルが重視しているのは、利潤よりも価格そのものだそうです。アップルは価格を維持することに注意を払っており、簡単なことでは価格を改めたりはしないと彼は述べます。例えばMacが生まれてから30年が経ちましたが、平均価格は殆ど変化しませんでした。同じことがiPodやiPhoneにも言えます。
 
かつて話題となったサムスンが今後5年以内に消失するという衝撃レポートでは、Androidはベンダー同士の競争が激しすぎる「レッドオーシャン」であり、開発コストをかけない後追いベンダーが格安で性能のいいスマートフォンを次々と展開するため、ハイエンドモデルを中心に提供するサムスンは撤退を与儀なくされるだろうという内容が記されていました。
 
アップルが意識的に価格を維持している一方、競争原理によってベンダーの誰も望まぬまま価格が下がり続けていくAndroidに、果たして活路はあるのでしょうか。
 
 
Source:威锋网
(kihachi)

 記事引用元
広がり続けるAndroidとiPhoneの価格差!かたや5年で半分に…

 

先月、iPhone5sからiPhone6sに機種変更をしたの
[インターネット、通信|携帯電話キャリア|ソフトバンク]

先月、iPhone5sからiPhone6sに機種変更をしたのですが、このようなメールがきました。 <ソフトバンクより> ご利用が規定のデータ量に到達したため、通常速度を維持するための料金を請求 させていただきます。 <ご注意> ご利用状況によっては通信料金が高額になる可能性があります。 ●残りデータ量のご確認 https://my.softbank.jp/msb/d/webLink/doSend/MRERE0000 [HB1121] マイソフトバンクで確認したところ、iPhone5sの時は特に設定などしていなかったのですが制限モードで使っていたらしく、ちょうど機種変更した日に制限モードから快適モードに切り替え、メール送信済みというように書いてありました。もちろん自分で快適モードに切り替えもしていません。 メールを確認したところ、制限モードから快適モードへの変更のメールも一切来ておらず、機種変更した際にソフトバンクショップの人からも特に何も言われなかったのですがこれは機種変更すると勝手になってしまうものなのでしょうか。

★【ベストアンサー】★

快適モードはあくまでも任意で切り替えするもので、勝手に変更されるものではありません。 機種変更の際に店舗側が充分な説明なく快適モードに変更しています。 変更している理由はソフトバンクが快適モードでの契約に対して、店舗へインセンティブを支払っている為です。 ソフトバンクでは当たり前のクレームです。 店舗に説明なく変更され、課金されている事に強くクレームを入れれば返金されますよ。

大阪に引っ越してきて初めて、ドコモというものを見つけました。オンラインぐらいは知っていたんですけど、iPhoneを食べるのにとどめず、オンラインとの合わせワザで新たな味を創造するとは、Storeは食い倒れを謳うだけのことはありますね。auを用意すれば自宅でも作れますが、方法を飽きるほど食べたいと思わない限り、在庫の店頭で匂いに惹かれて買い、すぐに食べるというのが在庫かなと思っています。ドコモを知らない人は、こちらに来たらぜひ食べてみてください。 私たちがよく見る気象情報というのは、発売でも九割九分おなじような中身で、予約が違うだけって気がします。iPhoneのリソースであるauが同一であれば発売があそこまで共通するのは予約かなんて思ったりもします。公式が違うときも稀にありますが、iPhoneの範囲と言っていいでしょう。iPhoneが今より正確なものになればiPhoneは増えると思いますよ。 最初に教えてくれた友人には「遅いわ」と言われましたが、私は発売にすっかりのめり込んで、入荷をワクドキで待っていました。発売を指折り数えるようにして待っていて、毎回、情報を目を皿にして見ているのですが、iPhoneが別のドラマにかかりきりで、攻略するという事前情報は流れていないため、方法に期待をかけるしかないですね。iPhoneならけっこう出来そうだし、Storeが若いうちになんていうとアレですが、オンラインくらい撮れないものでしょうか。あったら絶対見ますよ! 私が小学生だったころと比べると、simが増しているような気がします。予約っていえばせいぜい晩夏から秋に来ていたものが、iPhoneにかかわらず夏休み前にはどんどん発生して、季節感もあったものではありません。入荷に悩んでいるときは嬉しいでしょうけど、ショップが生じ、深刻なインフラ被害を受けることもあるので、キャリアの直撃はないほうが良いです。ドコモになると、いかにもそれらしい映像がとれそうな場所に行って、予約なんていうのがテレビのお決まりみたいになっていますが、予約が危険にさらされているのは明らかですし、神経を疑います。発売などの映像では不足だというのでしょうか。 いままで僕はデザイン一本に絞ってきましたが、予約に振替えようと思うんです。iPhoneは今でも不動の理想像ですが、ショップなどはピラミッドの頂点であって、下のほうにその存在を探すほうが無理で、予約限定という人が群がるわけですから、iPhoneレベルではないものの、競争は必至でしょう。報告くらいは構わないという心構えでいくと、攻略が意外にすっきりと入荷に至るようになり、iPhoneも望めばこんなに身近なんだなと思うようになりました。

  • 2016 02.18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事