iPhone6の「タッチ病」は修理の約11%に〜原因はベンドゲートと同じについて

この記事は4分で読めます

iPhone6sを検討するなら、お得なキャッシュバックがいいよね!

iPhone6の「タッチ病」は修理の約11%に〜原因はベンドゲートと同じ

タッチ病
 
米メディアAppleInsiderが、Apple Store 4店舗からデータを収集した結果、通称「タッチ病」問題によるiPhone6/6 Plusの修理件数が、全体の約11%を占めていることが判明しました。

Apple Store 4店舗からデータ収集

AppleInsiderは来客数の多いApple Store 4店舗から、タッチ病問題について最初の記事が報じられる前の3日間、報道後の3日間の、計6日間におけるデータを集めました。
 
タッチ病とは、2014年に発売された一部のiPhone6/6 Plus(特にiPhone6 Plus)に起きている問題で、最初はディスプレイの上部に灰色のバーが表示されることから始まり、最終的にはディスプレイに指で触れてもまったく反応しなくなる、というものです。

報道前の数字

報道前に、Apple Storeのスペシャリストまたはジーニアスを予約して来店したり、またはアポなしで来店してアドバイスを求めたりした顧客の数は、4店で合計2,804人でした。うちiPhone6で相談を持ちかけたのは547人、iPhone6 Plusは965人でした。
 
8月20日から22日の間、4店で計47台のiPhone6、計265台のiPhone6 Plusが、Appleのスタッフからタッチ病と診断されています。
 
これをパーセントで表すと、iPhone6の8.5%、iPhone6 Plusでは27.5%が、タッチ病と判断されたことになります。

報道後は急増

タッチ病についての報道があった後、この症状を抱えるユーザーの来店数が急増しました。
 
8月23日から25日の間、問題を抱えるユーザーが4店で計3,039人来店し、うち564人はiPhone6ユーザー、1,094人はiPhone6 Plusユーザーでした。
 
その結果、66人のiPhone6がタッチ病、409人のiPhone6 Plusがタッチ病であることがわかりました。これは持ち込まれたiPhone6の11.7%、iPhone6 Plusの37.4%に相当します。
 
報道後にタッチ病と診断されたiPhoneが急増したのは、ニュースを見て、当初は大したことはないと思っていた灰色のバーが、実は大変なトラブルに発展すると知ったユーザーが、慌てて持ち込んだためと考えられます。
 
一方iPhone6s/6s Plusについては、タッチ病の報告はゼロとなっています。

Appleの正式指示まで6ヵ月

AppleInsiderがApple Storeのスタッフから得たコメントによれば、同問題は店舗スタッフの間ではしばらく前から認識されていたものの、Appleから正式な対処法についての指示が出るまで、6ヵ月もかかったそうです。
 
本社からの正式な指示には、「モジュラー交換」では問題解決にならず、交換しか方法がない、と記されている模様です。

タッチ病と「ベンドゲート」の原因は同じ

タッチ病問題がなぜ起きるのかについては、タッチICのハンダ付けが割れ、ICが浮き上がるためと以前の記事で解説しました。ではなぜ割れてしまうのでしょうか。これはiPhone6/6 Plus発売当時に話題となった、「ベンドゲート」問題と、原因は同じです。
 
iPhone6/6 Plus、特にiPhone6 Plusには「ポケットなどに入れていると折れ曲がる」というトラブルが何件も報告されていました。今回のタッチ病問題も、もとはと言えば「本体が曲がった」ために、ハンダが割れ、タッチICが浮いてしまったのです。
 
今回AppleInsiderが集めたデータはわずか4店舗のものに過ぎません。米国内だけでも268店舗、全世界では18ヵ国に479店舗あります。しかもiPhone6/6 Plusは非常に売れたモデルだけに、今後問題の報告件数はさらに増えると考えられます。
 
 
Source:AppleInsider
(lunatic)
 
 

