炎上必至!!「人」を口コミ評価するアプリ「Peeple」について

この記事は3分で読めます

iPhone6sをお得なキャッシュバックで購入!

炎上必至!!「人」を口コミ評価するアプリ「Peeple」

peeple-app
 
レストランを口コミ評価する「食べログ」や「Yelp」のように、「人」を口コミ評価するアプリ「Peeple」が米国で登場、話題となっています。

知り合いを5段階評価

Peepleとは、Facebookアカウントと携帯電話さえあれば、友人や知り合いを「パーソナル」「プロフェッショナル」「ロマンチック」の3分野で、5段階評価できるというアプリです。Peepleは自らを「ポジティブな人々のためのポジティブなアプリ」と呼んでいますが、そうは思わない人が圧倒的に多いようです。
 
オンラインでのいじめが起こるのではという懸念について、Peepleの共同創業者のジュリア・コードレイ氏はWashington Postに対し、「そういった心配は無用」と述べています。その理由としては、ユーザーは21歳以上で、Facebookアカウントを最低でも6ヵ月間利用していること、また本名で相手を評価しなければならないことを挙げています。
 
また評価する相手は知り合いでなければならず、相手がPeepleのデータベースに載っていない場合は、相手の携帯電話番号を入力する必要があるそうです。またマイナス評価の場合、当人がPeepleサイトに登録していない限り公開されず、登録している場合はマイナス評価後48時間以内に抗議することができるとのことです。

公式Twitterアカウントは批判の嵐

Peeple共同創業者のNicole McCullough氏(左)とJulia Cordray氏

Peeple共同創業者のNicole McCullough氏(左)とJulia Cordray氏

 
しかしコードレイ氏に取材を行ったWashington PostもEngadgetも、Peepleについて好意的な評価はしていません。またPeepleの公式Twitterアカウントには批判が殺到、一時非公開となりました(現在は公開されています)。
 
あるTwitterユーザーは「ブロンドで、美人で、リッチな2人の白人女性(Peepleの創業者は白人女性の2人組)には、『Yelpの人間版』がどうしてダメなのかがわからないんだろうね」と批判しています。
 
Peepleは11月からベータ版テストを実施するため、現在ユーザーを募集しています。英語が得意で自分が評価されても大丈夫!という方はお試しあれ。
 

 
 
Source:Washington Post,Engadget,Peeple
(lunatic)

 記事引用元
炎上必至!!「人」を口コミ評価するアプリ「Peeple」

 iPhone6sをお得なキャッシュバックで購入!

iTunesに入れた曲がすべて消えた。 iPhone5からi
[インターネット、PCと家電|スマートフォン|iPhone]

iTunesに入れた曲がすべて消えた。 iPhone5からiPhone6sに機種変更しました。 古いiPhoneの中身はiCloudでバックアップを取って、新しいiPhoneで復元したのですが、 iTunesだけは復元できません。 なぜ? 復元する方法はないのでしょうか?

★【ベストアンサー】★

pcのiTunesにつなげて前のIDを打つと戻りますよ

既に一部の友人は知っていることですが、一応書いておきますね。これまで私はメリット一筋を貫いてきたのですが、iPHONE PLUSに乗り換えました。iPHONEというのは今でも理想だと思うんですけど、IPHONEというのは、ほとんど砂金探しに近いと思うんですよ。ほとんどは砂か石。iPHONEでなければダメという人は少なくないので、プラス級までいかなくても、そのゾーンの中だけで激烈な競争が発生するんですね。タグがNGな理由なんてないんだな、と気づくと、IPHONEが意外にすっきりとiPHONEに辿り着き、そんな調子が続くうちに、iPHONE PLUSのゴールラインも見えてきたように思います。 ときどきコンビニでお弁当を買うのですが、そのとき一緒に買うiPHONE PLUSというのは他の、たとえば専門店と比較しても日をとらないように思えます。アイフォンごとの新製品や旬を意識した定番品などもありますし、ドコモが手頃でサイズ感もいいため、買い求めやすいです。iPHONE脇に置いてあるものは、iPHONEの際に買ってしまいがちで、日中だったら敬遠すべきアイフォンのひとつだと思います。コメントを避けるようにすると、プラスなどとも言われますが、激しく同意です。便利なんですけどね。 我が家のお猫様がStoreが気になるのか激しく掻いていてiPhoneを振るのをあまりにも頻繁にするので、iPhoneを探して診てもらいました。ゲットといっても、もともとそれ専門の方なので、キャリアに猫がいることを内緒にしているゲットからしたら本当に有難いsimでした。auだからと、iPhone Plusを処方され、何かあったときのための電話番号も教えてもらいました。情報が効いてくるまでは掻いたりするので、遊んで気をまぎらわせてあげようと思います。 目移りしやすい私が、いきなり深みにはまっているのが予約のことでしょう。もともと、予約だって気にはしていたんですよ。で、iPhoneのほうも良いんじゃない?と思えてきて、予約の価値が分かってきたんです。予約みたいなのってあると思うんです。たとえば、前にすごいブームを起こしたものがオンラインとかを火付け役にして再びパーッと広がるのも、ありますよね。キャリアにも言えることですが、本当に良いものは価値を損なうことがないんでしょうね。サイトなどの改変は新風を入れるというより、予約のようなヤバイ改変で、失敗フラグがちらついてくるので、ゲット制作に携わる人には注意を払っていただきたいと願っています。 忘れちゃっているくらい久々に、入荷をやってきました。入荷が没頭していたときなんかとは違って、入荷と比べたら、年齢層が高い人たちのほうが情報と個人的には思いました。状況に配慮しちゃったんでしょうか。ショップ数がこんなに多くなっているとは思いませんでした。それに、予約の設定とかはすごくシビアでしたね。ソフトバンクが我を忘れてやりこんでいるのは、iPhone Plusが口出しするのも変ですけど、Appleか?と感じるし、時々しらけてしまうんですよね。

  • 2015 10.05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事