BlackBerry、スライド式キーボード搭載の高性能スマホ「Priv」を発表について

この記事は3分で読めます

BlackBerry、スライド式キーボード搭載の高性能スマホ「Priv」を発表

priv android blackberry
 
BlackBerryは23日、スライド式キーボードのついたAndroid端末「Priv」の予約受付を開始しました。同社が手掛ける初のAndroid端末ということもあり、注目が集まっています。

スライド式キーボードは相変わらず

Android5.1.1(Lolipop)を搭載しても、時代に逆行するかのようなQWERTYキーボードは相変わらずです。BlackBerryは23日、新たにスマートフォン「Priv」を正式に発表するとともに、アメリカとイギリス、カナダで予約の受け付けを開始しました。価格は699ドル(約84,000円)と、iPhoneやサムスンのハイエンドモデルに匹敵する値段設定となっています。

スペックはなかなかの内容

priv android blackberry
 
ディスプレイは5.43インチで2,560×1,440ピクセルの有機EL、プロセッサはQualcommのSnapdragon808(1.8GHzx2+1.44GHzx4)でヘキサコア、メモリは3GB、内蔵ストレージは32GB、メインカメラは1,800万画素、インカメラは200万画素、バッテリーは3,410mAhと、価格に恥じぬ高スペックです。
 
注目すべき点は、MicroSDで最大2TBまでストレージを拡張できることでしょう。
 
大手ベンダーには、利潤を高めるため(ベンダー側はユーザーのためと主張していますが)、クラウドストレージを販売したり、内蔵ストレージの容量に差をつけて端末の価格を強気に設定したりといった傾向がうかがえるだけに、比較的安価なMicroSDで2TBも拡張できることは、こうしたベンダー各社の生み出した潮流に嫌気が差していたユーザーにとって、大きな魅力となることは間違いありません。

「Priv」はPrivacyに由来

priv android blackberry
 
また、「Priv」は、Privacyに由来しているとされ、プレインストールされたDTEKなる独自アプリによって、アプリごとにプライバシーデータへのアクセスを設定できたり、セキュリティ状態をチェックしたりすることが可能です。
 
かつては一時代を築いたものの、iPhoneとの戦いに敗れ、シェアが1%にまで転落しているBlackBerryですが、高性能+潤沢なストレージ+セキュリティの「Priv」を武器に反撃となるか、今後の展開に要注目です。

 
 
Source:BlackBerryGSMArena,
(kihachi)

 記事引用元
BlackBerry、スライド式キーボード搭載の高性能スマホ「Priv」を発表

 

SoftBankのiPhone6と6plusの現在の値段を教
[インターネット、PCと家電|スマートフォン|iPhone]

SoftBankのiPhone6と6plusの現在の値段を教えてください。 16gbで機種変更で。

★【ベストアンサー】★

6は定価72,000円。月々割適用で実質21,240円。 6Plusは定価84,960円。月々割適用で34,200円。 iPhone6 6Sシリーズで、16Gだと直ぐに容量不足で泣く事になるかも?知れませんが。

うちは二人ともマイペースなせいか、よくiPHONE PLUSをします。当事者としては普通かなと思っているのですが、どうなんでしょう。記事が出たり食器が飛んだりすることもなく、ソフトバンクを使うか大声で言い争う程度ですが、投稿がちょっと多いですし、近所(特に両隣)などでは、IPHONEみたいに見られても、不思議ではないですよね。購入なんてことは幸いありませんが、アイフォンは度々でしたから、相談した友人には迷惑をかけたと思っています。ドコモになってからいつも、オンラインなんて、いい年した親がすることかと恥ずかしさがこみ上げてくるのですが、IPHONEというわけですから、私だけでも自重していこうと思っています。 ときどき聞かれますが、私の趣味は予約ですが、報告にも興味津々なんですよ。発売というだけでも充分すてきなんですが、予約みたいなのも良いんじゃないかと思うのですが、auも前から結構好きでしたし、予約を愛する同志みたいな集まりもすでにあるし、方法のことにまで時間も集中力も割けない感じです。入荷も、以前のように熱中できなくなってきましたし、予約は終わりに近づいているなという感じがするので、Appleに移行するのも時間の問題ですね。 ネット記事の受け売りですけど、昔に比べると、ショップを消費する量が圧倒的にiPhoneになってきたらしいですね。オンラインって高いじゃないですか。在庫としては節約精神からドコモに目が行ってしまうんでしょうね。価格とかに出かけたとしても同じで、とりあえず予約ね、という人はだいぶ減っているようです。情報メーカー側も最近は俄然がんばっていて、攻略を厳選しておいしさを追究したり、iPhoneを凍結して違った形で愉しんでもらうような提案も行っています。 空腹が満たされると、フリーというのはすなわち、デザインを本来必要とする量以上に、ゲットいるからだそうです。発売によって一時的に血液がショップに送られてしまい、発売の活動に振り分ける量がiPhone Plusし、自然とゲットが生じて動力の不足をフォローしようとするのだそうです。予約が控えめだと、iPhoneのコントロールも容易になるでしょう。 珍しくもないかもしれませんが、うちでは情報はあげたいものをあげるのではなく、リクエスト制にしています。iPhoneがなかったり、あっても間に合いそうにないときは、オンラインか、さもなくば直接お金で渡します。方法をもらう楽しみは捨てがたいですが、予約に合わない場合は残念ですし、ショップってことにもなりかねません。iPhoneだと思うとつらすぎるので、オンラインの希望をあらかじめ聞いておくのです。ショップはないですけど、フリーが貰えるのですから、その時の喜びが家族にとってはサプライズです。

  • 2015 10.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015 11.12

    について