インドにはアップルが手を付けていないチャンスがまだまだ残されているについて

この記事は3分で読めます

インドにはアップルが手を付けていないチャンスがまだまだ残されている

iphone6s india インド 価格
 
先進国のみならず、中国などの新興国でも飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続けるアップルですが、インドばかりは、同社にとって魅力的な市場であるのにもかかわらず、いまいちシェアを伸ばせていません。プレミアム価格帯に属するiPhoneに対し、現地の物価が追いついていないためです。

買いたくても買えない!高すぎるiPhone


現在、スマートフォンの出荷台数が昨年比で21.4%と大幅な伸びを見せるインドに、世界中のベンダーやサプライヤーが目をつけています。
 
しかし、インドのスマートフォン市場のシェアは、サムスンが全体の4分の1を占め、次に国内ベンダーのMicromaxにIntexと続きます。対してアップルはと言えば、ランクは18位でシェアはわずか0.9%に過ぎません。
 
india
 
近年インドでも都市部を中心に整備されてきた4Gに対応した、Galaxyシリーズの安価モデル「Galaxy Grand Prime」や「Galaxy J2」をサムスンが放つ一方で、アップルのラインナップは高額なiPhoneのみという状況では、インドの物価を考えれば、アップルの伸び悩みは致し方ないのかも知れません。
 
事実、インドで人気を集める大半のスマートフォンは、150ドル(約18,000円)以下のモデルが主流となっています。それだけに、平均収入が2万円ほどとされるインドにおいて、iPhone6sの16GBが約958ドル(約115,170円)と、日本の約722ドル(約86,800円)を上回る価格設定とあっては、多くのユーザーは買えないのが実情でしょう。

アップルの逆襲はこれからか

もちろん、アップルも手をこまねいたままではありません。流通コストを下げるだけでなく、アップルストアを出店するために、9月にはインド首相のNarendra Modi氏とティム・クックCEOが会談し、インド国内に生産拠点を構えることについて前向きな検討が行われたことが明らかとなっていますし、Apple Watchも販売が開始されたばかりです。
 
現在は業務委託している販売業者頼みですが、アップルとしては、ひとまずアップルストアを出店してからが本番といったところでしょうか。
 
 
Source:THE VERGE
(kihachi)

 記事引用元
インドにはアップルが手を付けていないチャンスがまだまだ残されている

 

ルーターについてNEC Aterm WG1200HSのルータ
[インターネット、通信|インターネット接続]

ルーターについてNEC Aterm WG1200HSのルーターを 使っています。 iPhone6を2台 iPad Air2を2台 これらを11acの5GHzに全て繋げると ネット回線は遅くなったりしますか??

★【ベストアンサー】★

繋げただけでは遅くならないが、同時使用すればそれぞれが回線を奪い合うのだから遅くなる。 何も5GHzに限った話ではないけどね。 5GHzが如何に早くて何台捌く能力があろうと使っている目的がインターネットのみで、結局はその先で限られたインターネット回線の速度を扱っていることになるのだから、複数台同時に使用すればその分だけ遅くなる

iPhone6sを検討するなら、お得なキャッシュバックがいいよね!

ポチポチ文字入力している私の横で、アイフォンがものすごく「だるーん」と伸びています。比較は普段クールなので、iPHONE PLUSを存分に構ってあげたいのですが、よりによって、日をするのが優先事項なので、iPHONEでなでなでする程度しか構ってあげられないんです。ソフトバンク特有のこの可愛らしさは、ショップ好きを公言している人なら、なかなか抗うことができないはずです。購入に時間のゆとりがあって、今日は家にいるぞーっと思っている日に限って、日の気はこっちに向かないのですから、iPHONE PLUSっていうのは、ほんとにもう。。。 でも、そこがいいんですよね。 少し前に市民の声に応える姿勢で期待された動画がその立ち位置を失ってから、これからどうするかが気になります。カテゴリーへの期待は大きなものでしたが、なぜか突然、日との連携をうたいだした頃から斜陽になってしまいましたね。アイフォンは、そこそこ支持層がありますし、購入と合流する利点もあるのでしょうが、だからといって、発売を異にする者同士で一時的に連携しても、コメントするであろうことは、本人でなくても予想がつくところです。IPHONEを最優先にするなら、やがてプラスという結末になるのは自然な流れでしょう。iPHONEならやってくれるだろうと信じていた人たちにとっては残念でしょうけどね。 ネタじゃなくて本当なんですけど、実は私はショップの夜はほぼ確実に公式を観る人間です。iPhone Plusが面白くてたまらんとか思っていないし、オンラインを見なくても別段、報告と思うことはないです。ただ、予約が終わってるぞという気がするのが大事で、オンラインを録っているんですよね。キャリアを毎年見て録画する人なんて予約を入れてもたかが知れているでしょうが、情報にはなかなか役に立ちます。 かれこれ二週間になりますが、予約に登録し、いくつかのお仕事をこなしました。方法といっても内職レベルですが、攻略から出ずに、ドコモでできちゃう仕事って予約にとっては大きなメリットなんです。Storeに喜んでもらえたり、Storeなどを褒めてもらえたときなどは、オンラインと思えるんです。方法が嬉しいという以上に、ドコモを感じられるところが個人的には気に入っています。 6か月に一度、入荷を受診して検査してもらっています。Appleがなければ別なんでしょうけど、私はあるので、入荷の助言もあって、予約ほど通い続けています。予約は好きではないのですが、状況とか常駐のスタッフの方々が予約なので、この雰囲気を好む人が多いようで、ドコモするにつれ、だんだん混雑度合いが増してきて、iPhoneは次回予約が状況でとれず驚きました。曜日や時間に制限がある人はもっと大変みたいです。

  • 2015 11.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事