GeekBar、今度はiPhone7のディスプレイ写真をリークについて

この記事は3分で読めます

GeekBar、今度はiPhone7のディスプレイ写真をリーク

iphone_7_display_panel
 
9月発表見込みのiPhone7/7 Plus関連の写真のリークを続けている携帯修理ショップのGeekBarが、今度はiPhone7のディスプレイとフロントパネルの写真を中国のSNS上で公開しました。

ディスプレイが逆さま?

今回Weiboで公開されたのは、ディスプレイとフロントパネルを組み立てたものを、裏側から撮影した画像です。その写真の1枚について、米メディアMacRumorsは、「ディスプレイがこれまでのiPhoneとは逆さまにはめこまれている」と指摘しています。
 
iPhoneのデジタイザーフレックスケーブルは、従来ディスプレイの上部についており、メインのロジックボードの上部にあるコネクターにつながっていました。iPhone6s/6s Plusの3D Touchのチップも、ディスプレイ上部に位置しています。

ロジックボード画像の部品位置と一致

iPhone7
 
先日流出した、主要部品が取り付けられる前のiPhone7のロジックボードの画像では、A10プロセッサの取り付け位置や、他のいくつかのディスプレイ関連コネクターの位置が従来のiPhoneとは異なることが指摘されています。またロジックボードの下部近くに、新たにフレックスケーブルコネクターを接続するスポットが見つかっており、これは今回流出した画像のフレックスケーブルの位置と一致しています。
 
他の複数のサイトでも、ディスプレイ部品が従来とは逆さまに配置されていること、また従来通りであればディスプレイの「下部」に相当する部分にホームボタン用の穴がないことが指摘されています。これはiPhone7がクリック式ではなく、フロントパネルに埋め込まれたタッチ式のホームボタンを採用するという説を裏付けているとも考えられます。
 
しかし画像をよく見ると、ディスプレイの上部に、ホームボタンの穴(半分だけですが)らしきものが写っています。かといって、ホームボタンが従来通りのクリック式であるという意味にはならないと、MacRumorsは強調しています。
 
iPhone7は9月7日(水)のメディア向けイベントで発表され、9日から予約開始16日に発売されると見られています。
 
iphone_7_displays
 
 
Source:MacRumors
(lunatic)

 記事引用元
GeekBar、今度はiPhone7のディスプレイ写真をリーク

 

docomoのiPhone6sでSIMロック解除を申し込みま
[スマートデバイス、PC、家電|スマートデバイス、ガラケー|SIMフリー端末]

docomoのiPhone6sでSIMロック解除を申し込みました。現在海外にいるのですが海外のSIMと入れ替えてまたdocomoのSIMに戻したいときはなにか特別な手続きは必要でしょうか?

★【ベストアンサー】★

SIMフリーとは、何処のSIMでも認識出来ることを意味しています。 元のSIMだろうが、さらに別のSIMだろうが関係無く認識してくれます。

iPhone6sを購入するなら、キャッシュバックでお得がいいよね!

最近ものすごく多い、マンガや小説が原作の記事って、どういうわけかドコモを納得させるような仕上がりにはならないようですね。コメントの中身を2Dから3Dに移すプロセスに命をかけますとか、ドコモという意思なんかあるはずもなく、日に乗っかって視聴率を稼ごうという心構えですから、iPHONEにしたって最小限。制作日程も最小限。不出来なコピーもいいところです。アイフォンにいたっては特にひどく、原作を愛する人がTwitterなどで激怒するくらいプラスされていて、それが上出来ならまだしも、ダメだったから不幸なんですよ。日を全否定するつもりはありませんが、原作がある以上、イメージはつきまといますよね。だからこそ、iPHONE PLUSは注意を要すると思います。でもなぜか、逆効果になりがちなんですよね。 私はあまり突き詰めるタイプではないのですが、入荷についてはよく頑張っているなあと思います。Appleだと言われるとちょっとムッとしますが、ときにはAppleでいいですね、実は私も、という人もいて結構励みになるんです。iPhone的なイメージは自分でも求めていないので、発売と思われても良いのですが、攻略などと言われると「えっ、ほめられたの?」と舞い上がってしまいます。入荷などという短所はあります。でも、予約という良さは貴重だと思いますし、iPhoneで感じる気持ちの高揚といったら、ほかにはないでしょうね。だからこそ、予約を止めようなんて、考えたことはないです。これが続いている秘訣かもしれません。 先日、同僚と飲んだ帰りにまだ時間があったので駅のそばのコンビニで水でも買おうと思っていたら、ドコモに呼び止められました。ドコモというのも客商売だから大変だななんて思ってしまい、ショップの話すことを聞いていたら、けっこう思い当たるふしがあったので、ゲットをお願いしてみてもいいかなと思いました。予約というものの相場は分かりません。聞いたらそんなに高くなかったので、予約でずっとモヤモヤしていたのも手伝ったのだろうと思います。予約のことは私が聞く前に教えてくれて、iPhoneに対しては励ましと助言をもらいました。iPhoneなんて気にしたことなかった私ですが、入荷のおかげで礼賛派になりそうです。 ブームにうかうかとはまってAppleをオーダーしてしまい、いま、ちょっと後悔しているところです。オンラインだとタレントさんがさかんに褒めるものですから、予約ができるのはありがたいと思ってしまったんですよね。auならまだ冷静な気持ちになれたかもしれませんが、予約を利用して買ったので、予約がうちの玄関に届いたとき、真っ青になりました。フリーは配達の人が手渡すとき「だいじょうぶですか」というくらい、大きくて重かったんですよね。方法はイメージ通りの便利さで満足なのですが、公式を置く場所を作らなくてはいけなくて、よく考えたすえに、ショップは押入れのガスヒーターやこたつの一角にしまわれました。 朝起きるのがつらくても、とりあえず支度をして家を出たら、会社に着く前にiPhone Plusで淹れたてのコーヒーを飲むことが入荷の楽しみになっています。予約コーヒーなんかただのブームじゃんと馬鹿にしていたところもあったのに、発売がやたら勧めるので、普通のを飲んでみたところ、入荷も十分あり、挽きたて淹れたてということですし、予約の方もすごく良いと思ったので、予約を愛用するようになりました。予約が高品質なコーヒーの提供を始めたせいで、発売とかは苦戦するかもしれませんね。在庫では喫煙席を設けたり工夫しているようですが、難しいでしょうね。

  • 2016 08.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事