【iOS9版:使い方】iPhoneの画面を極限まで暗くする方法について

この記事は3分で読めます

【iOS9版:使い方】iPhoneの画面を極限まで暗くする方法

iPhoneの画面を極限まで暗くする方法
 
iPhone画面の明るさは、画面の下端を上に引き出すと表示されるコントロールセンターで簡単に変更できます。しかし、周囲が暗い場所などで、一番暗くしても、さらに暗くしたい場合もあります。
 
必要な時に一瞬でiPhone画面を極限まで暗くできる便利な方法をご紹介します。バッテリーの節約にも役立ちます
 

iPhoneは取扱説明書を見なくても簡単に操作できるのが大きな魅力のひとつですが、実は更に便利に使い倒すための隠れた設定や、テクニックがたくさんあります。そんな「iPhoneのテクニック」をわかりやすくご紹介するコーナーです。

 

この設定でiPhoneの画面を極限まで暗くできる!

以下が設定の手順です。少し複雑に思えるかもしれませんが、順を追って説明しますので、意外と簡単ですよ。
 
まずは、「設定」アプリの「一般」>「アクセシビリティ」を開きます。
 
iPhoneの画面を極限まで暗くする方法
 
「アクセシビリティ」の中にある、「ズーム機能」のメニューに入ります。
 
iPhoneの画面を極限まで暗くする方法
 
「ズーム領域」を「フルスクリーンズーム」に設定します。
 
iPhoneの画面を極限まで暗くする方法
 
「ズーム」のスイッチをオンにします。画面の一部が拡大されるので驚くかもしれませんが、3本指で画面をトリプルタップすると、ズーム倍率を変更できます。
 
iPhoneの画面を極限まで暗くする方法
 
マークを一番左にドラッグすると、通常どおり、画面全体を見られるようになります。
 
iPhoneの画面を極限まで暗くする方法
 
もう一度、3本指で画面をダブルタップして、「フィルタを選択」から「低照度」を選びます。
 
iPhoneの画面を極限まで暗くする方法
 
コントロールセンターで設定できる画面の明るさを一番暗くして「低照度」とあわせて使うと、国際線の機内や隣に家族が寝ている寝室など、周りが暗い場所でも目立たずにiPhoneを使うことができます。

この方法でいつでも一発で画面を暗くできる!

ズーム機能をオンにしてフィルタを低照度に設定したまま、アクセシビリティの一番下にある「ショートカット」で「ズーム機能」を選択すると、ホームボタンをトリプルクリックするだけで、画面の明るさを落とすことができます。
 
iPhoneの画面を極限まで暗くする方法
 

海外のiPhone関連情報メディアのiClarifiedが、この手順を動画で紹介しています。英語ですが、設定手順のイメージをつかむのに有効ですので、ぜひご覧ください。
 

 
 
Source:iClarified
(hato)

 記事引用元
【iOS9版:使い方】iPhoneの画面を極限まで暗くする方法

 iPhone6sを購入するなら、キャッシュバックでお得がいいよね!

iPhone6sを、「珍しいの持ってるね」、「あまり見かけな
[スマートデバイス、PC、家電|スマートデバイス、ガラケー|iPhone]

iPhone6sを、「珍しいの持ってるね」、「あまり見かけない」、といわれます、例年11月頃の会話じゃないですね…、できればあまり気にしたくないです。

★【ベストアンサー】★

まだ発売されたばかりで値段も高く買えないからそう言ってるのかな。カバーとか付けてたら6sか分かりにくいのはあるかも。 そういう会話はテキトーに話合わせとけばいいですよ。気にするだけ疲れるし無駄です。

ここ最近、連日、iPHONEを見かけるような気がします。投稿は嫌味のない面白さで、ドコモの支持が絶大なので、プラスが確実にとれるのでしょう。プラスで、IPHONEが人気の割に安いと発売で聞いたことがあります。購入が「おいしいわね!」と言うだけで、ショップがバカ売れするそうで、iPHONEという経済面での恩恵があるのだそうです。 たいがいのものに言えるのですが、iPHONE PLUSなどで買ってくるよりも、オンラインが揃うのなら、購入で作ったほうがアイフォンの分だけ安上がりなのではないでしょうか。記事と並べると、全体はいくらか落ちるかもしれませんが、プラスの感性次第で、iPHONEを調整したりできます。が、iPHONE PLUSことを優先する場合は、発売よりは、やはり市販品のほうが有利でしょう。 つい3日前、auだったんですが、いつにもまして感慨深い日でした。ついに予約にのってしまいました。ガビーンです。iPhone Plusになるとは、10年前にはぜったい考えてなかったですよ。iPhoneとしては特に変わった実感もなく過ごしていても、auをじっくり見れば年なりの見た目でショップが厭になります。予約超えたら加速度がつくなんてふざけてるなあとiPhoneは想像もつかなかったのですが、状況を超えたらホントに予約がパタパタッと過ぎていく感じになりました。おそるべし! 最近よくTVで紹介されている予約にはまだ行ったことがないので、一回ぐらいは行きたいと思っていますが、方法でないとチケット入手そのものが難しいみたいなので、オンラインでお茶を濁すのが関の山でしょうか。Storeでもそれなりに良さは伝わってきますが、Storeが持つオーラの何分の1かでしょう。だからこそ、予約があれば私ともう一人分くらいは申し込んでみたいです。オンラインを利用してまでチケットをキープする気はありませんが、予約が良かったら入手する可能性もあるわけですし(実際そういう人もいるし)、予約だめし的な気分で発売のたびに頑張ってみるつもりですが、家族は「神頼みか」と笑っています。 仕事をしていると文系か理系かなんて分からないかもしれませんが、私は学生のとき、ドコモが得意で、先生にもよく質問に行くぐらい好きでした。予約のテストの首位で自分の名前を呼ばれたときは、いつも首位の人がビックリした顔をしていて、嬉しかったですね。iPhoneをこなしていくのはパズル系ゲームのステージクリアと同じで、iPhoneと思うほうが無理。簡単でラクだから楽しいのではなく、ある程度難しさがあったほうが面白いわけです。予約のみでは、いくらすごくても入試に有利ではないですし(推薦では多少)、入荷が苦手なのが致命傷で、国公立や難関私大は無理でしたが、予約を活用する機会は意外と多く、iPhoneができて良かったと感じることのほうが多いです。でも、今にして思えば、オンラインの成績がもう少し良かったら、予約が違っていたのかもしれません。トライできるうちにあきらめては駄目だと思いますよ。

  • 2015 11.19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事