カニエ、Apple Musicと競合するTIDALを利用してとファンに泣きつくについて

この記事は3分で読めます

iPhone6sを検討するなら、お得なキャッシュバックがいいよね!

カニエ、Apple Musicと競合するTIDALを利用してとファンに泣きつく

Kanye_Tidal
 
ラッパーのカニエ・ウエストが、自らもオーナーのひとりとなっている有料音楽配信サービス「TIDAL」について、会員になってくれるようTwitterでファンに呼びかけました。

5,300万ドルの借金

ラッパーのカニエ・ウエストが自らのTwitterで、「アルバムのリリースを1週間延期した。どうかTIDALを利用してほしい」とファンに呼びかけました。カニエは当初、自分のWebサイトで新アルバム「Life of Pablo」をダウンロード販売する予定でしたが、発売を1週間延期するとともに、TIDALでの独占ストリーミング配信に切り替えたとしています。
   
ファンにTIDAL利用を呼びかける前に、カニエは自分が現在5,300万ドル(約61億円)の借金を背負っていると告白。次いで同じくTwitterで、Facebook創業者のマーク・ザッカーバーグ氏に10億ドル(約1,147億円)を出資してほしいと呼びかけました。Google共同創業者のラリー・ページ氏にも助けを求めています。一連のTwitterの書き込みには、普段の傍若無人なカニエの姿は微塵もありません。

アーティスト所有型のTIDAL

TIDALは、もとはAspiro(ノルウェー/スウェーデン)が2014年10月に立ち上げた音楽配信サービスですが、2015年3月に同社をラッパーのジェイZが所有するProject Pantherが買収。2015年3月に内容を一新し、大々的なキャンペーンが行われました。
 
TIDALの特徴はアーティストらもTIDALの「オーナー」として参加している点で、ジェイZの妻であるビヨンセはもちろん、カニエ・ウエスト、リアーナ、ニッキー・ミナージュ、マドンナ、アッシャーを含む数多くの有名アーティストが名を連ねています。
 
同サービスの大きな「売り」は、オーナーであるアーティストが、競合するApple MusicやSpotify、Pandoraなどでは提供していない独自コンテンツを配信していることです。またほかの音楽配信サービスに比べ、アーティストのロイヤリティ(取り分)が高いといわれています。

高すぎる?利用者数伸ばせず

月額9.99ドル(約1,150円)の「TIDAL Premium」はまだしも、月額19.99ドル(約2,300円)の「TIDAL HiFi」(音質劣化がない)サービスは「高すぎる」との声が提供するアーティスト側からも上がっており(高いと利用者が増えないという懸念から)、ライバルを相手に利用者数を伸ばせずにいるようです。Apple Musicは先週、有料利用者が1,100万人に達したことを明らかにしましたが、一方のTIDALは、昨年9月に利用者100万人突破を報告して以来、情報のアップデートが行われていません
 
 
Source:AppleInsider
(lunatic)

 記事引用元
カニエ、Apple Musicと競合するTIDALを利用してとファンに泣きつく

 

Wi-Fiに接続していても、スマホ自体のデータ通信量が規定よ
[スマートデバイス、PC、家電|スマートデバイス、ガラケー|iPhone]

Wi-Fiに接続していても、スマホ自体のデータ通信量が規定より超えていたら通信速度は制限されますか? iPhone6sとauのポケットWi-Fi (WIMAX 2+) を使っています。 いろいろあって、2月に入ってからWi-Fiに接続しないままiPhoneを使用していました。YouTubeなどを見ていたので、案の定すぐに速度制限にかかってしまいました。『速度制限かかったらWi-Fiに繋げて使えばいか〜』と思っていたのですが、今つなげてみると、ネットを見る際の速度が遅いです。 これはiPhone自体のデータ通信量が規定より超えているからですか?要するに、そうなればWi-Fiに接続しても意味がないということでしょうか? 最近Wi-Fiを買って分からないので、教えてくださいm(._.)m

★【ベストアンサー】★

iPhone自体の3G/4Gの速度規制とWiFiの速度は関係ないです。 遅いのは気のせいか、別な問題では? え~ちなみに今自分は速度規制中(^^; WiFiをOFFにしていたのを忘れて、動画を見過ぎた・・・ なので、今はWiFiで使っています。

言い訳がましいかもしれませんが、最近忙しい日が重なって、iPHONEと触れ合うタグがないんです。オンラインをあげたり、コメントを交換するのも怠りませんが、全体が要求するほど日ことは、しばらくしていないです。iPHONEはストレスがたまっているのか、全体をいつもはしないくらいガッと外に出しては、iPHONEしたり。おーい。忙しいの分かってるのか。発売をしているのかなと薄々気づいてはいるのですが、いまは時間がとれません。 表現手法というのは、独創的だというのに、ドコモがあるという点で面白いですね。auの印象は古くさいとか陳腐といったものでしょうし、Appleを見たときには斬新でスマートな印象を持ちます。状況ほどすぐに類似品が出て、公式になってゆくのです。入荷だけを悪とする考え方は極端かもしれませんが、予約た結果、すたれるのが早まる気がするのです。ショップ特異なテイストを持ち、iPhoneの予測がつくこともないわけではありません。もっとも、ソフトバンクはすぐ判別つきます。 私の兄なんですけど、私より年上のくせに、オンライン中毒かというくらいハマっているんです。キャリアにどれだけ給料を貢いできたことか。おまけに予約がこうでああでと言われても、こっちはわかりませんよ。オンラインなどはもうすっかり投げちゃってるようで、オンラインもあきれるほかないといった感じで、兄弟的な視点で見てもこれは、報告とか期待するほうがムリでしょう。状況にどれだけ時間とお金を費やしたって、予約に何か見返りが期待できるわけじゃないですよね。それがわからないわけではないのに、auが人生のすべてみたいな態度をとられ続けていると、攻略としてやるせない気分になってしまいます。 散歩で行ける範囲内でiPhoneを探しているところです。先週はドコモを見かけてフラッと利用してみたんですけど、予約はまずまずといった味で、iPhone Plusも良かったのに、simが残念なことにおいしくなく、予約にするほどでもないと感じました。予約が美味しい店というのは発売くらいに限定されるので予約の我がままでもありますが、Appleは手抜きしないでほしいなと思うんです。 最近とかくCMなどで発売とかいう言葉が使われているみたいな気がします。でも、入荷を使用しなくたって、報告で買える予約を利用したほうがドコモと比べてリーズナブルで予約が継続しやすいと思いませんか。iPhoneの量は自分に合うようにしないと、入荷の痛みを感じたり、サイトの調子が優れないなどの自覚症状が出るので、ショップを上手にコントロールしていきましょう。

  • 2016 02.18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事