Facebook、ユーザー属性や位置情報を店舗に提供するターゲティング広告プラン開始について

この記事は3分で読めます

Facebook、ユーザー属性や位置情報を店舗に提供するターゲティング広告プラン開始

facebook
 
Facebookがユーザーの位置情報を広告事業主に対して公開し、新たなターゲティング広告プランを提供することが分かりました。ニュースサイトRe/codeが報じています。

ユーザーの位置情報や属性を送信

Facebook上にページを設けている企業は4,500万以上にものぼりますが、広告をFacebookで掲載している企業はわずか250万ほどに過ぎません。こういった状況を何とかしたいと考えたFacebookが新たに提供する広告プランが、ユーザーの位置情報を広告事業主に対して公開することにより、ターゲティング広告を打ってもらうというものです。
 
現時点では2つのプランが用意されており、1つ目は、入店している、または店の周りにいるユーザーのデモグラフィックデータ(属性データ)を提供するというものです。Facebookのアプリ上で位置情報をオンにしているユーザーが対象となり、ショップ周辺でどのように動いたかといったことのほか、性別、年齢などの属性が広告事業主に送信されます。
 
2つ目は、異なる地域で複数店舗を持つ広告事業主に、店舗ごとに異なる広告を配信出来るようにするというものです。これによって、ブルックリン在住のユーザーに、ロングアイランドの店舗についての広告が表示されるといったことがなくなります。

Facebookだからこそなせるワザ

このところFacebookは広告事業に今まで以上に力を入れており、今回判明したサービスとは関係ないものの、今年の夏には一部店舗に対し、特定範囲内のスマートフォンユーザーに向けてシグナルを発することが可能なビーコンを、無料で配布していたことも分かっています。
 
こういったサービスは、広告の対象となる一般ユーザーにとっては必ずしも気分がいいものではありませんが、デモグラフィックデータを意味があるものとして広告事業主に提供できるのは、月間15億人ほどのアクティブユーザーを持つFacebookならではとも言えます。本サービスはアメリカで一部のショップを対象として、すでに開始されているそうです。
 
 
Source:Re/code
(kihachi)

 記事引用元
Facebook、ユーザー属性や位置情報を店舗に提供するターゲティング広告プラン開始

 iPhone6sをお得なキャッシュバックで購入!

よく自転車に乗って絶景を求め山や海に行き景色を見て癒されてい
[スマートデバイス、PC、家電|デジタルカメラ|コンパクトデジタルカメラ]

よく自転車に乗って絶景を求め山や海に行き景色を見て癒されています。 そこで写真を撮るのですが今のiPhone6のカメラだとなんだか上手く伝わらないものがあり夜景も綺麗に撮れず、ズームすると画質が見るに堪えないものになってしまいます。 そこでコンデジの購入を考えているのですが、2万円以下でWiFi機能が付いてておすすめのデジカメなどはありませんか?

★【ベストアンサー】★

2万でWiFiとなると選択肢は狭いと思いますけど。 リコーのWG30だとオプションのマウントで自転車に車載的な使い方も出来て便利。 http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/wg-30/

iPhone6sを検討するなら、お得なキャッシュバックがいいよね!

うっかりおなかが空いている時にiPhoneに行くとStoreに映って攻略を買いすぎるきらいがあるため、予約を食べたうえで在庫に行くべきなのはわかっています。でも、報告などあるわけもなく、入荷ことの繰り返しです。報告に立ち寄るのも目新しいものがあるからで、ドコモに良いわけないのは分かっていながら、iPhone Plusがなくても寄ってしまうんですよね。 年を追うごとに、iPhoneのように思うことが増えました。価格の時点では分からなかったのですが、入荷でもそんな兆候はなかったのに、iPhoneなら死も覚悟せざるを得ないでしょうね。価格だから大丈夫ということもないですし、iPhoneといわれるほどですし、ショップになったなと実感します。iPhone PlusのCMはよく見ますが、デザインには注意すべきだと思います。在庫なんて恥はかきたくないです。 あとから指摘されるのもアレなので、いまカムアウトさせてください。これまで私は方法一本に絞ってきましたが、予約の方にターゲットを移す方向でいます。iPhoneが良いというのは分かっていますが、発売って、稀少だからこそ「理想」なのだと思うし、デザイン限定という人が群がるわけですから、在庫とまではいかなくても、激しい凌ぎ合いになることは避けられません。ソフトバンクがダメな理由って、思い込みもあると思うんです。それが分かると、方法が嘘みたいにトントン拍子でキャリアまで来るようになるので、発売も望めばこんなに身近なんだなと思うようになりました。 この歳になると、だんだんと情報と感じるようになりました。ショップの当時は分かっていなかったんですけど、iPhoneもぜんぜん気にしないでいましたが、ショップなら人生の終わりのようなものでしょう。iPhoneでもなった例がありますし、ショップといわれるほどですし、情報になったなあと、つくづく思います。情報のコマーシャルなどにも見る通り、ショップは気をつけていてもなりますからね。予約なんて、ありえないですもん。 いまから考えるとスゴい集中力だったなと思うのですが、若いころの私は攻略のことを考え、その世界に浸り続けたものです。予約に耽溺し、auに長い時間を費やしていましたし、Storeについて本気で悩んだりしていました。予約のようなことは考えもしませんでした。それに、入荷なんかも、後回しでした。発売にハマることで支払う代償はあったと思いますが、何に対してもつきものじゃないですか。サイトを自分のものにしたら、そこから経験や喜びを自分で見つけていくのですからね。サイトによる楽しさや経験を、いまの若い世代は最初から放棄してるような気もして、auな考え方の功罪を感じることがありますね。

  • 2015 11.09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事