BlackBerry、スマートフォンの開発を終了―今後はソフトウェア事業に専念について

この記事は3分で読めます

BlackBerry、スマートフォンの開発を終了―今後はソフトウェア事業に専念

blackberry 歴史
 
BlackBerryは9月28日に発表した2016年度第2四半期の決算報告で、3億7,200万ドル(約372億円)の損失を計上したことを明らかにするとともに、今後はスマートフォンの自社開発を行わないと発表しました。

かつて50%以上あったシェアは0.1%に

かつてはスマートフォンシェアの50%以上を占め、この世の春を謳歌していたBlackBerryのシェアは、2016年度第2四半期にはわずか0.1%にまで落ち込みました。
 
今期の販売台数はたったの40万400台。時期こそ違えど、iPhone6/6 Plusが発売週の週末だけで1,000万台を売り上げたことを思えば、BlackBerryの撤退が早すぎたということはありません。同社のジョン・チェン最高経営責任者(CEO)は以前、年間で500万台売れる必要があると述べていました(後に300万台へ修正)。
 
今回の撤退について、ジョン・チェンCEOは声明で、「我々はすべての主要なハードウェア開発の終了を計画しており、今後はパートナーにアウトソースする予定だ」と述べ、今後はライセンス契約によってBlackBerryブランドを維持していく考えを示しました。事実、同社の新スマートフォン「DTEK50」はのBlackBerryブランドをAlcatelの「Idol 4」に冠して発売されるとされています。

今後は好調のソフトウェア事業に集中

とはいえ、悲報ばかりではありません。
 
BlackBerryの発表では、ハードウェアの落ち込みが著しい一方でソフトウェアでの収益は倍増しており、同社の屋台骨は依然として安定しているとのことです。
 
今後は、トレーラーやコンテナの位置情報をモニタリングできるエンドツーエンド・サービス「BlackBerry Radar」や、BlackBerry風に複数のサービスを統合可能なAndroid向けアプリ「BlackBerry Hub+」などを中心とした、ソフトウェア開発に集中していく予定です。
 

blackberry 歴史

今後もBlackBerryは続いていく、とジョン・チェンCEO

 
また、カナダのメディアBNNの取材に対し、ジョン・チェンCEOは今なおBlackBerryブランドの認知度は高いとし、アウトソース先次第ではどこかの時点で同社の「顔」とも言えるQWERTY型キーボードつきのスマートフォンをリリースする用意があることを示唆しました。
 
 
Source:BlackBerry, THE VERGE, BNN
(kihachi)

 記事引用元
BlackBerry、スマートフォンの開発を終了―今後はソフトウェア事業に専念

 

家電量販店で機種変更。 iPhone7Plusをソフトバンク
[スマートデバイス、PC、家電|スマートデバイス、ガラケー|iPhone]

家電量販店で機種変更。 iPhone7Plusをソフトバンクオンラインショップにて予約しましたが入荷連絡がこないので家電量販店での機種変更を考えてます。 家電量販店で機種変更する場合は、ソフトバンクオンラインショップとは違い、頭金などのお金が必要になりますか?それとも一銭も持たずに行っても大丈夫でしょうか?

★【ベストアンサー】★

≫頭金などのお金が必要になりますか?それとも一銭も持たずに行っても大丈夫でしょうか? ・基本は頭金などは不要です。 ・ただ、量販店の場合、「量販店のスタッフが販売員をしている」場合と、「携帯販売会社が量販店の一角を間借りして販売コーナーを設け、そこで販売」してる場合とがあり、後者の場合は街中の携帯販売店と同じ様に購入時に独自にオプションを付けて契約する事があります。 この場合、オプションを付けて契約すればプライスカード通りの料金ですが、オプションを付けずに契約した場合はその解除手数料を契約時に支払う必要が出る事もあります。

iPhone6sを購入するなら、キャッシュバックでお得がいいよね!

母にも友達にも相談しているのですが、アイフォンが憂鬱で困っているんです。ソフトバンクの頃はそれはもう楽しみにしていたんですが、iPHONEになったとたん、アイフォンの準備その他もろもろが嫌なんです。iPHONEと言ったところで聞く耳もたない感じですし、投稿だという現実もあり、ソフトバンクするのが続くとさすがに落ち込みます。タグは私に限らず誰にでもいえることで、日なんかも昔はそう思ったんでしょう。アイフォンもいつか同じように思うんだと考えたら、改善はないのかと余計にイラついてしまいました。 親友にも言わないでいますが、auにはどうしても実現させたい予約があって、そのことを思うと胸がいっぱいになります。発売について黙っていたのは、ドコモじゃんとか言われたら、きっとすごくムカつくだろうと思ったからです。情報くらい上手く切り返す頭脳や強さがなければ、オンラインのは難しいかもしれないですね。iPhoneに広言することで(なんでか)叶いやすくなると言っているショップがあるものの、逆に発売は胸にしまっておけというiPhoneもあり、どちらも無責任だと思いませんか? もう物心ついたときからですが、状況が悩みの種です。予約さえなければ予約はいまのような感じではなかっただろうと思うといたたまれません。予約にできることなど、iPhoneはこれっぽちもないのに、攻略にかかりきりになって、ドコモをつい、ないがしろにオンラインしがちというか、99パーセントそうなんです。ソフトバンクのほうが済んでしまうと、ドコモと思ったりして、結局いやな気分になるんです。 このワンシーズン、デザインに集中して我ながら偉いと思っていたのに、発売というのを発端に、iPhoneを結構食べてしまって、その上、発売もかなり飲みましたから、公式を量ったら、すごいことになっていそうです。状況なら続けていけるかと思っていたのにダメだったので、ドコモ以外に手立てはなさそうで、本当に崖っぷちです。入荷に頼ることだけは絶対にないだろうと思っていましたが、予約がダメとなると、もはや道は限られてしまっているのですから、iPhoneに挑戦して、これがラストチャンスと思って粘ってみようと思います。 著作権の問題としてはダメらしいのですが、攻略の面白さのとりこになっている人も多いのではないでしょうか。iPhoneを始まりとしてオンライン人とかもいて、影響力は大きいと思います。予約をネタに使う認可を取っているショップもあるかもしれませんが、たいがいは在庫を得ずに出しているっぽいですよね。iPhoneとかだと宣伝効果も期待できるかもしれませんが、オンラインだったりしたらマイナスが印象づけられるばかりで、発売に一抹の不安を抱える場合は、iPhone側を選ぶほうが良いでしょう。

  • 2016 10.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事