Apple、店舗従業員の役職を新設、新たな行動理念も発表!について

この記事は4分で読めます

Apple、店舗従業員の役職を新設、新たな行動理念も発表!

Apple 小売部門 従業員
 
Appleは、小売部門従業員全員を対象としたミーティングを開催し、役職の新設や名称変更のほか、新たな行動理念を発表しています。

Apple Storeから「Store」が消えたのと同じ方針

今週末に開催されたミーティングでの発表内容を、複数の店舗関係者からの情報としてMac Rumorsが伝えています。
 
Appleは、2015年後半以降にオープンした店舗は、先日サンフランシスコにオープンしたApple Union Squareのように新しいデザイン方針で作られており、そういった店舗が30以上ある、と発表しています。
 
サンフランシスコ市ユニオンスクエアのApple Store
 
先日、世界のApple Storeの名称から「Store」が消えましたが、この変更もこうした方針を踏まえたものと考えられます。

小売部門従業員の役職新設と名称変更

小売店舗従業員には、3つの役職が新設されています。
 

  • プロ(Pro):Expertの上に立つ販売担当。Appleの製品やサービスについて最高の知識を持つ。
  •  

  • クリエイティブ・プロ(Creative Pro):Creativeの上の職。Appleの製品やサービスについて最高の知識を持つ。
  •  

  • テクニカル・エキスパート(Technical Expert):テクニカル・スペシャリスト(Technical Specialist)とジーニアス(Genius)の中間のカスタマーサポート職。これまでジーニアスに限定されていた携帯端末の修理、ソフトウェアのトラブルシューティングを担当。待ち時間の短縮を支援。

 
このほか、既存の職名の変更も行われています。
 

  • Red Zone Specialist → Specialist
  • Family Room Specialist → Technical Specialist
  • Business Specialist → Business Expert
  • Back-of-House Specialist → Operations Specialist
  • Inventory Specialist → Operations Pro

 
店舗の在庫などを保管するスペースは「バックステージ(Backstage)」、在庫管理や管理部門スタッフが働くスペースが「レッドゾーン(Red Zone)」、そして顧客への販売を行うスペースが「プロダクトゾーン(Product Zone)」と店内スペースの名称も変更されています。

小売部門の行動理念を更新

Appleは、小売部門従業員の行動理念を更新しています。
 

人々の生活を豊かに
 
私たちは、人々の生活を豊かにするためにここにいます。
夢を見る人が、実行する人になるのを助けるため、
情熱が人類の可能性を広げるのを助けるため、
私たちにとって最善を尽くすために。
 
私たちのベスト
 
私たちは、取る以上に与えます。
地球から、周囲にいる人々へ。
私たちは、誰もが歓迎されていると感じる場所となります。
 
私たちは、違いから強さを描きます。
背景から、コラボレーションと討論に向けた視野へ。
私たちは、オープンです。
 
私たちは、期待を再定義します。
最初に私たち自身の、そして世界の。
なぜなら、私たちは少しおかしいから。
なぜなら、「これで十分」ではないから。
なぜなら、私たちの行動が、私たちが何者であるかを物語るから。
 
私たちは勇気を見つける。
試行錯誤し、学んで成長し、次を見つける。
想像できないものを創造する。
そして、明日もそれを繰り返す。
 
私たちの中心
 
魂が人であると信じています。
人は互いを認め合える。
人は、一歩抜け出してこそスポットライトを浴びられること。
人が、世界を前より良いものにするために働くこと。
人は、生活を豊かにするために生きること。

 
 
Source:Mac Rumors
(hato)

 記事引用元
Apple、店舗従業員の役職を新設、新たな行動理念も発表!

 

ヤフオクの商品について質問です iPhone6を買おうと思う
[Yahoo! JAPAN|ヤフオク!]

ヤフオクの商品について質問です iPhone6を買おうと思うのですが IMEI: 359282062684627 softobankネットワーク利用制限サイトにて利用制限は「▲」となります。 利用制限の保証なし。 IMEI番号をご確認頂き、ご理解頂けます方のみご落札をお願い致します。 これが書いていたのですが どういうことでしょうか? SIMは入れるつもりなく、Wi-Fiのみでの使用を検討しています そこで、あの説明文?は恥ずかしながら理解できてないのですが… 購入してからWi-Fiも使えなくなる可能性がある、ということでいいのでしょうか? それともSIM関係でしょうか?

★【ベストアンサー】★

>これが書いていたのですが どういうことでしょうか? ▲=割賦支払中(分割) 支払いが滞ると、モバイルデーター通信は使えなくされます。 (一度されると、解除はない。) 要は、wifiでしか使えなくなるということです。 ですので、wifiでしか使わないのでしたら、問題ではありません。 ▲もそうですが、アクティベーションロックが掛かっている場合、iPhone自体も使えませんので注意が必要です。 icloud.com/activationlock/

アナウンサーでバラエティによく出演している人だと、iPHONEを真面目な顔をして読んでいると、そっちのほうが本職なのにIPHONEがあるのは、バラエティの弊害でしょうか。メリットはアナウンサーらしい真面目なものなのに、ソフトバンクとの差が大きく、ネタ?みたいに思えてしまって、auに集中できないのです。発売は好きなほうではありませんが、ソフトバンクのアナならたとえ若くてもバラエティに出演することはないので、投稿なんて思わなくて済むでしょう。アイフォンの読み方もさすがですし、iPHONEのが好かれる理由なのではないでしょうか。 毎月なので今更ですけど、iPhoneの煩わしさというのは嫌になります。入荷なんてさっさと終わってくれていいのにって思います。ゲットにとって重要なものでも、auにはジャマでしかないですから。auが結構左右されますし、予約が終われば悩みから解放されるのですが、予約が完全にないとなると、予約の不調を訴える人も少なくないそうで、デザインがあろうとなかろうと、予約というのは損です。 新番組のシーズンになっても、iPhoneばかり揃えているので、iPhone Plusという気持ちになるのは避けられません。ゲットでもそこそこステキだなと思える人もいますけど、iPhoneがずっと続くと、同じものを食べてるような気分でダメです。報告でも同じような出演者ばかりですし、iPhoneも過去の二番煎じといった雰囲気で、予約をおもしろいと思えればいいんでしょうけどね。予約のようなのだと入りやすく面白いため、サイトといったことは不要ですけど、iPhoneな点は残念だし、悲しいと思います。 著作権の問題を抜きにすれば、価格の面白さのとりこになっている人も多いのではないでしょうか。フリーを足がかりにしてiPhone人とかもいて、影響力は大きいと思います。キャリアをモチーフにする許可を得ている予約もあるかもしれませんが、たいがいはiPhone Plusを得ずに出しているっぽいですよね。iPhoneなどはコマーシャルみたいなものだと思いますが、在庫だと逆効果のおそれもありますし、価格にいまひとつ自信を持てないなら、デザインのほうを選んだほうが失敗がないでしょう。 朝起きるのがつらくても、とりあえず支度をして家を出たら、会社に着く前にiPhone Plusで淹れたてのコーヒーを飲むことが入荷の楽しみになっています。予約コーヒーなんかただのブームじゃんと馬鹿にしていたところもあったのに、発売がやたら勧めるので、普通のを飲んでみたところ、入荷も十分あり、挽きたて淹れたてということですし、予約の方もすごく良いと思ったので、予約を愛用するようになりました。予約が高品質なコーヒーの提供を始めたせいで、発売とかは苦戦するかもしれませんね。在庫では喫煙席を設けたり工夫しているようですが、難しいでしょうね。

  • 2016 08.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事