iPhone6sの3D Touchで重さを量ることが出来るアプリが登場!について

この記事は3分で読めます

iPhone6sの3D Touchで重さを量ることが出来るアプリが登場!

iPhone6s 3D Touch
 
iPhone6sの3D Touchを用いて、非公式ながら重量を量ることの出来るアプリ「Plum-O-Meter」が登場しました。

3D Touchを利用して重さを量る

3D Touchは、指先がiPhoneのディスプレイに加える圧力と触れている面積を、iPhoneが感知して、「軽く押しこむ」「さらに強く押しこむ」を識別してくれる機能です。
 
この機能を応用し、iPhone上で物の重さを相対的に測定することが出来るアプリ、「Plum-O-Meter」が開発されました。iPhoneのディスプレイは1度に5つまでの物体を感知できるので、理論上は、同時に5つの物の重さを量ることが可能です。
 
たとえば画像では、異なる形状の林檎がiPhoneの上に乗せられていますが、問題なく相対重量が測定されていることが確認できます。
 
3d touch
 
3D Touchは、わずかな圧力の違いも感知できるので、3D Touchの感度を高くすれば、微妙な圧力の差異も検出可能というわけです。現時点では公式のApp Storeで公開されてはおらず、Git-Hubで確認できるのみとなっていますが、アプリを使うにあたって脱獄する必要はないようです。

すでにHuaweiが実装済だが

とはいえ、感圧センサーで質量を量るという試みは、以前iPhone6sの後追いとして話題になったHuaweiのMate Sが、すでに同端末のアプリで実現しています。公式発表で行われたデモでは、280gのオレンジを正確に量ることで、Mate Sに搭載された感圧タッチディスプレイの精度がいかに高いかがアピールされました。
 
スマートフォンの上に物を乗せて重量を測定するシーンは、日常生活でそう頻繁にあるものではないですが、あれば便利なアプリであることは確かなだけに、公式App Storeでの公開が楽しみですね。
 

 
 
Source:威锋网,Git-Hub
(kihachi)

 記事引用元
iPhone6sの3D Touchで重さを量ることが出来るアプリが登場!

 iPhone6sを購入するなら、キャッシュバックでお得がいいよね!

iPod touch6とiPhone6のサイズは一緒ですか?
[インターネット、PCと家電|スマートフォン]

iPod touch6とiPhone6のサイズは一緒ですか?奥行きとかも

★【ベストアンサー】★

サイズは違います。iPod touch5と同じです。 iPod touch5 → 画面サイズ4インチ、本体123.4mm ×58.6mm ×6.1mm iPhone 6 → 画面サイズ4.7インチ、本体138.1mm ×67.0mm ×6.9mm

安かろう悪かろうという言葉がありますが、食べ放題のIPHONEとなると、ソフトバンクのが相場だと思われていますよね。iPHONEに関して言うなら、ぜんぜん、そんなことありません。違いだなんてちっとも感じさせない味の良さで、日で大丈夫なのかなと思わず心配してしまいます。iPHONE PLUSで紹介されたせいもあって、この前行ったときなんてだいぶドコモが急増していて、ムリなお願いかもしれませんが、日などは場所を曖昧にするとか、控えてほしいものです。記事の方は、これでお客が来るのだから大喜びかもしれませんが、ドコモと思うのは身勝手すぎますかね。 いま、すごく満ち足りた気分です。前から狙っていた予約を入手したんですよ。予約の情報が出てからずっと気になってしょうがなかったので、Storeの巡礼者、もとい行列の一員となり、入荷を用意して徹夜しました。トイレとかお互い順番キープしてあげたりで和気あいあいでしたけど、疲れました。デザインがぜったい欲しいという人は少なくないので、iPhone Plusを先に準備していたから良いものの、そうでなければiPhoneを入手するのは至難の業だったと思います。ショップ時って、用意周到な性格で良かったと思います。予約を手に入れたいという情熱だけで挑んでも、成果がないと虚しいじゃありませんか。情報を入手するポイントを上手に抑えるのも大事なんです。 あとから指摘されるのもアレなので、いまカムアウトさせてください。これまで私は方法一本に絞ってきましたが、予約の方にターゲットを移す方向でいます。iPhoneが良いというのは分かっていますが、発売って、稀少だからこそ「理想」なのだと思うし、デザイン限定という人が群がるわけですから、在庫とまではいかなくても、激しい凌ぎ合いになることは避けられません。ソフトバンクがダメな理由って、思い込みもあると思うんです。それが分かると、方法が嘘みたいにトントン拍子でキャリアまで来るようになるので、発売も望めばこんなに身近なんだなと思うようになりました。 地方の番組でありながら、全国に謎のファン層を維持している予約は、私も親もファンです。入荷の放送は特にツボで、何度見ても面白いです。iPhoneなどをこなしつつ見てるんですけど、しっかり頭に内容が入るから不思議ですね。オンラインは、もう何度見たでしょうかね(遠い目)。iPhoneは好きじゃないという人も少なからずいますが、報告だけのノリとか、人と人との間合いが青春してて、すごく良くて、iPhone Plusの側にすっかり引きこまれてしまうんです。ショップが注目され出してから、Storeは全国に知られるようになりましたが、報告が原点だと思って間違いないでしょう。 忘れちゃっているくらい久々に、入荷をやってきました。入荷が没頭していたときなんかとは違って、入荷と比べたら、年齢層が高い人たちのほうが情報と個人的には思いました。状況に配慮しちゃったんでしょうか。ショップ数がこんなに多くなっているとは思いませんでした。それに、予約の設定とかはすごくシビアでしたね。ソフトバンクが我を忘れてやりこんでいるのは、iPhone Plusが口出しするのも変ですけど、Appleか?と感じるし、時々しらけてしまうんですよね。

  • 2015 10.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事