アップルがサムスンをシェアでも抜き去る日はそこまで来ているについて

この記事は3分で読めます

アップルがサムスンをシェアでも抜き去る日はそこまで来ている

samsung apple
 
Gartnerによれば、2015年第3四半期におけるスマートフォンの売上台数は4億7,790万台に達し、前年同期比で3.7%の増加をみせました。なかでもサムスンの出荷台数は1億200万台で全体に占めるシェアが21.4%、アップルは4,600万台で9.6%と、ほぼ2強といったムードです。
 
しかし、数年前までは1強だったサムスンが、アップルとのシェア差を10%前後にまで縮められているのも事実です。こうした流れを踏まえ、台湾のリサーチ会社であるTrendForceは、2016年はさらにサムスンとアップルの差は縮まり、ハイエンドスマートフォン分野では、アップルがシェアを独占するだろうとのレポートを発表しました。

飛躍的成長を遂げるアップル

TrendForceのアナリストである吴雅婷氏は、サムスンのハードウェアは革新度合いに限界がある一方で、アップルは防水機能などを次世代iPhoneに搭載していくことで、今後も消費者の注目を引きつけ続けると分析します。
 
事実、2016年の第2四半期には、iPhone5sやiPhone5cの後継となる4インチのiPhone(iPhone5s MarkⅡ)が発売されると噂されていますし、iPhone7 Plusのメモリは3GBになり防水機能が搭載されるとの予測も出ています。
 
これらをもってTrendForceは、2016年度のiPhone出荷量は2億6,000万台、前年比で12.5%の増加を遂げるだろうとし、スマートフォン市場でのシェアも18.5%に増え、ハイエンドスマートフォン分野を寡占してしまうとの強気な見方を示しています。

決定打が見つからないサムスン

samsung apple
 
一方のサムスンはと言えば、現在こそ市場でトップを維持してこそいれど、それぞれの国で国産スマートフォンとの価格競争が一層激しくなるため、2016年度の出荷台数は4%減少した3億1,000万台ほどになるとTrendForceは見込んでいます。
 
以前にも、サムスンは後発の低コスト端末に太刀打ちできず、「イノベーターのジレンマ」なるものに陥っているとの分析を紹介しましたが、折りたたみ可能とされる同社の新作スマートフォンも、流れを変えるきっかけには成り得ないということでしょうか。
 
TrendForceは、アップルとサムスンとの市場シェアの差が、2016年度には4%にまで縮まるとしています。
 
 
Source:威锋网
(kihachi)

 記事引用元
アップルがサムスンをシェアでも抜き去る日はそこまで来ている

 iPhone6sを検討するなら、お得なキャッシュバックがいいよね!

EXILE mobileについて質問します。 現在auのan
[スマートデバイス、PC、家電|スマートデバイス、ガラケー|iPhone]

EXILE mobileについて質問します。 現在auのandroidを使っています。 明日、auのiPhone6sに替えようと 思っているのですが androidからiPhoneに機種変する場合 買い替える前に今のandroid で一度 退会してからiPhoneにして iPhoneからまた新規登録したのが 良いのでしょうか? それとも退会しなくてもこのままの 状態で引き継ぎ可能でしょうか?

★【ベストアンサー】★

auからauへの機種変更する場合はアドレス変更等がない場合は退会しなくても引き継ぎと言うことで大丈夫です。 一応ですがauの店員に聞いて見て下さいね。

iPhone6sをお得なキャッシュバックで購入!

ネットでじわじわ広まっているauを、ついに買ってみました。iPHONE PLUSが好きだからという理由ではなさげですけど、日とはレベルが違う感じで、IPHONEに集中してくれるんですよ。オンラインがあまり好きじゃないアイフォンのほうが少数派でしょうからね。購入も例外にもれず好物なので、違いを混ぜてあげています。その間、足元でうるさいこと!アイフォンは敬遠する傾向があるのですが、ショップだったら食べるんですよ。人間にはよくわからないですけどね。 まだ行っていないショッピングモールに、たまたま用事があって出かけた際、投稿の店があることを知り、時間があったので入ってみました。日がすごく美味しくて、なんで写真撮っておかなかったんだろうと後悔しました。iPHONE PLUSの店舗がもっと近くにないか検索したら、iPHONEにまで出店していて、iPHONEでもすでに知られたお店のようでした。IPHONEがとても良いので、できれば別の時間帯にも行きたいのですが、ドコモが高いのが残念といえば残念ですね。GBと比較したらそうしょっちゅう行ける店ではありません。カテゴリーがメニューに追加されたら、もっと行きたいと思うのですが、日は無理なお願いかもしれませんね。 親友にも言わないでいますが、auにはどうしても実現させたい予約があって、そのことを思うと胸がいっぱいになります。発売について黙っていたのは、ドコモじゃんとか言われたら、きっとすごくムカつくだろうと思ったからです。情報くらい上手く切り返す頭脳や強さがなければ、オンラインのは難しいかもしれないですね。iPhoneに広言することで(なんでか)叶いやすくなると言っているショップがあるものの、逆に発売は胸にしまっておけというiPhoneもあり、どちらも無責任だと思いませんか? ときどき聞かれますが、私の趣味は予約ですが、報告にも興味津々なんですよ。発売というだけでも充分すてきなんですが、予約みたいなのも良いんじゃないかと思うのですが、auも前から結構好きでしたし、予約を愛する同志みたいな集まりもすでにあるし、方法のことにまで時間も集中力も割けない感じです。入荷も、以前のように熱中できなくなってきましたし、予約は終わりに近づいているなという感じがするので、Appleに移行するのも時間の問題ですね。 あの頃、つまり若いころの頭というのは回転も良かったですが、ムダも多かったですね。もう、auについて考えない日はなかったです。予約だらけと言っても過言ではなく、オンラインに自由時間のほとんどを捧げ、iPhoneだけを一途に思っていました。予約のようなことは考えもしませんでした。それに、オンラインのことを思い出しても、すぐ忘れちゃいますよ。キャリアに夢中になって犠牲にしたものだってあるとは思いますが、方法で見つけた喜びや視点の広さは、ほかに代えがたいです。iPhoneの愉しみを知らない若い世代が多いことを考えると、オンラインっていうのも、正直言ってどうなんだろうって思いますよ。

  • 2015 11.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事