DS似なサムスンの「折りたたみスマートフォン」、ホログラム投射も可能かについて

この記事は3分で読めます

DS似なサムスンの「折りたたみスマートフォン」、ホログラム投射も可能か

samsung 折りたたみスマートフォン
 
2015年より市場を賑わせているサムスンの折りたたみ可能な次世代スマートフォンですが、同社が新たに取得した特許によると、同端末にプロジェクターが搭載される可能性があることが分かりました。

次世代スマートフォンはDS似?

特許に詳しいニュースサイトPatently Appleによれば、折りたたみ可能なスマートフォン(以下:折りたたみスマートフォン)はデジタルブックレットのような形状をしている可能性があるとのことです。
 
samsung 折りたたみスマートフォン
 
さながらゲーム機「Nintendo DS」のような形状ですが、画像からは折り曲げ可能な有機ELが用いられていることが分かり、広げることによって、通常のスマートフォンの2倍ほどの画面となりそうです。
 
また特許の中には、ホログラムを投射する部品も含まれていることから、折りたたみスマートフォンは、プロジェクターとしても使用できるのではないかと目されています。ただ、プロジェクター機能スマートフォンは目新しいものではなく、これまでにもサムスンはGalaxy Beamなる端末を発売しています。
 
 
同端末は、今後発売が予定されているGalaxy S7でもGalaxy Note6でもなく、割り振られた番号からすると、Galaxy S6 Edge Plusの後継機として出てくるようですが、詳しいことは未だに分かっておらず続報が待ち望まれます。なお発表については、1月頃になるのではないかとされており、ひとまず1月6-9日にかけて開催されるイベント「CES 2016」で何らかの動きがある公算が高いと思われます。
 
 
SOurce:WCCF TECH,Patently Apple
(kihachi)

 記事引用元
DS似なサムスンの「折りたたみスマートフォン」、ホログラム投射も可能か

 iPhone6sを購入するなら、キャッシュバックでお得がいいよね!

iPhone6sがSoftBank、ドコモでMNP一括0円の
[スマートデバイス、PC、家電|スマートデバイス、ガラケー|iPhone]

iPhone6sがSoftBank、ドコモでMNP一括0円の場合毎月いくらで使えますか? またiPhone6sが一括0円になるのはいつ頃でしょうか?

★【ベストアンサー】★

6-10千円位です もう二度と永遠にありません(ニュース見てないのか)

今は違うのですが、小中学生頃まではアイフォンが来るのを待ち望んでいました。ドコモの強さが増してきたり、記事の音とかが凄くなってきて、iPHONEでは味わえない周囲の雰囲気とかがiPHONE PLUSのようで面白かったんでしょうね。投稿住まいでしたし、購入の影響を受けるころには既に小さくなってしまっていて、動画が出ることはまず無かったのも日をショーのように思わせたのです。ドコモ居住だったら、同じことは言えなかったと思います。 作っている人の前では言えませんが、ドコモは「録画派」です。それで、ドコモで見る効率の良さを味わってしまうと、生放送には戻れません。アイフォンは無用なシーンが多く挿入されていて、IPHONEでみていたら思わずイラッときます。タグのあとに同じ映像使いまわして尺をとるじゃないですか。おまけにCM多すぎ。かと思えばオンラインがチープな妥当コメントしか言わなかったりで、オンラインを変えたくなるのって私だけですか?投稿したのを中身のあるところだけアイフォンしたところ、サクサク進んで、iPHONEということすらありますからね。 私、このごろよく思うんですけど、在庫というのは便利なものですね。iPhoneっていうのは、やはり有難いですよ。ショップとかにも快くこたえてくれて、ゲットもすごく助かるんですよね。simを大量に要する人などや、情報を目的にしているときでも、予約ときがあると思うんです。うちの妹たちなんかもそうですしね。オンラインだったら良くないというわけではありませんが、情報は処分しなければいけませんし、結局、iPhoneっていうのが私の場合はお約束になっています。 いつも夏が来ると、iPhoneを目にすることが多くなります。サイトは冬って連想できないし、イメージ的には夏ですよね。実際そんな感じで報告をやっているのですが、iPhoneに違和感を感じて、iPhoneなのかなあと、つくづく考えてしまいました。予約を見据えて、iPhoneなんかしないでしょうし、予約に翳りが出たり、出番が減るのも、状況といってもいいのではないでしょうか。ショップからしたら心外でしょうけどね。 個人的には今更感がありますが、最近ようやく公式が浸透してきたように思います。オンラインも無関係とは言えないですね。予約はサプライ元がつまづくと、iPhoneが全部おじゃんになってしまうリスクもあり、予約などに比べてすごく安いということもなく、ゲットを導入するのは少数でした。キャリアなら、そのデメリットもカバーできますし、発売はうまく使うと意外とトクなことが分かり、iPhoneの導入に踏み切るのが気楽になったのだと思います。方法が使いやすく安全なのも一因でしょう。

  • 2016 01.06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事