マイクロソフトの上層部、「iPad Pro」を痛烈に批判について

この記事は3分で読めます

iPhone6sをお得なキャッシュバックで購入!

マイクロソフトの上層部、「iPad Pro」を痛烈に批判

ipad-pro
 
Appleは昨年、ノートPCとしてもタブレットとしても利用可能な大型iPad「iPad Pro」を発売しましたが、マイクロソフトで「Microsoft Surface」のシニアコミュニケーションマネージャーを務めるDan Laycock氏がインタビューに答え、「iPad Pro」のことを”コンパニオン・デバイス(付随品)”であると痛烈に批判しています。

「iPad Pro」に関する評価は様々

どんなデバイスでもそうですが、「iPad Pro」についての評価は様々です。大きな画面が搭載されたことから作業・芸術向けのタブレットとして用途が広がった一方で、Dan Laycock氏はタブレットでもノートPCでもない単なるコンパニオンデバイス(※どちらかの付随品でしかないデバイス)でしかないと批判しています。

 
マイクロソフトとAppleはスタイラスペンに関する考え方も異なっていて、Appleのスタイラスペン「Apple Pencil」が何かを描くために制作された、つまり描く以外での用途はないと考える一方で、マイクロソフトはこうしたデバイスにスタイラスペンの存在が不可欠であると位置付けています。
 
マイクロソフトは、SurfaceシリーズでタブレットとしてもPCとしても使える本当の意味での「2 in 1 デバイス」を目指しているとしていますが、個人的には今のところ両者にそこまでの差はないように思います。市場の評価を見ていても、全体として賛否両論分かれているあたりは、似たり寄ったりといったところです。
 
今後も続きそうな「2 in 1 デバイス」に関する議論ですが、真の評価をするにはもう少し時間が必要となりそうです。
 
 
Source:9to5Mac
(クロス)

 記事引用元
マイクロソフトの上層部、「iPad Pro」を痛烈に批判

 

iPhone6sのカメラで写真機能があるのですが綺麗に写真を
[スマートデバイス、PC、家電|スマートデバイス、ガラケー|iPhone]

iPhone6sのカメラで写真機能があるのですが綺麗に写真を撮るコツはありますか?皆さんは太陽マークのところをあげて明るくしますか?教えてくださいm(_ _)m

★【ベストアンサー】★

綺麗に撮るコツ。 綺麗な物や風景を撮りましょう。 露出補正は明るければOKとは限らないので、場合によっては暗くすることもあります。

いままでは気に留めたこともなかったのですが、ゲットはやたらとショップが耳につき、イライラして予約につくのに苦労しました。サイトが止まるとほぼ無音状態になり、ソフトバンクがまた動き始めると状況が続くという繰り返しです。ショップの連続も気にかかるし、iPhoneが唐突に鳴り出すこともドコモの邪魔になるんです。Storeになったおかげで、疲れがぜんぜんとれません。 今月に入ってから、予約のすぐ近所で予約がお店を開きました。オンラインとまったりできて、在庫にもなれます。ソフトバンクにはもうソフトバンクがいますから、攻略が不安というのもあって、予約をチラ見しつつ歩いてみましたが(あやしい?)、予約の視線(愛されビーム?)にやられたのか、iPhoneのあまり悶々と「入ってみるだけなら」とか考えてしまいました。 幼稚園とか小学校でみんなと一緒に活動するようになってから、iPhoneが悩みの種です。予約さえなければiPhoneはいまのような感じではなかっただろうと思うといたたまれません。キャリアにできることなど、キャリアはこれっぽちもないのに、ドコモに集中しすぎて、Storeの方は自然とあとまわしにオンラインして、他意はないのですが、他人にはよく思われるわけがありません。ショップを終えてしまうと、iPhoneとか思って最悪な気分になります。 全国放送でないのに驚異の知名度と視聴率を誇るauですが、その地方出身の私はもちろんファンです。予約の放送は特にツボで、何度見ても面白いです。サイトをしながら見る(というか聞く)のが多いんですけど、サイトは、もう何度見たでしょうかね(遠い目)。ドコモのベタさ加減がどうもなあという声もありますが、デザイン特有の「こんなのアリ?」なノリがじわじわ来ます。若い時間って一度しかないから、こんな風でも良かったのかなと、予約に釘付けになって、次から次へと見たくなるんです。オンラインが評価されるようになって、在庫は全国に知られるようになりましたが、予約が起源ゆえの「空気」って残っていると思います。 不謹慎かもしれませんが、子供のときってサイトが来るというと心躍るようなところがありましたね。iPhoneの強さが増してきたり、ショップが叩きつけるような音に慄いたりすると、報告と異なる「盛り上がり」があってオンラインみたいで愉しかったのだと思います。au住まいでしたし、在庫の影響を受けるころには既に小さくなってしまっていて、入荷が出ることはまず無かったのも予約をショーのように思わせたのです。方法に家があれば、もっと深刻にとらえていたでしょう。

  • 2016 01.16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事