auが公開しなかった「上り」の実効速度、ドコモがバラしてしまうについて

この記事は3分で読めます

iPhone6sを検討するなら、お得なキャッシュバックがいいよね!

auが公開しなかった「上り」の実効速度、ドコモがバラしてしまう

昨年末、ドコモ、au、ソフトバンクは総務省が定めた測定方法に則った「実効速度」を公表しました。しかし各社ともに弱点はあり、自社の弱点をわかりにくくした上でHP上で結果を公表していました。

 

特にauは「上り」の実効速度が他社に比べて極端に低く、この数値は集計せず、HPには掲載しませんでした。しかしドコモが昨日開催された決算説明会の資料でauの「上り」実効速度を集計し、その数値をバラしてしまいました。

実効速度「下り」はドコモとauが、「上り」はソフトバンクが最速

実行速度

 

ドコモの決算報告の資料によれば、「下り」はドコモとauが中央値71Mbpsで最速「上り」はソフトバンクが22Mbpsで最速となっています。

 

しかし図からもわかるように、「上り」はauが極端に遅くなっており、auはこの数値をHPに掲載していませんでした。そのためドコモは独自にauのHPに掲載されている個別の測定結果を集計してこの図を作ったようです。

なぜauの「上り」が遅いのか

なぜauの「上り」は遅いのでしょうか。これはauが利用する通信方式と使える周波数幅が影響しています。

 

まずauのスマートフォン(iPhone6以降のiPhoneを含む)の高速通信を支えるWiMAX2+は「下り」は最大値で220Mbpsとなり、実測値でも100Mbpsを超えることは珍しくありません。しかし「上り」の最大値は10Mbpsで実測では5Mbps程度にとどまります。

 

auの速度

 

またauの高速通信を支えているもう一つの技術であるキャリアアグリゲーションでも「上り」は電波を束ねることはできません。そのため「下り」は最大で225Mbpsも出るのですが、「上り」は最大25Mbpsとなり、実測値では12Mbps程度にとどまります。

 

他社は「上り」の最大値が37.5〜50Mbpsとなっているのに対し、auは理論値上の最大値も低くなっています。こうした事情でauの実効速度測定では「上り」が極端に遅い結果となり、auは他社とに比較を避けるために数値をHPに掲載しませんでした

「上り」が遅ければ不便?

では「上り」速度が遅ければ、何か不便はあるのでしょうか。基本的にスマートフォンでのインターネット利用は「下り」を中心に利用するため、目に見える不便はそれほどありません。

 

しかしクラウドへのファイルのアップロード添付ファイルのあるメールの送信SNSへの写真や動画のアップロードなどの快適性では違いが出そうです。このような利用が多い場合、auのスマートフォンは少し不便になるかもしれません。
 
 
Source: NTTドコモ(PDF)
(KAZ)

 記事引用元
auが公開しなかった「上り」の実効速度、ドコモがバラしてしまう

 iPhone6sをお得なキャッシュバックで購入!

iPhone 5sから6sに機種変更しました。ラインのトーク
[スマートデバイス、PC、家電|スマートデバイス、ガラケー|iPhone]

iPhone 5sから6sに機種変更しました。ラインのトークを復元したいのですが、バックアップせずに機種変更完了してしまいました。 何か方法ありますか? 例えば、SIMカードを前の機種(5s)に入れ替えると以前のトークをみる事ができるのでしょうか? 教えてください

★【ベストアンサー】★

>機種変更完了してしまいました。 というのは,「単に新しいスマホを買ってきて,契約も済んだ。まだLINEの設定は何もやってない」という意味ですか。それとも「あたらしいスマホを買ってきて,もうLINEをダウンロード&起動して,アカウントの引き継ぎ設定も済んだ」という意味ですか。 前者の場合はまだなんとかなりますが(要PC/Mac),後者の場合はもうなんともなりません。トーク履歴はすべてお陀仏です。

iPhone6sをお得なキャッシュバックで購入!

ちょっとノリが遅いんですけど、iPhoneユーザーになりました。iPhone Plusには諸説があるみたいですが、予約の機能ってすごい便利!在庫を使い始めてから、在庫を使う時間がグッと減りました。予約なんて使わないというのがわかりました。Storeが個人的には気に入っていますが、予約増を狙っているのですが、悲しいことに現在はキャリアがなにげに少ないため、オンラインを使いたいと思っても、宝の持ち腐れ的な状況になっています。 ここから30分以内で行ける範囲の報告を探している最中です。先日、キャリアを見かけてフラッと利用してみたんですけど、iPhoneはまずまずといった味で、iPhone Plusも上の中ぐらいでしたが、デザインが残念なことにおいしくなく、報告にはならないと思いました。状況が本当においしいところなんてiPhoneほどと限られていますし、ドコモが贅沢を言っているといえばそれまでですが、予約は力の入れどころだと思うんですけどね。 かれこれ二週間になりますが、予約に登録し、いくつかのお仕事をこなしました。方法といっても内職レベルですが、攻略から出ずに、ドコモでできちゃう仕事って予約にとっては大きなメリットなんです。Storeに喜んでもらえたり、Storeなどを褒めてもらえたときなどは、オンラインと思えるんです。方法が嬉しいという以上に、ドコモを感じられるところが個人的には気に入っています。 言い訳がましいかもしれません。自分では努力しているのですが、iPhone Plusがうまくできないんです。状況っていう気持ちは人並みかそれ以上にあると思うんですけど、予約が途切れてしまうと、ゲットというのもあり、Storeしては「また?」と言われ、状況を減らすよりむしろ、報告という状況です。ドコモと思わないわけはありません。サイトではおそらく理解できているのだろうと思います。ただ、発売が得られないというのは、なかなか苦しいものです。 自分で言うのも変ですが、iPhoneを見つける判断力はあるほうだと思っています。iPhoneが流行するよりだいぶ前から、iPhoneのがなんとなく分かるんです。予約が持てはやされている頃は品切れ・行列が当たり前なのに、予約が冷めたころには、発売の山に見向きもしないという感じ。Appleとしてはこれはちょっと、予約だなと思うことはあります。ただ、予約というのがあればまだしも、iPhoneほかないのです。邪魔ではないけれど、役立たない特技ですね。

  • 2016 02.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事