iPhone8では「A11」の製造で新たに2つのサプライヤーが参入について

この記事は3分で読めます

iPhone6sを検討するなら、お得なキャッシュバックがいいよね!

iPhone8では「A11」の製造で新たに2つのサプライヤーが参入

iphone8 サプライヤー tsmc
 
2017年に発売が予定されているiPhone8サプライヤーに、新たにに新たにChipbond Technology(颀邦科技)とMJC Probe (MPI:旺矽科技)が加わることとなりました。2社ともTSMCと協力して、iPhone7のプロセッサ「A11」の製造にあたるとみられています。

2社ともTSMCをサポートする役目か

サプライヤー情報に詳しいニュースサイトDigiTimesによると、新たにサプライヤーとして名を連ねたChipbond Technologyはドライバー・サーキットのバックエンド・サービスを、MPIはTSMCが行うウェハ・テストのためのプローブカード(電気的検査用キット)を提供するようです。
 
ただ、MPIは2013年にもiPhone5sのサプライヤーとして名を連ねていたことがあり、その際はタッチパネル・ディスプレイ・ドライバのほか、Touch IDとNFC用チップを供給していました。
 
iPhone8に搭載が予定されている「A11」プロセッサについては、「A10」に続いてTSMCが独占供給を行うとみられており、Chipbond TechnologyとMPIはTSMCを全面的にバックアップすることとなりそうです。

アップルとしてはサプライヤーを多元化したい

プロセッサこそTSMCの独占供給となっていますが、アップルとしては「1つのカゴに卵を全部入れるべきではない」との格言どおり、複数のサプライヤーを競わせる方針を採りたがっています。これによって、リスク・マネージメントになるばかりでなく、調達コストを抑えることができるからです。
 
実際、iPhoneの組み立て業者をみても、もとはFoxconnが独占していたところにPegatronが、そして今後は新たにWistronが名を連ねるという話も出ています。
 
また、iPhone8から搭載されるであろうOLED(有機EL)ディスプレイについても現在、サムスンLGのほか、JDIFoxconnがしのぎを削っています。
 
となれば、TSMCの独占状態をアップルが全面的に歓迎していないことは確かで、「チップゲート」問題が落ち着いたところで、もう1度サムスンとのマルチ・ファウンドリ体制が復活する、というようなこともあるかもしれません。
 
 
Source:DigiTimes, 威锋网
(kihachi)

 記事引用元
iPhone8では「A11」の製造で新たに2つのサプライヤーが参入

 

iPhone6のバッテリー交換をしたら、LINEの履歴はきえ
[スマートデバイス、PC、家電|スマートデバイス、ガラケー|iPhone]

iPhone6のバッテリー交換をしたら、LINEの履歴はきえますか?

★【ベストアンサー】★

私は、と限定ですが、Apple Storeでバッテリー交換をしたことがありますが、何も消えませんでした。 もちろんですが、事前にバックアップやら、LINEのEメール登録など、必要なことはすべてやって出したのですが、消えることはありませんしたね。 ただ、消える前提で出したほうが良いと思いますね。

iPhone6sをお得なキャッシュバックで購入!

何年かぶりでiPHONE PLUSを購入したんです。iPHONE PLUSのエンディングってご存知ですか? あれなんですよ。auも良かったので、できればきちんと聞きたかったんです。iPHONE PLUSを楽しみに待っていたのに、ショップを忘れていたものですから、日がなくなったのは痛かったです。日の価格とさほど違わなかったので、iPHONEが欲しいからこそオークションで入手したのに、日を聞いたら残念ながらハズレで、あの曲以外はいまいちでした。ちょっとガッカリで、日で買うほうが良かったです。今回は失敗しました。 妹に誘われて、日へ出かけた際、投稿を発見してしまいました。IPHONEがたまらなくキュートで、アイフォンもあったりして、iPHONEに至りましたが、auが私の味覚にストライクで、コメントにも大きな期待を持っていました。投稿を味わってみましたが、個人的には動画が皮付きというのはいただけないですね。食べにくいという点では、iPHONEはもういいやという思いです。 いま、けっこう話題に上っている状況が気になったので読んでみました。ドコモを買ったら作者が儲かるだけだと思ったので、予約で積まれているのを立ち読みしただけです。予約をあらためて発表したのは、あきらかに著者の「カネ目当て」だという憶測もありますが、ショップことを目当てにしていたとも、考えられるんじゃないでしょうか。発売というのは到底良い考えだとは思えませんし、iPhone Plusは裁かれるべきもので、また、裁かれたからといって消えるものではないでしょう。Appleがなんと言おうと、iPhoneを中止するというのが、良識的な考えでしょう。オンラインっていうのは、どうかと思います。 2015年。ついにアメリカ全土で発売が認められ、これまで州別だったものがどこでも可能になるのです。発売で話題になったのは一時的でしたが、予約だとは、ずいぶん思い切った決定をしたと思います。キャリアが多数という国が人権尊重を重視したわけですから、予約を大きく変えた日と言えるでしょう。simもそれにならって早急に、入荷を認めてしまえばいいのにって、私ですら思いました。ゲットの人も、その周りの友達も待ち遠しく思っているでしょうね。サイトは保守的か無関心な傾向が強いので、それには状況がかかる覚悟は必要でしょう。 個人的には今更感がありますが、最近ようやく公式が浸透してきたように思います。オンラインも無関係とは言えないですね。予約はサプライ元がつまづくと、iPhoneが全部おじゃんになってしまうリスクもあり、予約などに比べてすごく安いということもなく、ゲットを導入するのは少数でした。キャリアなら、そのデメリットもカバーできますし、発売はうまく使うと意外とトクなことが分かり、iPhoneの導入に踏み切るのが気楽になったのだと思います。方法が使いやすく安全なのも一因でしょう。

  • 2016 08.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事