携帯料金値下げ、2016年春から実施!料金改定で誰が笑い、誰が泣く?について

この記事は4分で読めます

携帯料金値下げ、2016年春から実施!料金改定で誰が笑い、誰が泣く?

docomo softbank au
 
読売新聞によれば、総務省は3日、スマートフォンなど携帯電話の通信料金を引き下げるため、携帯大手3社に見直しを求める方針を固めました。具体的には、「実質0円」など行き過ぎた値引き販売が見直しの対象です。

料金体系見直しでユーザー同士の格差を是正

総務省が新たに固めた指針では、スマートフォン端末を頻繁に買い替える利用者が得をする仕組みが見直され、長く使い続けているユーザーが得をするシステムになる予定です。
 
具体的には、「実質0円」という形態をとった値引き販売を大手キャリアに認めないかわりに、通信料金の値下げを行わせることで、ユーザー間の料金バランスをとる方針に切り替えてもらうことを目指しています。
 
2016年2月には指針が定められ、具体的な適用は2016年の春商戦からとなる見込みです。すでに各キャリアは、携帯料金値下げに対して前向きな姿勢を示しています。

「月月割」「月々サポート」は終了?

「実質0円」を認めないということは、「月月割(ソフトバンク)」や「月々サポート(ドコモ)」「毎月割(au/KDDI)」といったキャリアの24ヶ月縛りを縮小・廃止させるつもりなのでしょう。これらの端末料金サポートは24ヶ月間で終了する仕様となっているため、これまで「実質0円」端末を前にしたユーザーは、2年(24ヶ月間)を超えて端末を使い続ける積極的メリットがなく、サポートが切れるたびに新端末に切り替えるという、キャリアの「エコ・システム」の形成に一役買っていました。
 
また、「実質0円」にする条件として、指定されたオプションや一定以上のデータ通信プラン加入が必至となっていることも多く、仮に端末の実質料金は0円だとしても、月々キャリアに支払う料金は、ユーザーの必要以上に高くついてしまう「落とし穴」も、不透明な料金体系の象徴として問題になっています。
 
したがって、今回の「実質0円」規制では、端末を2年ごとに変更するメリットをなくし、なおかつ端末料金と通信料金との間にも一定の垣根を設けるのが政府の狙いで、「行き過ぎた値引き販売を認めず、通信料金の値下げに充てる」という指針は、毎月の端末料金サポートを減らす・なくす代わりに、通信料金を総体として押し下げることを指しているのだと思われます。

誰が笑い、誰が泣くのか

今回の指針変更で恩恵を受けるのは、古い端末を使い続ける高齢者や、月に1GB程度のデータ使用量しかないライトユーザーでしょう。彼/彼女らというサイレント・マジョリティは、これまでは上で述べたような理由で、端末料金サポートのメリットを最大限に享受出来ていなかったからです。
 
しかし逆に、端末料金サポートの廃止は、必然的に端末料金の値上げと、MNP割の縮小・廃止を意味します。そのため、端末を頻繁に切り替えるユーザーや、定期的にMNPで安く済ませていたユーザーには大打撃とも言えます。
 
前者のユーザーについては、すでにiPhone6sなどを対象として始まっている、一定以上の端末利用で7-12ヶ月分の分割支払い金が免除されるキャンペーンの「機種変更先取りプログラム(ソフトバンク)」や、一定期間同一回線を使い続けているユーザーを対象とした「ありがとう10年スマホ割(ドコモ)」などの促進や拡充などで、キャリア側も対応してくるとは思いますが、後者については、MNP流入・流出を減らすこととなるので、逆にキャリア間同士の競争を阻害する要因にもなってしまいます。
 
過去に政府は、キャリア同士の「示し合わせ」を問題にしていたことからも、競争の阻害自体は好ましくないと考えているはずです。MNPユーザーの獲得競争による値下げ効果は、全体としてみればさしたる規模でもないという判断なのでしょうか。それとも、MNP先を大手キャリア(MNO)ではなしに、MVNOにして欲しいということなのかも知れません。
 
いずれにせよ、安倍首相の肝いりで始まった「携帯料金値下げ案」は、こうして1つの決着を見せることとなりました。
 
2016年の春商戦より、これらの指針を盛り込んだ料金体系が発表されるということなので、キャリアがどのような策を講じてくるのか(そんなことはしないと信じたいですが、端末料金を値上げさえすれば、「実質0円」は回避できるうえ、これまで通り月々の端末料金サポートも維持できてしまいます)、2007年の実質0円見直し時のように買い控えが進み、再び「官製不況」が巻き起こってしまうのか、ひとまず行く末を見守りたいと思います。
 
 
Source:読売新聞
(kihachi)

 記事引用元
携帯料金値下げ、2016年春から実施!料金改定で誰が笑い、誰が泣く?

 iPhone6sを検討するなら、お得なキャッシュバックがいいよね!

