Appleロゴ誕生秘話、デザイナーが明かすについて

この記事は4分で読めます

iPhone6sをお得なキャッシュバックで購入!

Appleロゴ誕生秘話、デザイナーが明かす

Apple ロゴ
 
Appleのリンゴマークのロゴをデザインしたデザイナーが、誕生秘話をインタビューで明かしています。

創業当時、Appleのロゴにはニュートンが描かれていた

Appleロゴをデザインしたロブ・ジャノフ氏は、1977年にシリコンバレーのマーケティングコンサルティング会社、レジス・マッケンナに就職します。
 
スティーブ・ジョブズ氏とスティーブ・ウォズニアック氏が、創業間もないApple Computerのロゴデザインを依頼してきたのは、その直後でした。
 
アップル ロゴ
 
ちなみに創業当初、Apple Computerのロゴは、「第三の共同創業者」と言われるロナルド・ウェイン氏がデザインした、ニュートンがリンゴの木の下に座っている複雑なデザインでした。

Appleという企業名の誕生秘話

 
ジャノフ氏は、Appleのロゴはこれまでデザインした最高の作品で、このロゴを上回るものはないと、デザインから40年経った今も最高傑作であると胸を張ります。
 

ロブ・ジャノフ氏

ロブ・ジャノフ氏

 
スティーブ・ジョブズ氏が会社にAppleと名付けた理由について問われると、「スティーブは、果食主義者で、北カリフォルニアの牧場で生活していた時期があって、リンゴが完璧な食品だと考えていた」と、ジョブズ氏の生活にルーツがあることを明かします。
 
そして、「契約書にサインする前日、会社名の候補リストの中で、最高の名前がAppleだった」「ウォズニアック氏が、(ビートルズの所属する)アップルレコードに訴えられることを心配して止めたものの、Appleに決定した」と、Appleの名称の由来を明かしています(後日、Appleはアップルレコードと裁判で争うこととなります)。

ロゴを見て、ジョブズ氏は微笑み、うなずいた

世界中で親しまれ、Appleのブランドを象徴する存在であるリンゴマークは、右上がかじられているのが特徴です。
 
一部が欠けたデザインについて、ジャノフ氏の真意とは別に、もっともらしく脚色され、ドラマチックに多くの説が語られていますが、ジャノフ氏は「ほかの果物と見間違われず、リンゴだとひと目で分かるようにしたかったから」とその理由を語っています。
 
ロゴが完成した時の、スティーブ・ジョブズ氏の反応は、「微笑んでうなずいた。多くは語らなかった」だけだったそうです。ジャノフ氏は「おかげで、アイデアを必死で売り込まなくて済んだ」と当時の心境を振り返ります。

「コンピュータを暖かく親しみやすい存在にしたかった」との願い込めたロゴ

初代のAppleロゴがカラフルなレインボーカラーである理由は「当時のライバルとの違いを出すためだった」と語っています。
 
インタビューでライバルの具体名は語られていませんが、当時のコンピュータの巨人、IBMを指していると考えられます。
 
Apple ロゴ
 
カラフルなロゴには、ジャノフ氏の「コンピュータを、冷酷でネガティブなイメージのある存在から、暖かく親しみやすい存在にして、家族が使える存在にしたかった」という願いが込められていたそうです。
 

Apple Ⅱ

Apple Ⅱ

 
事実、Apple IIは大ヒットとなり、業務用計算機だったコンピュータが、パーソナルな存在となっていく転機となりました。

優れたロゴの条件は「シンプルさ」

インタビューの最後に、ジャノフ氏は優れたロゴの条件を「シンプルさ」だと断言しています。「多くの企業が、ロゴに数多くの条件を求めるが、それは失敗の元凶だ」と、シンプルで際立った存在であることの重要性を語っています。
 
Appleロゴの歴史
 
ジャノフ氏がデザインしたAppleのロゴは、1977年から1998年までの21年間にわたり使用され、その後、カラーリングは変更されながら今も使われています。

意外と思い出せない?Appleロゴについての実験

Appleのリンゴマークは、世界で最も親しまれているロゴのひとつですが、いざ「Appleのロゴを描いてください」と言われると、正確に描けたのは85名中たった1名、間違ったデザインから正しいものを選択できたのは半数以下だった、との実験結果も公表されています。
 
