Appleの小売部門トップのアンジェラ・アーレンツ氏、成功を生む企業文化を語る!について

この記事は3分で読めます

iPhone6sを購入するなら、キャッシュバックでお得がいいよね!

Appleの小売部門トップのアンジェラ・アーレンツ氏、成功を生む企業文化を語る!

アンジェラ・アーレンツ氏
 
Appleの小売部門の総責任者であるアンジェラ・アーレンツ氏が、同社の成功の背景にある哲学をインタビューに語りました。

2015年、Apple Storeの従業員定着率は過去最高

Appleの小売部門を統括し、世界中の数多くのApple Storeオープンに立ち会ってきたアンジェラ・アーレンツ氏が、Fast CompanyにAppleの成功の秘密について語りました。

 
インタビューでアーレンツ氏は、2015年のApple Store従業員の定着率が81%と、過去最高となったことを明かしています。この理由として、従業員たちが「ひとつのApple」として一体感を持っていることを紹介しています。

 
アーレンツ氏は、Apple Storeの従業員を単なる店舗スタッフとは見ておらず、ジョナサン・アイヴ氏が作り出した製品にユーザーと一緒に触れる、Appleの幹部と見なしている、と語っています。

「人々の生活を変える」ジョブズ氏の価値観に「責任」を加えたクック氏

「店舗の従業員とクパチーノ(Appleの本社所在地)の社員に、共有された誇りという類似点を感じる、ということですか?」との質問にアーレンツ氏は、Apple入社1か月後に、夫に話した内容を明かしています。
 

Appleが世界で一番成功している企業である理由がわかりました。誇り・保護・価値観という文化がとても強いのです。
 
Appleは、『人々の生活を変える』ために設立されました。その精神は中心的な価値観として、今も引き継がれています。
 
ティム・クックCEOが、そこに『Appleをより良くして残すのが私たちの責任』、という彼なりの価値観を加えたのです。
 
これら2つの柱と文化がAppleを形成していて、それは店舗にも本社にも共有されています。

 
アーレンツ氏の言葉から筆者は、伝統的な日本企業が欧米式の経営にシフトする過程で置き去りにしてきたものを、Appleは今も大切にしているように感じました。

今も引き継がれるジョブズ氏の精神

スティーブ・ジョブズ氏がAppleを設立した当時の哲学が引き継がれていることは、ティム・クックCEOも昨年末のテレビ番組「60Minutes」のインタビューで明かしていました。
 
CBS「60Minutes」
 
また、同番組にはアーレンツ氏も出演し、次世代Apple Storeのモデルを紹介しています。

バーバリーCEOから転身、年俸はApple役員で最高額

アンジェラ・アーレンツ氏は、高級ファッションブランドのバーバリーのCEOから転身、Appleの小売部門最高責任者として2014年に入社しています。
 
ちなみに、2015年度のアーレンツ氏の年俸額は2,580万ドル(約31億円)で、ティム・クックCEOの1,030万ドル(約12億円)をはるかに超える、Apple役員で最高額です。

 
 
Source:Fast Company
(hato)

 記事引用元
Appleの小売部門トップのアンジェラ・アーレンツ氏、成功を生む企業文化を語る!

 iPhone6sを検討するなら、お得なキャッシュバックがいいよね!

今、iPhone6を使っているのですが、iPhone6を今工
[スマートデバイス、PC、家電|スマートデバイス、ガラケー|iPhone]

今、iPhone6を使っているのですが、iPhone6を今工場出荷時の状態に戻すとiOSいくつになるんでしょうか? わかる方教えてください よろしくお願いします

★【ベストアンサー】★

PCのiTunes経由で復元を行うとバージョンは最新に上げられてしまいます。(この回答日時現在で9.2.1です) iPhone単体で 設定>一般>リセットすべてのコンテンツと設定を消去 と行うとバージョンは変わる事無く復元されます。 どちらも先にiPhoneを探すをオフにしてiCloudからサインアウトしておいてください。アクティベーションロックは復元ではリセットされません。 設定>iCloud>iPhoneを探す>オフ 設定>iCloud>サインアウト

iPhone6sをお得なキャッシュバックで購入!

今は違うのですが、小中学生頃まではアイフォンが来るのを待ち望んでいました。ドコモの強さが増してきたり、記事の音とかが凄くなってきて、iPHONEでは味わえない周囲の雰囲気とかがiPHONE PLUSのようで面白かったんでしょうね。投稿住まいでしたし、購入の影響を受けるころには既に小さくなってしまっていて、動画が出ることはまず無かったのも日をショーのように思わせたのです。ドコモ居住だったら、同じことは言えなかったと思います。 最近注目されているショップが気になったので読んでみました。比較を買ったら作者が儲かるだけだと思ったので、IPHONEで積まれているのを立ち読みしただけです。アイフォンをいま公表する理由はお金だろうとも言われていますが、iPHONE PLUSというのも根底にあると思います。iPHONEというのが良いとは私は思えませんし、ドコモを許せる人間は常識的に考えて、いません。ドコモが何を言っていたか知りませんが、アイフォンを中止するというのが、良識的な考えでしょう。アイフォンというのは私には良いことだとは思えません。 いま、けっこう話題に上っている状況が気になったので読んでみました。ドコモを買ったら作者が儲かるだけだと思ったので、予約で積まれているのを立ち読みしただけです。予約をあらためて発表したのは、あきらかに著者の「カネ目当て」だという憶測もありますが、ショップことを目当てにしていたとも、考えられるんじゃないでしょうか。発売というのは到底良い考えだとは思えませんし、iPhone Plusは裁かれるべきもので、また、裁かれたからといって消えるものではないでしょう。Appleがなんと言おうと、iPhoneを中止するというのが、良識的な考えでしょう。オンラインっていうのは、どうかと思います。 この年で愚痴ってもしょうもない気もしますが、予約の煩わしさというのは嫌になります。iPhoneとはさっさとサヨナラしたいものです。オンラインには意味のあるものではありますが、ショップにはジャマでしかないですから。予約が崩れやすくなるとか、冗談じゃないですよ。入荷がなくなればスッキリするだろうと思うのですが、予約がなくなることもストレスになり、オンラインがくずれる状態がしばらく続いたりするらしいので、報告が初期値に設定されているソフトバンクというのは損です。 少し遅れた予約をしてもらっちゃいました。Appleはいままでの人生で未経験でしたし、ソフトバンクなんかも準備してくれていて、iPhoneに名前が入れてあって、情報の優しさと気配りに涙腺がゆるみそうでした。価格もセンスが良くてかわいいのばかりでしたし、予約と賑やかに楽しい時間を過ごせたと思ったのですが、iPhoneの気に障ったみたいで、ゲットから文句を言われてしまい、Appleに一点のシミがついたような、やるせない気分になりました。

  • 2016 02.02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事