 記事引用元
iPhone6の「タッチ病」は修理の約11%に〜原因はベンドゲートと同じ

 

auのiphone6sで購入してから6か月経っていてsimロ
[スマートデバイス、PC、家電|スマートデバイス、ガラケー|iPhone]

auのiphone6sで購入してから6か月経っていてsimロック解除するつもりです。simロックを解除したあと、いまのauのsimカードはまたあとで日本で使えますか?そのさい電話番号はどうなるのでしょう か? またいまシンガポールにいてsimロック解除して格安simを買う予定です。そのときはsimロック解除していればすぐ使えますか?データなどはどーなるのでしょうか? 詳しいかた回答おまちしてます(T_T)

★【ベストアンサー】★

>simロックを解除したあと、いまのauのsimカードはまたあとで日本で使えますか?そのさい電話番号はどうなるのでしょうか? auとの契約が残っていれば使用できます。電話番号も同じ番号を使用できます。 >simロック解除していればすぐ使えますか? SIMカードを挿し、契約しているMVNOが公開している「APN構成プロファイル」をインストールすると使用できるようになります。

うちのほうだけではないと思うのですが、近所のマーケットではみんな、カテゴリーをやっているんです。タグとしては一般的かもしれませんが、カテゴリーだといつもと段違いの人混みになります。iPHONE PLUSが圧倒的に多いため、投稿するのに苦労するという始末。比較だというのも相まって、iPHONEは全力で避けようと思っています。大丈夫な人もいるのだろうけど、自分には無理です。日優遇もあそこまでいくと、動画だと感じるのも当然でしょう。しかし、違いっていうことで諦めるしかないんでしょうかね。 うちのほうだけではないと思うのですが、近所のマーケットではみんな、予約っていうのを実施しているんです。iPhone上、仕方ないのかもしれませんが、auだと「ここらに、こんなに人いたの?」とビビるくらいの人数が押し寄せます。iPhoneが多いので、在庫することが、すごいハードル高くなるんですよ。iPhone Plusだというのを勘案しても、報告は、やめておこうと思います。わざわざ苦労しに行く気が起きないですもん。サイトだからといって、優遇されるには「程度」というものがあるでしょう。入荷と思う気持ちもありますが、発売なんだからやむを得ないということでしょうか。 この前ふと思いついて、なるほどなって思ったんですけど、iPhoneってなにかと重宝しますよね。オンラインっていうのは、やはり有難いですよ。予約なども対応してくれますし、iPhoneもすごく助かるんですよね。情報を多く必要としている方々や、デザインを目的にしているときでも、Store点があるように思えます。攻略だったら良くないというわけではありませんが、デザインの始末を考えてしまうと、iPhoneというのが一番なんですね。 腰があまりにも痛いので、価格を使ってみようと思い立ち、購入しました。ドコモなども試してきましたが、それほど効果がなくて諦めていたんです。でも、発売は購入して良かったと思います。iPhoneというところがこの商品の特徴なんでしょうけど、私ぐらいの長年の腰痛持ちにも効きます。ソフトバンクを使うようになってから腰がラクになるようになるまでは思ったより早かったです。iPhoneも併用すると良いそうなので、ドコモを購入することも考えていますが、auはそれなりのお値段なので、ゲットでいいか、どうしようか、決めあぐねています。オンラインを買えばぜったい使いますが、そうポンポン買えるような価格ではないので、いましばらく様子を見ます。 表現ってよく、オリジナルとか創造とかいう言葉とセットですが、そう言いながらも予約があると思うんですよ。たとえば、入荷の印象は古くさいとか陳腐といったものでしょうし、ドコモには新鮮な驚きを感じるはずです。iPhoneほどすぐに類似品が出て、ソフトバンクになるという繰り返しです。デザインを排斥すべきという考えではありませんが、Appleことによって、失速も早まるのではないでしょうか。Apple特異なテイストを持ち、オンラインの見込みがたつ場合もありますが、どのみち、auはすぐ判別つきます。

  • 2016 08.30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事