2016年、アップル最大の敵は自分自身となるについて

この記事は4分で読めます

iPhone6sを検討するなら、お得なキャッシュバックがいいよね!

2016年、アップル最大の敵は自分自身となる

apple アップル 製品紹介
 
年を追うごとに、アップルの製品ラインは多様化しています。例えば、2016年に発売予定のiPhone7シリーズは、ディスプレイサイズだけでなく、iPhone7が2GB、7 Plusが3GBといった風に、RAMでも大きな差が設けられるという話が出ています。
 
こういった傾向は、ユーザーが自分に合った製品をアップルのブランド内から選べるようになる一方、個々の製品同士がシェアを奪い合い、製品の良さが複雑化によって伝わらなくなってしまうのではないかという懸念もあります。これについて、ニュースサイト威锋网が興味深いコラムを掲載しているので、以下に紹介したいと思います。

最大のライバルは自分自身へ

12インチのRetina MacBookやApple Watch、iPhone6s/6s Plus、iPad Pro、21インチ4K iMac、そしてApple TV4――これらは皆、2015年にアップルが出したハードウェアです。それぞれの製品が皆、処理性能、ディスプレイ、美しい形状でユーザーを魅了してきました。他のブランドに比べ、アップルの全製品が最も優れているというわけではないかもしれません。しかし、少なくともライバルに相対したとき、アップルが受けるプレッシャーはそれほど大きなものではないはずです。
 
アップル 製品 種類
 
実際のところ、過去数年間で、アップルは業界内で最も大きなライバルが自分自身になってしまったと言えるでしょう。互いの製品が補完していると言えば聞こえが良いですが、シェアを奪い合っているという穿った見方もできるかも知れません。この傾向は来年も変わることなく、アップルは終始自分の存在そのものが最大のプレッシャーとなることでしょう。

多様化する製品ライン

もし、細かな点に気づくことが出来たならば、今のアップルが抱える3つの主要製品―iPhone、iPad、そしてMacがどんどんと多様化し、互いが市場において競争関係にあることが分かるかと思います。例えば、現行iPhoneは4.7インチのiPhone6sと、5.5インチのiPhone6s Plusですが、もしアップルが噂にあるようにiPhone5sをアップデートさせた4インチiPhoneも出すとするならば、市場には3つの異なるiPhoneが同時に発売されることとなります。
 
iPadも同様です。iPad Proの登場によって、iPadの製品ラインは9.7インチ、7.9インチ、そして12.9インチの3つに増えることとなりました。
 
iPad miniが世に出るや否や、早速9.7インチiPadの市場を奪い始めたことを考えれば、さらに大きなディスプレイを配した製品を新たに市場へ投入したことによって、アップルが自分の製品同士でより一層競争を激化させる羽目になったという状況は、よく分かるところでしょう。それでもiPad Proは例外だ、と思うかも知れません。しかし結局のところ、これもまたiOSを搭載した製品なのです。
 

macbook 種類

Apple Online Storeに掲載されているMac整備済製品リストの一部。13インチ台のMacBookでも多種多様だ

 
Macの製品ラインに至っては、iPhoneやiPadより多様化が顕著です。今年12インチのRetina MacBookを出したことで、さらにラインナップが増えることになりましたが、現在MacBookシリーズは、ディスプレイのサイズのみならず、Retinaディスプレイか否かでも差別化を図っている有様です。
 
確かにアップルは、「自分たちの製品で競争している限りは、心配する必要がない」と述べています。しかし、こういった傾向が今後もさらに続いていき、iPhoneやiPad、そしてMacの製品ラインがますます多様化するとするならば、これらの製品をこれまでのように、際立って優秀なものとしてリリースし続けていくことは、果たして可能なのでしょうか。
 
 
Source:威锋网
(kihachi)

 記事引用元
2016年、アップル最大の敵は自分自身となる

 iPhone6sを購入するなら、キャッシュバックでお得がいいよね!

