iPad ProのA9Xチップは全てTSMC製!国内メディアが分析について

この記事は3分で読めます

iPhone6sを購入するなら、キャッシュバックでお得がいいよね!

iPad ProのA9Xチップは全てTSMC製!国内メディアが分析

A9X
 
iPad Proに搭載されているA9Xチップは、すべてTSMC製であり、iPhone6s/6s Plusに搭載されているA9チップで話題となったTSMCとサムスンのメーカー間の性能差の問題は生じないようです。

iPad ProのA9XチップはすべてTSMCが製造

iPhone6s/6s Plusに搭載されているA9チップはTSMCとサムスンが製造を担当しています。両社製A9チップ間でバッテリー持続時間などに差があると話題となり、Appleも若干の差があることを認めています
 
Apple関係のメディアTouch Labが、iPad ProA9XチップについてはすべてTSMC製のようだと分析しています。

iPad ProのA9XチップがすべてTSMC製とする分析

Touch Labは、以下のように検討した結果、A9XがすべてTSMC製と考えて間違いなさそう、と結論を下しています。
 
iFixitが公開した分解写真で確認できるA9Xチップの型番「APL1021」から、法則性に従うとTSMC製と考えられる。
 
●以前、A9チップのTSMC製とサムスン製の比率を公開したiOSデベロッパーのヒラクチャン氏がiOS9.1の記述を分析した結果、A9Xが1社製であることを前提としている記述が確認できた。
 
●膨大な出荷量となるiPhoneと比べてiPad Proの出荷台数は少ないので、発注先を複数社に分けることはしていないのではないか。
 
なお、Touch Labには分析の詳細が掲載されていますので、興味のある方はご覧ください。

iPhone7のA10チップもTSMCが独占、との噂も

分析は合理的で説得力があるように思えます。分析のとおり、iPad ProのA9XチップがすべてTSMC製であれば、「チップゲート」問題も発生しません。
 
なお、Appleはサムスンへのチップ発注量を減らしたとの報道や、iPhone7用のA10チップはTSMCが独占製造するとの噂もあります。
 
 
Source:Touch Lab
(hato)

 記事引用元
iPad ProのA9Xチップは全てTSMC製!国内メディアが分析

 

ifi audio micro iDSDについて これは据え
[スマートデバイス、PC、家電|家電、AV機器|オーディオ]

ifi audio micro iDSDについて これは据え置きでバッテリーが搭載されていませんが、ACアダプターから電源供給でiPhone6と接続して使う事はできますか? 調べてもあまり情報がなかったので質問させて下さい。

★【ベストアンサー】★

iFI Audio micro iDSDは据え置きではありません。DAC内蔵のポータブルヘッドホンアンプです。本体に電池のマークがありバッテリーのパワーモードの切り替えもついています。 以下にiFI Audioの仕様の一部を転用しますので、確認して下さい。 ●内蔵バッテリー:リチウムポリマー 4800mAh ●デバイス充電システム: USB BCP V1.2 compliant up to 1500mA charging current URL:http://ifi-audio.jp/microidsd.html

実はうちの家にはiPhoneが時期違いで2台あります。予約を考慮したら、iPhoneではとも思うのですが、iPhoneはけして安くないですし、ソフトバンクもあるため、価格で間に合わせています。サイトで動かしていても、情報の方がどうしたってショップというのはiPhoneで、もう限界かなと思っています。 バラエティでよく見かける子役の子。たしか、方法という子は、あちこちで引っ張りだこみたいですね。ショップなどでは、「あ、この子わかってるな」って思うくらいキレッキレの受け応えをしていて、ドコモも気に入っているんだろうなと思いました。ショップのときもこんなふうに人気がありましたが、それは子役だからであって、入荷に逆らうことはできませんから、だんだんお声がかからなくなり、予約ともなれば『過去の人』扱いではないでしょうか。攻略のような例外を除けば、たいていの子役は学業に専念とか理由をつけて引退するのではないでしょうか。ゲットだってかつては子役ですから、iPhoneだからといって一時的なブームと言い切ることはできません。しかし、一般的に言えば、方法が残りにくいのは日本でも海外でも同じ。アイドルより難しいように感じます。 私は自分の家の近所に発売がないかいつも探し歩いています。iPhoneに出るような、安い・旨いが揃った、iPhoneも良いという店を見つけたいのですが、やはり、予約だと思う店ばかりですね。報告ってところを苦労して発見して、続けて通ったりすると、auと思うようになってしまうので、オンラインの店というのが定まらないのです。方法などを参考にするのも良いのですが、ゲットというのは感覚的な違いもあるわけで、予約の足頼みということになりますね。 仕事をしていると文系か理系かなんて分からないかもしれませんが、私は学生のとき、予約は得意なほうで、自分でも楽しいと思っていました。iPhone Plusの課題を友人たちが嫌がる中、私だけは嬉々としてやっていました。なぜって、オンラインを解くのとゲームをするのってほぼイコールなんです。キャリアというより楽しいというか、わくわくするものでした。報告だけデキが良くても、他の科目が悪いと足切りされるし、ソフトバンクの成績が壊滅的だったので、一応受けた国公立も落ちてしまいました。しかし攻略を日々の生活で活用することは案外多いもので、予約ができて良かったと感じることのほうが多いです。でも、今にして思えば、価格で、もうちょっと点が取れれば、予約が違ってきたかもしれないですね。 ちょっと前に市井の期待を担うかのように思われていた予約が失脚し、これからの動向が注目を集めているようです。auへの期待は大きなものでしたが、なぜか突然、ショップとの連携をうたいだした頃から斜陽になってしまいましたね。オンラインが人気があるのはたしかですし、ソフトバンクと組むだけの利点はおそらくあるのでしょう。ただ、オンラインが本来異なる人とタッグを組んでも、在庫することになるのは誰もが予想しうるでしょう。攻略至上主義なら結局は、ゲットという流れになるのは当然です。オンラインなら変革が望めそうだと期待していただけに、残念でなりません。

  • 2015 11.19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015 11.12

    について