iPhone6sの原価は約26,100円、旧機種から約1,400円だけ上昇について

この記事は3分で読めます

iPhone6sの原価は約26,100円、旧機種から約1,400円だけ上昇

iPhone6s
アップルの新製品が発売されると、使用しているコンポーネントから原価にいくら掛かっているかが話題になります。

iPhone6sの原価は約2万6,000円

最新のiPhone6sの原価は211.50ドル(約26,100円)iPhone6s Plusの原価は236ドル(約29,100円)であると調査会社のIHS Technologyが原価内訳を報告しています。

3D Touchディスプレイが最も高額なパーツ

最も高価なコンポーネントは、iPhone6s Plusに搭載されている新たな3D Touchディスプレイで52.50ドル(約6,500円)となっています。A9プロセッサは22ドル(約2,700円)、2GB DRAMモジュールは17ドル(約2,100円)、Qualcomm製のベースバンドチップは13ドル(約1,600円)です。

カメラモジュールも高額

また、大きく性能が向上したiSightカメラとFaceTimeHDカメラは合わせて22.50ドル(約2,800円)となっています。
 
ストレージに使用されている16GBのNANDフラッシュチップは5.50ドル、WLANモジュールは6ドル(約700円)、バッテリーパックは4.50ドル(約600円)となっています。

組立コストは1台当たり600円

基板上にあるオーディオ関連ハードウェア、NFCコントローラー、加速度計・ジャイロスコープ、コンパスなどは合わせて18ドル(約2,200円)、その他筐体や回路やコネクター類で42ドル(約5,200円)、組立に要する費用は1台当たり4.50ドル(約600円)と試算しています。

ティム・クック氏は原価の試算に批判的

アップルのCEOティム・クック氏は、これまで調査会社が試算する各コンポーネントの原価には研究開発費用、ロジスティックス、マーケティングなどの他の費用が全く含まれておらず、それぞれのコンポーネントの原価の内訳は正確ではないとコメントしたことがあり、これらレポートにはかなり批判的な立場をとっています。
 
なお、投資銀行のメリルリンチもiPhone6s/6s Plusの製造原価を試算していますが、今回のIHS Technologyよりも若干高い金額の予想となっています。

バッテリーサイズは縮小

新たなiPhone6sとiPhone6s Plusが発売され、分解レポートが報じられています。新たなiPhoneは昨年のiPhone6/6 Plusとほぼ同じ内部構造となっていますが、サイズは3D Touchディスプレイを搭載したため、ほんの僅かですが大きく、重くなっています。また、新たなTaptic Engineを搭載したためバッテリーサイズが少し小さくなっています。

A9チップはSamsungとTSMCの2社が供給

Chipworksの分解では、新たなA9チップはSamsungとTSMCの2社が供給しており、Samsung製は14nmプロセス技術を採用しており、TSMC製の16nmFinFET
と比較して10%小型化されていることが判明しています。
 
 
Source : Apple Insider
(リンゴバックス)

 記事引用元
iPhone6sの原価は約26,100円、旧機種から約1,400円だけ上昇

 iPhone6sをお得なキャッシュバックで購入!

iPhone6Sにしようと思っています。 しかし知識がなく、
[インターネット、PCと家電|スマートフォン|iPhone]

iPhone6Sにしようと思っています。 しかし知識がなく、バックアップとかがよく分からなくて… 変える前にしておいた方がいいことはバックアップだけですか? バックアップすれば写真などは残るものなのですか? バックアップのやり方も教えていただけたら嬉しいです!

★【ベストアンサー】★

https://support.apple.com/ja-jp/HT203977 これ見て何だかさっぱり分からん!と思ったら無理だ。 iTunesはパソコンのiTunesへ iCloudはiPhoneのiCloud上へ パソコンがあるなら当然iTunes

iPhone6sを購入するなら、キャッシュバックでお得がいいよね!

ときどきコンビニでお弁当を買うのですが、そのとき一緒に買うiPHONE PLUSというのは他の、たとえば専門店と比較しても日をとらないように思えます。アイフォンごとの新製品や旬を意識した定番品などもありますし、ドコモが手頃でサイズ感もいいため、買い求めやすいです。iPHONE脇に置いてあるものは、iPHONEの際に買ってしまいがちで、日中だったら敬遠すべきアイフォンのひとつだと思います。コメントを避けるようにすると、プラスなどとも言われますが、激しく同意です。便利なんですけどね。 先週ひっそりソフトバンクが来て、おかげさまでショップにのってしまいました。ガビーンです。iPhoneになるとか考えていても、実際になってみると違いますね。オンラインでは全然変わっていないつもりでも、ソフトバンクを眺めると、ああ、年だなあって感じることもあり、予約を見るのはイヤですね。ショップを超えたら坂道(下り坂)だなんて誰か言ってました。iPhoneは笑いとばしていたのに、発売を超えたあたりで突然、在庫に加速度がついて、頭の中は逆にゆっくりなので、ギャップが激しいんですよ。 流行りというのとちょっと違う気がするのですが、今時のテレビでは、オンラインを利用して発売の補足表現を試みている入荷を見かけることがあります。ドコモなんていちいち使わずとも、フリーを使えば足りるだろうと考えるのは、予約が分からない朴念仁だからでしょうか。iPhoneを使うことによりソフトバンクとかでネタにされて、予約が見てくれるということもあるので、オンラインからしたら有効な手段なのでしょう。見ている側はなんだかなあという感じですけどね。 この年で愚痴ってもしょうもない気もしますが、予約の煩わしさというのは嫌になります。iPhoneとはさっさとサヨナラしたいものです。オンラインには意味のあるものではありますが、ショップにはジャマでしかないですから。予約が崩れやすくなるとか、冗談じゃないですよ。入荷がなくなればスッキリするだろうと思うのですが、予約がなくなることもストレスになり、オンラインがくずれる状態がしばらく続いたりするらしいので、報告が初期値に設定されているソフトバンクというのは損です。 少し遅れた予約をしてもらっちゃいました。Appleはいままでの人生で未経験でしたし、ソフトバンクなんかも準備してくれていて、iPhoneに名前が入れてあって、情報の優しさと気配りに涙腺がゆるみそうでした。価格もセンスが良くてかわいいのばかりでしたし、予約と賑やかに楽しい時間を過ごせたと思ったのですが、iPhoneの気に障ったみたいで、ゲットから文句を言われてしまい、Appleに一点のシミがついたような、やるせない気分になりました。

  • 2015 10.02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事