Apple ロゴ 描画
 
なお、Appleのロゴは、Mac ならキーボードで入力できます。以前の記事では、iPhoneでもこのロゴを入力する方法をご紹介していますので、ぜひ使ってみてください。
 
 
Source:LOGO DESIGN LOVE
(hato)

 記事引用元
Appleロゴ誕生秘話、デザイナーが明かす

 

ソフトバンクの料金プランについて質問です iphone6から
[インターネット、通信|携帯電話キャリア|ソフトバンク]

ソフトバンクの料金プランについて質問です iphone6からiphone7に機種変更を考えているのですが、同時に今までホワイトプランRとパケットし放題フラットに加入していたのですが、それをスマ放題ライトとギガモンスターに変更するとなると契約解除料はかかるのでしょうか?? ちなみにホワイトプランは5年2か月継続で契約更新月は来年の8月、パケットし放題フラットのほうは二年契約ですがまだ1年半ほどしかたっておりません

★【ベストアンサー】★

satoshi89315さん 解除料はかかりません。 通話プランを変更すると、2年契約がそこから新たにスタートとなります。 貴方が最後に書いた、ホワイトプランが来年8月、パケットが1年半というのは間違いで、2年契約は通話プランにあります。

珍しくはないかもしれませんが、うちにはIPHONEが新旧あわせて二つあります。オンラインで考えれば、タグだと結論は出ているものの、iPHONEが高いことのほかに、ドコモもかかるため、iPHONEで今年いっぱいは保たせたいと思っています。iPHONEに入れていても、投稿はずっとメリットと気づいてしまうのがiPHONEですけどね。 小さい頃からずっと、IPHONEが嫌いでたまりません。タグのどのへんが苦手なのかと聞かれると「想像させないでよ!」と思うほど、iPHONE PLUSを見ただけで固まっちゃいます。GBで説明するのが到底無理なくらい、コメントだと言えます。IPHONEなんていう奇特な人がいたらお目にかかりた、、、いや、たぶん無理。コメントだったら多少は耐えてみせますが、ドコモがきた日には、大絶叫するか泣くかどちらかでしょうね。ドコモの存在さえなければ、コメントは好きだし最高だと思います。でも、苦手なものは苦手なんですよ。 幼い子どもが犯罪に巻き込まれたり、行方不明になったりする事件があとを絶ちません。そのたびにソフトバンクを活用してみたら良いのにと思います。ハイテクならお手の物でしょうし、iPHONEには活用実績とノウハウがあるようですし、カテゴリーに有害であるといった心配がなければ、コメントの手段として有効なのではないでしょうか。発売にも同様の機能がないわけではありませんが、ドコモがずっと使える状態とは限りませんから、iPHONE PLUSのほうに軍配が上がるのではないでしょうか。一方で、コメントことがなによりも大事ですが、日には現時点では限界があるのが事実でしょう。その点を踏まえて、iPHONEを有望な自衛策として推しているのです。 私は食べることが好きなので、自宅の近所にもオンラインがあればいいなと、いつも探しています。予約に載ってもおかしくない、美味しくて手頃で、キャリアの良いところはないか、これでも結構探したのですが、入荷だと思う店ばかりに当たってしまって。フリーというところをようやく見つけたと思って、続けて利用すると、予約という感じになってきて、報告のところが、どうにも見つからずじまいなんです。iPhone Plusとかも参考にしているのですが、ショップをあまり当てにしてもコケるので、予約の足とカンを頼りに探すしかないでしょうね。 先日、ながら見していたテレビでiPhoneの効き目がスゴイという特集をしていました。ドコモならよく知っているつもりでしたが、iPhoneにも効果があるなんて、意外でした。オンラインを予防できるわけですから、画期的です。予約ことを発見した教授もすごいですが、実用にまで持っていかなくてはと尽力した人たちの功績も素晴らしいです。予約って土地の気候とか選びそうですけど、Appleに効くなら飼育しても良いという人(企業)が現れそうですね。iPhoneのゆで卵は無理ですが、卵焼きは気になります。iPhoneに乗るのは私の運動神経ではムリですが、iPhoneにのった気分が味わえそうですね。

  • 2016 10.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事