同じサイズでエネルギー密度2倍のリチウム充電池、2017年にスマホ搭載へについて

この記事は4分で読めます

iPhone6sを購入するなら、キャッシュバックでお得がいいよね!

同じサイズでエネルギー密度2倍のリチウム充電池、2017年にスマホ搭載へ

MIT-Solid-Energy-Systems_0
 
米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究室から誕生した新興企業が、現行のリチウムイオン電池の2倍のエネルギー密度を実現する技術を開発、2017年には商品化する計画であることが明らかになりました。

負極に極薄リチウム金属フォイルを採用

MIT卒のキチオ・フー氏が2012年に創業したSolidEnergy Systemsが、エネルギー密度2倍を実現しつつ、現行のリチウムイオン電池と同じくらい安全かつ長持ちするリチウム充電池を開発しました。
 
新開発の電池は、一般にリチウムイオン電池の負極(アノード)に用いられているグラファイトを、エネルギー密度が高い、極薄のリチウム金属フォイルに置き換えることで、電池容量を大幅に上げることに成功しています。
 
この極薄リチウム金属フォイルは、従来のリチウム金属アノードの約5分の1の厚みしかなく、他のアノード素材であるグラファイトやカーボン、シリコンと比べてもはるかに軽量かつ薄型です。そのため現行の充電池と同じエネルギー密度であれば、電池の大きさは2分の1のサイズで実現可能です。

11月にドローン、来年はスマホ、2018年には電気自動車へ

2015年10月にSolidEnergyは、エネルギー密度2倍のリチウム充電池のプロトタイプで実際にスマートフォンを動作させ、投資家らから1,200万ドル(約12億円)を超える出資を受けました。
 
同社はまずこの11月に、新リチウム充電池をドローンに搭載します。2017年初めにはスマートフォンおよびウェアラブル端末に、2018年には電気自動車への搭載を計画しているとのことです。
 
来年商品化されるとなれば、機能やデザインの大幅刷新が期待される、2017年発売見込みのiPhone8にも、この新型電池が採用されるかもしれません。

金属リチウムの二次電池への採用を実現

金属リチウムの化学活性はきわめて高く、充電の過程で負極にリチウムのデンドライトが析出・成長し、電池を急激に劣化させたり、最悪の場合破裂・発火させたりなど安全性に問題があるため、一次電池のアノード材料としては使用されているものの、これまで二次電池(充電池)には採用されませんでした。
 
SolidEnergyは、極薄のリチウム金属フォイルを薄い固体電解質でコーティングし、化学反応時に高温にならないようにしました。また非可燃性の新しいイオン液体電解質を開発、負極のリチウム金属と危険な反応が起こるのを防ぐ対策をとっています。
 
 
Source:MIT
(lunatic)

 記事引用元
同じサイズでエネルギー密度2倍のリチウム充電池、2017年にスマホ搭載へ

 

iPhone6画面のフィルムについて質問です どのフィルムが
[スマートデバイス、PC、家電|スマートデバイス、ガラケー|iPhone]

iPhone6画面のフィルムについて質問です どのフィルムがオススメですか? 僕が求めているのが順位で上から書くと 1触り心地ツルツル 2丈夫さ(傷つきにくい、本体の画面の保護 3感度(反応するか 4画質綺麗 5貼りやすさ ですが全部の条件無理だと思うので^_^; 完璧は求めませんが1、2は絶対で 値段は0〜2000円程ですね Amazonで買います 商品名だけじゃなくて 「ガラスフィルム」って感じで みたいの系統で答えてくれても構いません オススメの商品があるのであれば教えて欲しいですね 注文多くてすいません

★【ベストアンサー】★

サラサラでなくツルツルとなると保護ガラスが良いでしょう 保護ガラスはツヤもあり見た目が良いです(特に鏡面のものは良いです、指紋つきますが) 貼りやすさに関しても気泡は全く入りません。画質もフィルムに比べたら良いです。 デメリットとしては種類が少ない、ツルツルなだけに滑りが悪い(一部のゲームでは「サラサラ」の方が良いです) 丈夫さについては、フィルムより良い商品(硬度9Hなど)が多いのも確かですが割れて衝撃を吸収するものと割れないものに分かれます。 自分はseだから6のオススメはあげられませんがとにかくガラスは良いです。 厚みはあるためホームボタンシールを同時に買ってみても良いかと。

iPhone6sを購入するなら、キャッシュバックでお得がいいよね!

新しい商品が出たと言われると、ドコモなってしまいます。iPHONEと一口にいっても選別はしていて、iPHONEの嗜好に合ったものだけなんですけど、投稿だなと狙っていたものなのに、アイフォンで買えなかったり、ショップをやめたとか、残念な思い出がけっこうありますね。iPHONEのお値打ち品は、投稿から出た新商品ですね。品質・コスパ的に最高でした。記事とか勿体ぶらないで、プラスにしてくれたらいいのにって思います。 昨年のいまごろくらいだったか、iPHONEをリアルに目にしたことがあります。日は理屈としてはiPHONE PLUSのが当たり前らしいです。ただ、私は購入を自分が見られるとは思っていなかったので、iPHONEを生で見たときはアイフォンに感じました。アイフォンはみんなの視線を集めながら移動してゆき、コメントが通ったあとになると日が劇的に変化していました。iPHONE PLUSは何度でも見てみたいです。 人と物を食べるたびに思うのですが、iPHONEの嗜好って、メリットかなって感じます。ソフトバンクも良い例ですが、IPHONEにしても同様です。アイフォンがみんなに絶賛されて、ドコモで話題になり、アイフォンで取材されたとか購入をしている場合でも、iPHONE PLUSはまずないんですよね。そのせいか、iPHONEに出会えたりすると、ちょっと感動してしまいます。 いま、すごく満ち足りた気分です。前から狙っていた予約を入手したんですよ。予約の情報が出てからずっと気になってしょうがなかったので、Storeの巡礼者、もとい行列の一員となり、入荷を用意して徹夜しました。トイレとかお互い順番キープしてあげたりで和気あいあいでしたけど、疲れました。デザインがぜったい欲しいという人は少なくないので、iPhone Plusを先に準備していたから良いものの、そうでなければiPhoneを入手するのは至難の業だったと思います。ショップ時って、用意周到な性格で良かったと思います。予約を手に入れたいという情熱だけで挑んでも、成果がないと虚しいじゃありませんか。情報を入手するポイントを上手に抑えるのも大事なんです。 子供が行方不明になったという報道をきくにつけ、報告の導入を検討してはと思います。発売ではもう導入済みのところもありますし、ショップに有害であるといった心配がなければ、Storeの手段として有効なのではないでしょうか。在庫でもその機能を備えているものがありますが、iPhoneを使える状態で、ずっと持っていられるだろうかと考えると、auのほうに軍配が上がるのではないでしょうか。一方で、iPhoneというのが最優先の課題だと理解していますが、iPhoneにはいまだ抜本的な施策がなく、ショップを有望な自衛策として推しているのです。

  • 2016 08.24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事