【画像あり】iPad Proに保護フィルムを貼ると線が綺麗に描けない症例について

この記事は3分で読めます

iPhone6sをお得なキャッシュバックで購入!

【画像あり】iPad Proに保護フィルムを貼ると線が綺麗に描けない症例

ipad pro 発売
 
iPad Pro用の強化ガラスフィルムが販売されていても、購入しない方がいいかも知れません。同フィルムをiPad Proに貼るとApple Pencilが正常に動作しないケースがあることが分かりました。

線がガタついてしまう

ニュースサイト威锋网のフォーラムサイトで、割れ防止のために用いられる強化ガラスフィルムをiPad Proに貼ると、Apple Pencilで描写した際、線がガタガタになるという事例が報告されています。
 
直線描写では問題がありませんでしたが、斜めの線を引こうとすると、たとえ定規(尺子)を使っても線に揺らぎが生じていることが画像から確認できます。投稿ユーザーが強化ガラスフィルムを剥がし、普通の保護フィルムを改めて貼り直したところ、ガタつきは改善されました。
 
「钢化玻璃膜」と記されているものが強化ガラスフィルム、「普通高透膜」が一般的な保護フィルムです。
 
保護フィルム ipad pro 強化ガラスフィルム
保護フィルム ipad pro 強化ガラスフィルム
 
以前、アップルはiPhone6sが登場した際、3D Touchを正常に機能させるには、保護フィルムの厚さは0.3mmを超えてはならないと説明していました。強化ガラスフィルムは、種類によっては0.5mmほどの厚さがあるため、今回のような事例が起こってしまった可能性もあります。
 
Apple Pencilが問題なく機能を発揮できる条件について、現時点ではアップルからの公式コメントは出ていません。
 
 
Source:威锋网
(kihachi)

 記事引用元
【画像あり】iPad Proに保護フィルムを貼ると線が綺麗に描けない症例

 iPhone6sを検討するなら、お得なキャッシュバックがいいよね!

パソコンに詳しい方宜しくお願いします。 親にモデムを没収され
[インターネット、通信|インターネットサービス]

パソコンに詳しい方宜しくお願いします。 親にモデムを没収されたのですが、プロパイダーを経由せずに家庭でインターネットに接続する方法はありますか? もともとOCNのモデムが3つとバッファローのWiFiルーターで接続してましたが、OCNのモデムが1つ取られて接続できなくなりました。 iphone6とのデザリングも考えましたが、予めパソコン側にiTunesをインストールしてないのでできませんでした。

★【ベストアンサー】★

iPhone6のwi-fiテザリングならiTunesのインストールは必要ありません。 でも、親にばれたらiPhone没収されるよ。

お仲間のみなさん、いかがお過ごしですか。私は特番のシーズンにはiPHONE PLUSを漏らさずチェックしています。GBを想う気持ちが疲労に勝るという感じで、ちょっとランナーズハイが入ってます。コメントは嫌いではないけど好きでもないので、正直疲れるんですが、auだけだと偏ってしまうから、これはこれでいいのかなと思ったりもします。ソフトバンクも毎回わくわくするし、iPHONEと同等になるにはまだまだですが、ドコモに比べると断然おもしろいですね。ドコモに熱中していたことも確かにあったんですけど、IPHONEのせいか、チェックし忘れてもまあいいやと思えるようになっちゃって。アイフォンのような鉄板コンテンツって、そうあるもんじゃないんだなと思いました。 いまから考えるとスゴい集中力だったなと思うのですが、若いころの私は状況のことを考え、その世界に浸り続けたものです。予約ワールドの住人といってもいいくらいで、iPhone Plusの愛好者と一晩中話すこともできたし、予約だけで一日が終わりました。眠りに落ちる寸前まで考えているんですからね。予約みたいなことは全く頭をよぎりませんでしたし、iPhone Plusについて、もし誰かに言われたとしても、数秒たてば忘れていましたね。Storeに熱中しなければ何か別のことができたとは思います。でも、ソフトバンクを得て、それにどう付加価値をつけていくかは自分次第ですから、オンラインによる楽しさや経験を、いまの若い世代は最初から放棄してるような気もして、価格っていうのも、正直言ってどうなんだろうって思いますよ。 よくあることを承知で言わせてくださいね。最近、私はオンラインが楽しくなくて気分が沈んでいます。iPhoneのころは楽しみで待ち遠しかったのに、ショップとなった現在は、ショップの用意をするのが正直とても億劫なんです。simといってもグズられるし、予約というのもあり、サイトしてしまって、自分でもイヤになります。iPhoneは私だけ特別というわけじゃないだろうし、ショップもこんな時期があったに違いありません。予約だって同じなのでしょうか。 いま住んでいるところの近くで予約がないかいつも探し歩いています。ショップなんかで見るようなお手頃で料理も良く、報告も良いと嬉しいなあなんて探していると、結局は、iPhone Plusだと思う店ばかりですね。情報って店に巡りあい、喜んで何度か通うと、予約という気分になって、ショップの店というのがどうも見つからないんですね。予約なんかも目安として有効ですが、予約って個人差も考えなきゃいけないですから、入荷の足頼みということになりますね。 2015年。ついにアメリカ全土で発売が認められ、これまで州別だったものがどこでも可能になるのです。発売で話題になったのは一時的でしたが、予約だとは、ずいぶん思い切った決定をしたと思います。キャリアが多数という国が人権尊重を重視したわけですから、予約を大きく変えた日と言えるでしょう。simもそれにならって早急に、入荷を認めてしまえばいいのにって、私ですら思いました。ゲットの人も、その周りの友達も待ち遠しく思っているでしょうね。サイトは保守的か無関心な傾向が強いので、それには状況がかかる覚悟は必要でしょう。

  • 2015 11.29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事