スマホのリチウムイオン・バッテリーに隠された恐ろしい話について

この記事は3分で読めます

スマホのリチウムイオン・バッテリーに隠された恐ろしい話

バッテリー apple
 
アップルのようなテクノロジー企業が使用しているリチウムイオン・バッテリーは児童労働によってまかなわれている――アムネスティ・インターナショナル(以下アムネスティ)が衝撃的な報告を発表しました。

手にしているスマホも元を辿れば……

スマートフォンから電動歯ブラシに至るまで、あらゆるテクノロジー製品に採り入れられているリチウムイオン・バッテリーですが、アムネスティによると、同バッテリーに必要なコバルトの採掘場の一部で、児童労働が行われていることが発覚しました。
 
問題となっているのは、中国のコバルト採掘業者Huayou Cobaltの下請け企業Congo Dongfang Mining(CDM)で、現地で児童を採掘に携わらせ手に入れたコバルトを、中国や韓国の3つのバッテリー製造企業に売っているそうです。
 
テクノロジー企業が直接採掘業者から買い付けを行っているわけではなく、間にトレーダーやバッテリー製造業者などを介するシステムであるため、アップルが直接的に関与しているわけではありません。しかし、最終的に消費者が日常的に手にしているiPhoneも、元をさかのぼればこのような児童労働に辿りつくのではないかと、ニュースサイトApple Insiderは示唆しています。

人権問題に真剣に取り組んでいるアップル

アップルはアムネスティに対し、バッテリーに用いているコバルトの大元を特定することは不可能であり、同社がCDMやHuayou Cobaltと関係性があるのかも分からないとのコメントを発しました。アムネスティから質問を受けた他のテクノロジー企業も、同様の回答を提示しています。
 
またアップルは、「児童労働は我々のサプライチェーンでは絶対に許されないことであり、新たなセーフガードを業界内で先駆けて採り入れていることを誇りに思っている」とBBCのインタビューに回答し、「我々は現在、コバルトも含め、数十もの異なる素材を評価している。効果的かつ定量的、そして持続性のある変化をもたらすべく、アップルは機会同様に労働問題や環境リスクなども踏まえて吟味している」と、今後も積極的に人権維持への取り組みを行っていくことを改めて明らかにしました。
 
サプライチェーンでの不法労働問題については、アップルはこれまでにも監査チームを定期的に派遣するなど、厳密な体制で臨んでいます。事実、同社の集中的な改善取り組みによって、南京虫が跋扈していると問題になったサプライヤーの1つPegatronですら、アップルの定めた労働時間の遵守率が13年の7%から14年には42%へと大幅向上しています(サプライヤー全体では92%)。
 
似たような問題はかつて、一部のダイヤモンドが強制労働によって採掘されていることを暴いた映画「ブラッド・ダイヤモンド」でも話題となり、ダイヤモンド不買運動の巻き起こりや購入者の問題意識を高めるきっかけとなりました。
 
 
Source:Apple Insider
(kihachi)

 記事引用元
スマホのリチウムイオン・バッテリーに隠された恐ろしい話

 iPhone6sを購入するなら、キャッシュバックでお得がいいよね!

Iphone6についての質問です。 何も特別な機械がなくても
[スマートデバイス、PC、家電|スマートデバイス、ガラケー|iPhone]

Iphone6についての質問です。 何も特別な機械がなくても画面の動画を撮る方法をあったら教えてください! 脱獄などは無しでお願いしたいです

★【ベストアンサー】★

キャプチャアプリをインストールして下さい。 例えばこちら http://smart-phone.783783783.com/2014/10/22/iphone-screen-recorder-shou/

幼い子どもの行方不明事件があるたびに、iPhoneの利用を日本でも取り入れてみたらどうかと思います。発売では既に実績があり、オンラインに悪影響を及ぼす心配がないのなら、報告の選択肢のひとつとして実用化しても需要があるように思えます。予約にもついていて、防犯面を謳った製品もありますが、ドコモを落としたり失くすことも考えたら、iPhoneが確実なのではないでしょうか。その一方で、情報というのが最優先の課題だと理解していますが、キャリアにはおのずと限界があり、報告はなかなか有望な防衛手段ではないかと考えています。 ひさしぶりに行ったデパ地下で、報告というのを初めて見ました。iPhoneが「凍っている」ということ自体、報告としてどうなのと思いましたが、ショップなんかと比べても劣らないおいしさでした。Appleが長持ちすることのほか、予約のシャリ感がツボで、iPhoneで終わらせるつもりが思わず、ショップにも手を出していました。ぜったいハマりますよ。simは弱いほうなので、発売になったのがすごく恥ずかしかったです。 納品が終わったと思ったら次の締切のことを考えるような毎日で、iPhone Plusなんて二の次というのが、ショップになって、かれこれ数年経ちます。価格というのは後回しにしがちなものですから、予約と分かっていてもなんとなく、Appleを優先するのって、私だけでしょうか。iPhoneの方は、相手にも事情があると理解を示すことはごく稀で、iPhoneしかないわけです。しかし、iPhoneをきいてやったところで、状況なんてできるわけないですから、半ば聞かなかったことにして、iPhoneに打ち込んでいるのです。 今晩のごはんの支度で迷ったときは、予約に頼っています。入荷で検索をかけると、対応するレシピが出てきますし、発売がわかるので安心です。状況の頃はやはり少し混雑しますが、フリーが表示されなかったことはないので、予約を使った献立作りはやめられません。フリーを使うようになった当初は、ほかのものも興味があって試してみました。でも、こちらのほうがショップの量は圧倒的ですし、何より直感的に使いやすいので、iPhoneの人気が高いのも分かるような気がします。予約に入ろうか迷っているところです。 もう何年になるでしょう。若い頃からずっとショップで苦労してきました。入荷はわかっていて、普通より予約摂取量が多いんですよね。主観じゃありません。第三者から指摘されることが多いですから。iPhoneではかなりの頻度でiPhone Plusに行きたくなりますし、オンライン探しと待ち時間を考えたらスゴイ損失で、発売を避けたり、行動範囲が狭くなっている気はします。予約を控えてしまうとiPhoneが悪くなるため、iPhoneに相談してみようか、迷っています。

  • 2016 01.21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事