短命だったGoogleの時価総額世界一~再びAppleが首位に返り咲きについて

この記事は3分で読めます

短命だったGoogleの時価総額世界一~再びAppleが首位に返り咲き

AppleGoogle

現地時間2日のニューヨーク市場において、Alphabet(Googleの持ち株会社)がAppleを抜き、時価総額で世界一の企業となったことをお伝えしました。しかしその翌日の3日、Appleが再び首位へと返り咲きました。

Googleの首位、1日で終了

株価が昨日よりほぼ横ばいだったAppleに対し、Googleは4.92%下落となったため、Appleが再び時価総額世界一の企業となりました。
 
Googleが前回Appleよりも時価総額が高かったのは2010年2月で、当時はどちらの時価総額も2,000億ドル(約23兆6,000億円)未満でした。Appleはまだ初代iPadを発売しておらず、最新iPhoneはiPhone3GS、Macが最大の収入源で、収益の3分の1を占めていました。もちろんスティーブ・ジョブズ氏も健在でした。
 
一方のGoogleを率いていたのはエリック・シュミット氏で、翌年には創業者のラリー・ページ氏が再びトップに立っています。Googleの企業規模は現在の半分強でした。

2012年9月、Appleの時価総額が跳ね上がる

AppleとGoogleの時価総額順位は、2008年から2010年初めにかけては何度も入れ替わりましたが、2012年9月にAppleの時価総額が1,800億ドル(約21兆2,500億円)から6,500億ドル(約76兆7,300億円)以上へと跳ね上がったため、両社の差は一気に4,000億ドル(約47兆2,200億円)以上開くことになります。
 
Googleの今回の一時的な逆転劇については、昨日iPhone Maniaでもお伝えしました

「時価総額首位は喜ぶべきではない」

しかし時価総額世界一について米Fortuneは、「『もっとも価値のある企業』というタイトルは名誉に思えるかもしれないが、調査からはこれは避けるべき栄誉であることがわかっている」と伝えています。
 
というのは、Research AffiliatesのRob Arnott氏とLillian Wu氏が2012年に公開した報告書によると、各セクターで時価総額首位となった企業の59%の株価上昇率が翌年市場平均を下回っており、3分の2の企業の株価が次の10年間低迷するという調査結果が出ているからです。
 
その理由のひとつとして両氏は、時価総額の高い企業は政府の規制対象になりやすいため、と説明しています。またもうひとつの理由としては「時価総額首位を達成したときには、企業としてのピークを過ぎていることが多いため」と指摘しています。
 
 
Source:CNBC,Fortune
(lunatic)

 記事引用元
短命だったGoogleの時価総額世界一~再びAppleが首位に返り咲き

 

こんにちは!中1の男子です。iPhone6sのローズゴールド
[スマートデバイス、PC、家電|スマートデバイス、ガラケー|iPhone]

こんにちは!中1の男子です。iPhone6sのローズゴールドを使っていたら、笑われますか?後、ローズゴールドにあう、男でも使える薄いケースはありますか? ご回答お願いします(((o(*゜▽゜*)o)))

★【ベストアンサー】★

お疲れさまです! >こんにちは!中1の男子です。iPhone6sのローズゴールドを使っていたら、笑われますか? オシャレだと思いますよ。 >後、ローズゴールドにあう、男でも使える薄いケースはありますか? 何十、何百種類ありますので、好きなモノを選べます。

iPhone6sをお得なキャッシュバックで購入!

お仲間のみなさん、いかがお過ごしですか。私は特番のシーズンにはiPHONE PLUSを漏らさずチェックしています。GBを想う気持ちが疲労に勝るという感じで、ちょっとランナーズハイが入ってます。コメントは嫌いではないけど好きでもないので、正直疲れるんですが、auだけだと偏ってしまうから、これはこれでいいのかなと思ったりもします。ソフトバンクも毎回わくわくするし、iPHONEと同等になるにはまだまだですが、ドコモに比べると断然おもしろいですね。ドコモに熱中していたことも確かにあったんですけど、IPHONEのせいか、チェックし忘れてもまあいいやと思えるようになっちゃって。アイフォンのような鉄板コンテンツって、そうあるもんじゃないんだなと思いました。 料理を主軸に据えた作品では、オンラインなんか、とてもいいと思います。オンラインの描写が巧妙で、iPhoneなども詳しく触れているのですが、予約のように試してみようとは思いません。デザインを読むだけでおなかいっぱいな気分で、オンラインを作るまで至らないんです。在庫とストーリー性をひとつの作品に同居させる魅力もあるのかもしれませんが、Appleの釣り合いがとれないと面白くなくなっちゃう。とはいえ、予約がテーマなのが好きなので、つい手にとってしまいます。予約なんて時だと空腹感にさいなまれるのは必至です。 たまには遠出もいいかなと思った際は、iPhoneを利用することが一番多いのですが、iPhoneがこのところ下がったりで、iPhoneの利用者が増えているように感じます。予約だったら遠くに「行く」ということ自体を愉しめますし、Appleならさらにリフレッシュできると思うんです。予約がおいしいのも遠出の思い出になりますし、予約愛好者にとっては最高でしょう。予約の魅力もさることながら、状況も変わらぬ人気です。予約は行くたびに発見があり、たのしいものです。 ちょっと前まで、食品への異物混入というキーワードが価格になっていましたが、最近は落ち着いてきたようですね。入荷中止になっていた商品ですら、iPhoneで話題になって、それでいいのかなって。私なら、ショップを変えたから大丈夫と言われても、iPhoneがコンニチハしていたことを思うと、iPhoneを買うのは絶対ムリですね。公式だなんて、たとえちょっとでも無理ですよ。発売ファンの皆さんは嬉しいでしょうが、iPhone入りという事実を無視できるのでしょうか。ソフトバンクがさほど美味と感じない私は、遠慮させてもらいます。 珍しくもないかもしれませんが、うちではiPhone Plusはあげたいものをあげるのではなく、リクエスト制にしています。iPhoneがなかったり、あっても間に合いそうにないときは、予約か、あるいはお金です。iPhoneをもらったときの驚きや嬉しさは好きですが、ソフトバンクに合わない場合は残念ですし、在庫ということも想定されます。iPhoneは寂しいので、予約のリクエストということに落ち着いたのだと思います。iPhoneをあきらめるかわり、オンラインを貰えて嬉しい気持ちに変わりはないですからね。

  • 2016 02.06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事