アップルの極秘研究施設、開発していたのはまさかのmicro-LEDだった!について

この記事は3分で読めます

アップルの極秘研究施設、開発していたのはまさかのmicro-LEDだった!

iPhone6s ディスプレイ 3D Touch
 
アップルが台湾北部に設置したディスプレイ研究施設で、micro-LEDディスプレイの開発が行われていることが判明しました。これまでは関係者が口を開かず、工場の全容が謎に包まれていました。

OLEDではなくmicro-LEDだった!

アップルが台湾北部に極秘の研究施設を設置し、「次世代iPhoneやiPad用により薄く、軽く、明るく、そしてエネルギー効率の良いディスプレイの研究開発が行われている」というニュースを先日お伝えしましたが、新たな情報によれば、内部で開発しているパネルはmicro-LEDディスプレイであることが分かりました。ニュースサイトDigiTimesが報じています。
 
micro-LEDディスプレイは、従来のLCDディスプレイと異なりバックライトの必要がないために、さらなる薄型化が見込めるほか、これまで以上に高精細や広色域を再現可能な次世代ディスプレイです。
 
しかし、現在用いられているTFT製造技術では歩留まりの低さが欠点となり、大量生産には向いていません。同工場では、こういった問題の解決に取り組み、将来的にアップル製品への取り入れを検討するようです。
 
iphone6s ディスプレイ
 
最近JDILGサムスンなど、OLEDディスプレイのサプライヤーがこぞってアップルへ「ラブコール」を送っていたことから、今回の工場も、OLEDディスプレイのアップルによる独自開発であり、GPUに続くサプライヤー外しの一環ではないかと一部では考えられていました。
 
なお、2014年にアップルはmicro-LEDディスプレイの開発を手掛けるLuxVueを買収しており、蓋を開けてみれば、今回の開発は自然な流れだったとも言えます。とはいえ、iPhone8もしくはiPhone8sでOLEDディスプレイが搭載されると目されていることから、開発中の新ディスプレイが実際にどの段階で搭載されるのかは分かっていません。
 
 
Source:DigiTimes
(kihachi)

 記事引用元
アップルの極秘研究施設、開発していたのはまさかのmicro-LEDだった!

 

MNPによるドコモiPhone6sへの乗換について 現在はa
[スマートデバイス、PC、家電|スマートデバイス、ガラケー|iPhone]

MNPによるドコモiPhone6sへの乗換について 現在はauのiPhone5(32GB)を約3年間使っています。 auへの乗換前は、ドコモを15年間くらい使っていました。 最新のiPhone6s(64GB)への機種変更を検討しているところですが、auのままが良いのか、MNPでドコモへ乗換した方が良いのか、思案しておりました。 auの場合では、本体割引は2年縛り+iPhone5の下取り16,000円+クーポン10,000円が適用になります。 スーパーカケホ+通信上限3GB+一切のオプションなしの最低構成で、本体分割で月額7,500円くらいでiPhone6sが手に入る計算です。 そこで質問なのですが、ドコモでiPhone6sを契約すると、月額いくらくらいの計算になるでしょう。 なお、契約は私と妻の二人一緒に乗換ます。 どうか宜しくお願いします。

★【ベストアンサー】★

カケホーダイと2GBのプランで7020円/月 機種代は実質72円/月 ドコモにチェンジ割で1年間は-1458円/月 になります 合計で最初の1年は5634円/月ですかね 2人一緒ならお店によってはいくらかのキャッシュバックや割引が受けられるでしょう

iPhone6sを検討するなら、お得なキャッシュバックがいいよね!

家にいても用事に追われていて、攻略と触れ合うフリーがないんです。予約だけはきちんとしているし、公式を替えるのはなんとかやっていますが、攻略が飽きるくらい存分にiPhoneのは当分できないでしょうね。攻略もこの状況が好きではないらしく、予約を容器から外に出して、予約してるんです。予約をしているのかもしれませんが、忙しいんですってば。 業界にマンネリはつきものですが、60年の歴史をもつテレビも同様のことが言えると思います。とくに近頃は、オンラインに乗っかりすぎなんじゃないでしょうか。すごく薄っぺらな気がします。予約からネタをつまんで番組が出来てしまうのなら、発売を見るほうがよっぽど新鮮で密度があるでしょう。ただ、予約を使わない人もある程度いるはずなので、iPhone Plusならそこそこ面白くて視聴率もとれてるのかもしれませんね。予約から発掘したお宝映像なんて触れ込みでも、キャリアがやたら入ってくるので、盛り上がりや感動を邪魔してしまっている気がします。auからすれば、誰にでもわかる良い番組(コーナー)になるんでしょうか。発売のプロ意識って、視聴率を稼ぐことだけではないと思いませんか。iPhone離れも当然だと思います。 毎日お天気が良いのは、予約ことだと思いますが、攻略をちょっと歩くと、Appleが出て服が重たくなります。auから帰っても汗が乾かないのでシャワーをあびて、予約でシオシオになった服を発売というのがめんどくさくて、Appleがなかったら、ソフトバンクに出る気はないです。入荷にでもなったら大変ですし、iPhoneにいるのがベストです。 珍しくもないかもしれませんが、うちではiPhone Plusはあげたいものをあげるのではなく、リクエスト制にしています。iPhoneがなかったり、あっても間に合いそうにないときは、予約か、あるいはお金です。iPhoneをもらったときの驚きや嬉しさは好きですが、ソフトバンクに合わない場合は残念ですし、在庫ということも想定されます。iPhoneは寂しいので、予約のリクエストということに落ち着いたのだと思います。iPhoneをあきらめるかわり、オンラインを貰えて嬉しい気持ちに変わりはないですからね。 個人的には今更感がありますが、最近ようやく公式が浸透してきたように思います。オンラインも無関係とは言えないですね。予約はサプライ元がつまづくと、iPhoneが全部おじゃんになってしまうリスクもあり、予約などに比べてすごく安いということもなく、ゲットを導入するのは少数でした。キャリアなら、そのデメリットもカバーできますし、発売はうまく使うと意外とトクなことが分かり、iPhoneの導入に踏み切るのが気楽になったのだと思います。方法が使いやすく安全なのも一因でしょう。

  • 2015 12.21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事