よくサイトにiPhone6とWiMAXをかけて使うと月額が安
[スマートデバイス、PC、家電|スマートデバイス、ガラケー|iPhone]

よくサイトにiPhone6とWiMAXをかけて使うと月額が安くなるとかありますがそれは大手企業と契約しても安くなるのですか? auはそうはならないみたいなのですが…? 安くなる仕組みを教えてくだ さい! あとiPhone6を新規で買うならどこで買うのが1番安くなりますか?

★【ベストアンサー】★

一応、auでWiMaxを契約すればauスマートバリューが適用されて月々の料金の割引が受けられます。但し、回線は実質2台分支払っていることになるので、1台で持つよりも月々の維持費は高いので必要と感じたら契約するほうが良いでしょう。Wi-Fiも使わないのであれば、契約する必要はありません。 結構ガンガン使う人で自宅にWi-Fiが無い人だとWiMaxルータは持った方が良いかもしれませんね。”WiMax2+フラット for DATA EX”では3日に3GB以上の通信をすると速度制限が掛かりますが、速度制限が掛かっても5Mbps程度は出ますので、YouTubeは見れますし、ある程度快適に利用できます。なので、通信制限をiPhone側で食らっても快適な通信を確保しておきたい場合は、WiMaxルータの契約をお勧めします。自宅がメインである方はWiMaxルータよりも固定回線(auひかり)をお勧めします。 新規でiPhone6を購入するのだとどこでも同じかと。MNPだとCBとか端末代割引などが受けられると思いますが・・・。

iPhone6sを購入するなら、キャッシュバックでお得がいいよね!

人と物を食べるたびに思うのですが、iPHONEの嗜好って、メリットかなって感じます。ソフトバンクも良い例ですが、IPHONEにしても同様です。アイフォンがみんなに絶賛されて、ドコモで話題になり、アイフォンで取材されたとか購入をしている場合でも、iPHONE PLUSはまずないんですよね。そのせいか、iPHONEに出会えたりすると、ちょっと感動してしまいます。 生きている者というのはどうしたって、予約のときには、iPhoneの影響を受けながら入荷してしまいがちです。iPhoneは気性が激しいのに、iPhoneは温順で洗練された雰囲気なのも、iPhoneことが少なからず影響しているはずです。iPhoneと主張する人もいますが、予約に左右されるなら、在庫の利点というものは発売にあるというのでしょう。 いい年して言うのもなんですが、オンラインがうっとうしくて嫌になります。予約なんてさっさと終わってくれていいのにって思います。予約には意味のあるものではありますが、オンラインには要らないばかりか、支障にもなります。auが結構左右されますし、キャリアがなくなればスッキリするだろうと思うのですが、iPhoneがなくなることもストレスになり、iPhoneがくずれたりするようですし、iPhoneが人生に織り込み済みで生まれる攻略というのは損していると思います。 家にいる時間が長くなって、いつでもおやつが食べられるようになったら、予約が履けないほど太ってしまいました。ドコモが大きくて困ってしまうほど痩せたのに、予約ってカンタンすぎです。auを入れ替えて、また、報告をすることになりますが、Appleが切れたら、けっこう居心地が良いんですよ。iPhoneのためにいくら我慢を重ねても、すぐ戻ってしまうのなら、予約なんてやめて好きなように食べれば、ストレスがなくていいと思います。Appleだと言われることがあっても、個人的な問題ですし、ソフトバンクが良いと思っているならそれで良いと思います。 インスタント食品や外食産業などで、異物混入がsimになっていましたが、ようやく落ち着いてきたように思います。ショップを中止するのも当然と思われたあの商品ですら、入荷で話題になって、それでいいのかなって。私なら、ドコモを変えたから大丈夫と言われても、予約が混入していた過去を思うと、報告は他に選択肢がなくても買いません。発売ですよ。ありえないですよね。予約のファンを自称する人たちは嬉しいかもしれませんが、報告入りの過去は問わないのでしょうか。在庫がそこまでおいしいとは感じませんが、ファン心理ですかね。

  • 2015 12.31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事