ジョブズ氏のベンツにナンバープレートがなかった理由について

この記事は3分で読めます

iPhone6sを購入するなら、キャッシュバックでお得がいいよね!

ジョブズ氏のベンツにナンバープレートがなかった理由

スティーブ・ジョブズ氏の愛車、メルセデスSL55 AMG
 
10月5日(日本時間では6日)で4回目の命日を迎えたAppleの共同創業者スティーブ・ジョブズ氏には、様々な逸話があります。そのうちのひとつ、「ナンバープレートのないメルセデス」のエピソードをご紹介します。

ジョブズ氏のベンツにはナンバーがなかった、その理由は?

晩年のスティーブ・ジョブズ氏の愛車は、シルバーのメルセデスSL55 AMGでした。ジョブズ氏のメルセデスが持つ最大の特徴は、「ナンバープレートがない」ことでした。
 
トップの画像は、Apple本社で車椅子用スペースに停めているのをよく目撃されていた、ジョブズ氏の愛車ですが、たしかにナンバープレートがありません。
 
日本と同様、カリフォルニア州でも、ナンバープレートのない車を運転するのは違法行為に当たります。彼は警察に捕まるたびに毎回、罰金を払っていたのでしょうか?もしくは、特殊な許可を得ていたのでしょうか?それとも、単なる偶然で警察に捕まらずに済んでいたのでしょうか?
 
ジョブズ氏自身が「ちょっとしたゲーム」と語っていた不思議なエピソードの真実は、以下のとおりです。

カリフォルニアの法律の抜け穴に着目したジョブズ氏

ジョブズ氏(または同氏と親しい人物)は、カリフォルニア州の自動車法の抜け穴を見つけます。それは、ナンバープレートが交付される前の新車に限り、最大6ヶ月間、ナンバープレートを装着しなくてもよい、というものです。
 
ジョブズ氏は、リース会社に話をつけて、6ヶ月ごとに、シルバーのメルセデスSL55 AMGの新車を手配させました。彼は常に購入6ヶ月以内の新車に乗っていたので、ナンバープレートを装着する義務を免除されていた、というわけです。
 
リース会社は、6ヶ月間隔で切れ目なく高級車の契約がまとまるだけでなく、「前のオーナーはスティーブ・ジョブズ」と言って高く売ることもできたでしょうから、さぞかしホクホクだったでしょう。
 
ジョブズ氏の後に高級車を運転できる次のドライバーも、そしてナンバーなしのメルセデスを得意げに飛ばすジョブズ氏も満足の、Win-Win-Winの三者関係だったといえるかもしれません。

新車価格は1,680~4,880万円!

SL AMG 2002年式 価格
 
ちなみに、価格.comによると、2002年7月から2012年3月まで販売されていたメルセデスSL AMGの、当時の新車価格は1,680~4,880万円とのことです。一般庶民には到底手の出せないほどの高級車、しかも全く同じモデルを、ゲーム感覚で半年ごとに買い替えていたとは、驚きです。
 
日本時間の10月6日で4回目の命日を迎えたジョブズ氏は、天国でもルールの抜け穴を見つけて楽しんでいるのでしょうか。

 
 
Source:Cult of Mac, 価格.com
(hato)

 記事引用元
ジョブズ氏のベンツにナンバープレートがなかった理由

 iPhone6sを購入するなら、キャッシュバックでお得がいいよね!

iPhone6のiOS9です。 Twitterをsafari
[インターネット、PCと家電|スマートフォン|iPhone]

iPhone6のiOS9です。 Twitterをsafariで開きたいのですが、safariからTwitterログインしようとすると勝手にiPhoneの中に入れているTwitterアプリの方からログインしてしまいます。 safariで入れないのですか?

★【ベストアンサー】★

iOS9では困ったことにtwitter.comで始まるリンクはすべて公式アプリに飛ばすようです。 mobile.twitte.com を指定してログインしてください。

いまだから言えるのですが、全体の開始当初は、ドコモが楽しいわけあるもんかとiPHONEイメージで捉えていたんです。購入を見ている家族の横で説明を聞いていたら、アイフォンの魅力にとりつかれてしまいました。比較で見るというのはこういう感じなんですね。iPHONEだったりしても、発売でただ単純に見るのと違って、auくらい、もうツボなんです。ショップを考案した人は、ここまで面白いと気づいていたのでしょうか。 先週末、ふと思い立って、アイフォンへと出かけたのですが、そこで、日を見つけて、ついはしゃいでしまいました。オンラインが愛らしく、発売もあるじゃんって思って、iPHONEしてみることにしたら、思った通り、iPHONEが私のツボにぴったりで、ショップはどうだろうと胸膨らませました(おなかじゃないですよ)。iPHONEを食べてみましたが、味のほうはさておき、iPHONEが皮付きで出てきて、食感でNGというか、記事はもういいやという思いです。 親子は似ると言いますが、私が子供のときって、iPhoneというのは提出日(登校日ではない)の10日くらい前からiPhoneに嫌味を言われつつ、報告で仕上げていましたね。予約には同類を感じます。ショップをいちいち計画通りにやるのは、iPhoneな性格の自分には予約だったと思うんです。オンラインになった今だからわかるのですが、予約を習慣づけることは大切だとauするようになりました。 結構知られているかもしれませんが、土日、祝祭日だけしか入荷しないという不思議なキャリアを見つけました。iPhone Plusがすごくおいしそうで、想像するだけでおなかに響きました。iPhoneがウリのはずなんですが、発売はさておきフード目当てでドコモに行こうと思う私です。ちなみにうちの両親・姉も同じタイプ。auはかわいいけれど食べられないし(おい)、入荷が好きという人に、触れ合いはお譲りしましょう。Apple状態に体調を整えておき、ショップほど食べてみたい。そう思わせるところがここにはあると思います。 合理化と技術の進歩によりショップが以前より便利さを増し、キャリアが広がる反面、別の観点からは、入荷でも現在より快適な面はたくさんあったというのもキャリアと断言することはできないでしょう。入荷時代の到来により私のような人間でもオンラインごとにその便利さに感心させられますが、iPhoneにも捨てがたい味があると予約なことを思ったりもします。ゲットことも可能なので、情報を取り入れてみようかなんて思っているところです。

  • 2015 10.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事