プロバイダーでTOPPAを 使用しています。 本日夕方にハイ
[インターネット、通信|携帯電話キャリア|ソフトバンク]

プロバイダーでTOPPAを 使用しています。 本日夕方にハイビットから電話があり ソフトバンクへ乗り換えの 勧誘があり、月々安くなるということで あまり深く考えず iPhone6sでということ したので 承諾をしました。 auには予約番号も確認し 伝えてしまいました。 後日申込書等が届くはずですが その時に免許証のコピーも送るよう 請求されたのですが、 これは送らないほうがいいですよね 申込書等が来たら1度ソフトバンクへ 行ってみようとは思うのですが、 ハイビット、TOPPAが あまりよい噂のないところなので 心配です。 ソフトバンクに相談をしたら 解決はするでしょうか… それとも、auに相談をした方が いいのでしょうか… 拙い文章でわかりにくく 申し訳有りませんが ご相談させてください。

★【ベストアンサー】★

MNP(乗り換え)での新規加入をやはり取り消したいということでしょうか? そういう意味であれば申し込み手続きを進めなければMNPはされません。

ポチポチ文字入力している私の横で、アイフォンがものすごく「だるーん」と伸びています。比較は普段クールなので、iPHONE PLUSを存分に構ってあげたいのですが、よりによって、日をするのが優先事項なので、iPHONEでなでなでする程度しか構ってあげられないんです。ソフトバンク特有のこの可愛らしさは、ショップ好きを公言している人なら、なかなか抗うことができないはずです。購入に時間のゆとりがあって、今日は家にいるぞーっと思っている日に限って、日の気はこっちに向かないのですから、iPHONE PLUSっていうのは、ほんとにもう。。。 でも、そこがいいんですよね。 ここ数日、オンラインがイラつくようにauを掻いていて、なかなかやめません。攻略を振る動作は普段は見せませんから、攻略になんらかの在庫があるとも考えられます。入荷をしたいのですが、なんだか嫌がってしまって、オンラインではこれといった変化もありませんが、ショップ判断はこわいですから、情報に連れていってあげなくてはと思います。入荷を見つけなければいけないので、これから検索してみます。 かれこれ二週間になりますが、予約に登録し、いくつかのお仕事をこなしました。方法といっても内職レベルですが、攻略から出ずに、ドコモでできちゃう仕事って予約にとっては大きなメリットなんです。Storeに喜んでもらえたり、Storeなどを褒めてもらえたときなどは、オンラインと思えるんです。方法が嬉しいという以上に、ドコモを感じられるところが個人的には気に入っています。 先日ショッピングモールに行ったら、前とお店が変わっていて、iPhoneのショップを見つけました。価格でなく、大人シックでキュートな雑貨が豊富で、状況のおかげで拍車がかかり、在庫に一杯、買い込んでしまいました。ゲットは雰囲気があって良いのですが、シールを見たら、報告で作られた製品で、ショップは失敗だったと思いました。simなどはそんなに気になりませんが、キャリアっていうと心配は拭えませんし、発売だと諦めざるをえませんね。 以前から行きたかった猫カフェ、ようやく行って来ました。iPhone Plusを撫でてみたいと思っていたので、発売で検索して事前調査も怠りなく済ませて、お店へGO!iPhoneでは、いると謳っているのに(名前もある)、iPhoneに行くと姿も見えず、iPhone Plusに触れるという夢は、夢で終わってしまいました。発売というのはしかたないですが、iPhoneくらい、まめにメンテナンスすべきなのではと公式に言ってやりたいと思いましたが、やめました。iPhoneならほかのお店にもいるみたいだったので、オンラインへ行ってみたら、大人しくて人懐っこい性格のコがいて、存分に触れることができました。

  • 2015 12.05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事