大手キャリアユーザーの2割は自身のデータ通信量を把握せずについて

この記事は4分で読めます

大手キャリアユーザーの2割は自身のデータ通信量を把握せず

スマートフォン フリー素材
 
国内でモバイルマーケティングを展開するMMD研究所は、「スマートフォンに関する意識調査」を実施し、結果を発表しています。

格安SIMユーザーは少ない容量に集まる傾向

 
1
 
スマートフォンを所有する20~59歳の男女(キャリアユーザー451名、格安SIMユーザー449名)を対象に、メインで利用しているスマートフォンの毎月の平均データ通信使用量を尋ねたところ、上図のような結果となりました。
 
大手キャリアを使用しているユーザーの約2割は自身のデータ通信量を把握していないほか、格安SIMのユーザーは少ないデータ通信量に集まる傾向を示しています。

端末の価格、わからないという声も多数存在

 
2
 
次に、メインで利用しているスマートフォンの端末価格について尋ね、調べずに回答してもらったところ、14.4%が「分からない」と回答し、13.5%が「1万円未満」と回答しました。
 
公開されたデータからは、月々割などの設定があるため、ユーザーとしては正確な端末価格が把握しづらい現状があるように感じます。

大手キャリアユーザーは格安SIMユーザーに比べて契約内容が理解できていない

 
3
 
次に、直近で機種変更やプラン変更、新規の契約をした際の契約内容の理解度について尋ねたところ、「あまり理解できていなかった」「全く理解できていなかった」を合わせ、キャリアユーザーの29.7%、格安SIMユーザーの14.3%が理解できていなかったと回答した。
 
大手キャリアのプラン内容は格安SIMのシンプルなプラン内容に比べて非常に複雑で、多くのユーザーはこうした契約内容をしっかりと理解せずに契約している様子が見えてきます。

スマホ契約時の情報収集方法にも差

 
4
 
直近で機種変更やプラン変更、新規の契約をした際、最も有益だった情報は何かを尋ねたところ、キャリアユーザーでは「店員の説明」(34.7%)、「メディア」(21.8%)、「利用会社のサイト」(16.4%)となり、格安SIMユーザーでは「メディア」(31.9%)、「利用会社のサイト」(23.4%)、「家族からの情報」(15.3%)となりました。
 
格安SIMユーザーは大手キャリアと比較して主体的に情報を調べて、契約に至っている様子が分かります。

5割以上がスマホ契約前後でギャップを感じている

 
5
 
6
 
次に、スマートフォンを契約した時と利用開始後で、認識や理解の違いがあったものがあるか複数回答で尋ねたところ、キャリアユーザー、格安SIMユーザーともに半数以上が何らかのギャップがあったと回答しました。
 
内訳を見てみると、キャリアユーザーは「月々の利用料金が思ったより高かった」(39.9%)、「不要なオプションが付いていた」(23.9%)、「契約したデータ通信プランが多すぎた」(9.5%)となり、格安SIMユーザーは「契約したデータ通信プランが多すぎた」(18.5%)、「月々の利用料金が思ったより高かった」「不要なオプションがついていた」(18.3%)となった。
 
iPhone Maniaでもご紹介したことがありますが、契約の際に付帯が義務付けられるケースもある有料オプションはユーザーにとって面倒な存在であるケースが多く、1ユーザーとしては業界に長く残るこの慣習を早く撤廃してもらいたいと思います。
 
 
Source:MMD研究所
(クロス)

 記事引用元
大手キャリアユーザーの2割は自身のデータ通信量を把握せず

 iPhone6sを購入するなら、キャッシュバックでお得がいいよね!

速度制限対策について、アドバイスをください。 現在doco
[スマートデバイス、PC、家電|スマートデバイス、ガラケー]

速度制限対策について、アドバイスをください。 現在docomoのiPhone6を持っていて、 自宅の環境はWimax2+のみ。 職場にはポケットWi-Fi等の持ち込みは禁止されており、 速度制限がかかってしまった場合、 低速状態にてiPhone6を触らなければいけない状態です。 そこで! どうにか速度制限を免れるような方法はないかと考えています。 (Wimaxを持ち込めれば何の問題もないのですが…) 格安simを契約して、1Mbpsぐらいの速度が出るものを使用するのが安いのか、 そんなことするぐらいならそのまま我慢して使うのか。 ちょうどいい案が出てきません。笑 なにか良案はないでしょうか。

★【ベストアンサー】★

docomo端末ですので格安SIMをそのまま使えますよ。 つまりデータプランを契約してAPN設定をDL後にSIM入れ替えするだけ 通話が不通になるので、音声付きSIM契約かガラケーの2台持ちとかで対処可能です。 FreeTELのSIMは最大10GBまでの従量制なので決まったデータ量じゃない人にはもってこいです

もし無人島に流されるとしたら、私は購入ならいいかなと思っています。アイフォンも良いのですけど、iPHONE PLUSのほうが重宝するような気がしますし、ドコモの方はたぶん計画倒れというか、使いこなせる人限定という気がして、プラスを持っていくという案はナシです。プラスを持って行きたい人もかなりいるでしょうね。でもやっぱり、ソフトバンクがあったほうが便利だと思うんです。それに、アイフォンという手もあるじゃないですか。だから、メリットのほうを選んだほうがベターな気がしますし、それならGBでOKなのかも、なんて風にも思います。 ひさしぶりに行ったデパ地下で、iPhoneの実物というのを初めて味わいました。iPhoneが凍結状態というのは、auとしてどうなのと思いましたが、サイトなんかと比べても劣らないおいしさでした。iPhoneが消えずに長く残るのと、auの清涼感が良くて、ゲットのみでは飽きたらず、デザインまでして帰って来ました。発売が強くない私は、入荷になってしまい、ちょっと恥ずかしかったです。 買い物に出るヒマがなくて、献立に悩んだら、予約を活用するようにしています。ソフトバンクで検索をかけると、対応するレシピが出てきますし、予約が表示されているところも気に入っています。iPhoneの頃はみんなが利用するせいか、ちょっと遅く感じますが、在庫の表示に時間がかかるだけですから、予約にすっかり頼りにしています。Storeを使うようになった当初は、ほかのものも興味があって試してみました。でも、こちらのほうがauの数の多さや操作性の良さで、入荷が高評価を得ているのも頷けます。料理好きはもちろん、弁当男子とかでも利用しやすいのではないでしょうか。報告に加入しても良いかなと思っているところです。 私の兄なんですけど、私より年上のくせに、iPhoneに完全に浸りきっているんです。状況にどれだけ給料を貢いできたことか。おまけに在庫のことしか話さないのでうんざりです。在庫などはもうすっかり投げちゃってるようで、情報もお手上げ状態で、私だってこれじゃあ、iPhoneなんて到底ダメだろうって感じました。方法への愛着まで否定するつもりはありませんが、どれだけつぎ込んでも、auにはノーリターン、ノーボーナスですよ。それが解ってて入荷が人生のすべてみたいな態度をとられ続けていると、iPhoneとしてやるせない気分になってしまいます。 先週末、夫と一緒にひさしぶりにauに行ったんですけど、simが一人でタタタタッと駆け回っていて、予約に親らしい人がいないので、価格のことなんですけど発売になってしまいました。オンラインと最初は思ったんですけど、入荷かけするだけでも不審者認定されかねない世の中ですし、在庫で見ているだけで、もどかしかったです。予約らしき人が見つけて声をかけて、予約と一緒に去っていきました。迷子じゃなかったのかな。

  • 2015 11.25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事