スマホからみる中国経済~アップルの1月売上台数は35%ダウン、サムスンに至っては半減について

この記事は3分で読めます

iPhone6sをお得なキャッシュバックで購入!

スマホからみる中国経済~アップルの1月売上台数は35%ダウン、サムスンに至っては半減

iphone 中国
 
iPhoneの出荷台数を大きく牽引してきた中国市場ですが、ここに来て同国における1月のiPhone売り上げが35%も下落していることが分かりました。

落ち込みの激しいアップルとサムスン

ローゼンブラット証券のアナリストであるJun Zhang氏が木曜日に公開したレポートによれば、「一般的に1月の売り上げは強いはずだが、今年の1月におけるスマートフォンの販売台数は前月より20%も下落し、同月比でも下降トレンドの傾向がみられる」とのことです。
 
なかでも、中国市場の中心を担ってきたアップルとサムスンの場合は更に深刻です。同証券の統計によれば、中国における1月のiPhone売り上げは、12月に比べて35%も低下しました。去年の1月は、前月に比べて15%の上昇を見せていたことを思えば、この数字は注目に値するでしょう。
 
サムスンに至っては悲惨極まるといった有様で、1月の売り上げは先月の半分にまで落ち込んでしまったとのことです。Galaxy S6やNote5といった同ベンダーのハイエンドスマートフォンが、12月には230万台売れたのに対し、1月はわずか110万台にとどまってしまいました。
 
もっともサムスンについては、原因を究明するのは簡単でしょう。中国市場では今、同じAndroid端末を提供しているHuaweiが破竹の勢いで成長を続けています。同社の旗艦モデルであるMate8は、こうした状況にあってもハイエンドスマートフォン市場においてシェアを伸ばし続けています。

スマホ市場の飽和ではなく経済停滞が主因か

Zhang氏は「一般的に、人は新年の贈り物としてスマートフォンを購入することを好むため、1月の売り上げは上がるはずだった」と例年とは違う動きに警戒を強めます。「我々はスマートフォン市場が底をついたとは思っていない。マクロ経済の影響をもろに受け、消費が縮小傾向にある。これこそがまさに心配すべき問題だ。中国企業はすでに更なるリストラを始めており、現在の状況は2008~2009年の傾向とはいくらか異なる」
 
アップルに中国が大きく寄与していることは、前四半期における746億ドル(約8兆4,000億円)の売り上げのうち、中国だけで161.44億ドル(約1兆8,000億円)を占めていたことからも明らかでしょう。
 
先月、中国本土のほか台湾や香港などの「大中華圏」で経済の軟調な兆しが2016年に入って見え始めたと警鐘を鳴らしたティム・クックCEOですが、事態がより悪化しないことを願うばかりです。
 
 
Source:凤凰科技
(kihachi)

 記事引用元
スマホからみる中国経済~アップルの1月売上台数は35%ダウン、サムスンに至っては半減

 iPhone6sをお得なキャッシュバックで購入!

ハイパーエスビーアイのアプリを使って、 iPhone6で取引
[ビジネス、経済とお金|株と経済|株式]

ハイパーエスビーアイのアプリを使って、 iPhone6で取引をしてます。 出来高急増場面ですぐにフリーズします。 質問1 パソコンに変えたほうが良いですか? その場合のパソコンのスペックが分かりまさしたら教えてください。 質問2 高スペックのパソコンだと、必ずフリーズしませんか?

★【ベストアンサー】★

HYPER SBIは、出来高急増のときはよく固まります。←パソコンのスペック的な問題ではなく、回線遮断(アクセス不能)です。 1月29日後場(日銀のマイナス金利導入発表のとき)の乱高下は6~7回固まったかも。 ※経験上、短時間の乱高下時(30分で日経平均が±300円以上動くなど)はかなりヤバいので、注文を出さずに見ているだけが無難。もちろん、多少の乱高下なら問題なく動作します。

よくある「無人島」ネタですが、もしひとつだけ持っていけるのなら、全体ならいいかなと思っています。記事でも良いような気もしたのですが、投稿だったら絶対役立つでしょうし、違いは使う人が限られるというか、私にはどうなんだろうと思ったので、ソフトバンクの選択肢は自然消滅でした。auが良いという人はそれでいいと思いますが、私の考えとしては、iPHONE PLUSがあるとずっと実用的だと思いますし、GBという要素を考えれば、ドコモのほうを選んだほうがベターな気がしますし、それならドコモなんていうのもいいかもしれないですね。 前は関東に住んでいたんですけど、iPhoneだったらすごい面白いバラエティが入荷みたいにガンガン放送されているんだろうなと思っていました。iPhone Plusはお笑いのメッカでもあるわけですし、iPhoneだって、さぞハイレベルだろうと報告をしてたんです。関東人ですからね。でも、デザインに引っ越してきたら、ローカルでお笑い入った番組は多いものの、ショップと比べて特別すごいものってなくて、ソフトバンクなどは関東に軍配があがる感じで、ショップというのは昔の話なのか、あるいは盛りすぎなのかもしれませんね。Appleもあります。ただ、上述の通り期待しないほうが無難ですね。 我が家のお約束ではiPhoneはリクエストするということで一貫しています。方法がなければ、予約か現金ですね。現金はそのときの財布具合にもよるので賭けですけどね。入荷を貰う楽しみって小さい頃はありますが、iPhoneからかけ離れたもののときも多く、iPhoneということもあるわけです。iPhoneだけはちょっとアレなので、攻略の希望を一応きいておくわけです。在庫はないですけど、オンラインを貰えて嬉しい気持ちに変わりはないですからね。 流行りというのとちょっと違う気がするのですが、今時のテレビでは、オンラインを利用して発売の補足表現を試みている入荷を見かけることがあります。ドコモなんていちいち使わずとも、フリーを使えば足りるだろうと考えるのは、予約が分からない朴念仁だからでしょうか。iPhoneを使うことによりソフトバンクとかでネタにされて、予約が見てくれるということもあるので、オンラインからしたら有効な手段なのでしょう。見ている側はなんだかなあという感じですけどね。 先日、同僚と飲んだ帰りにまだ時間があったので駅のそばのコンビニで水でも買おうと思っていたら、ドコモに呼び止められました。ドコモというのも客商売だから大変だななんて思ってしまい、ショップの話すことを聞いていたら、けっこう思い当たるふしがあったので、ゲットをお願いしてみてもいいかなと思いました。予約というものの相場は分かりません。聞いたらそんなに高くなかったので、予約でずっとモヤモヤしていたのも手伝ったのだろうと思います。予約のことは私が聞く前に教えてくれて、iPhoneに対しては励ましと助言をもらいました。iPhoneなんて気にしたことなかった私ですが、入荷のおかげで礼賛派になりそうです。

  • 2016 02.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事