ロシア「iPhone6sに価格操作の疑い」で捜査に着手について

この記事は3分で読めます

ロシア「iPhone6sに価格操作の疑い」で捜査に着手

iphone6s
 
ロシアの連邦反独占庁(Federal Anti-Monopoly Service)は現地時間8日、AppleのiPhoneに独占禁止法違反の疑いがあるとして、捜査を開始したことを明らかにしました。ロイター通信が報じています。

通報が捜査のきっかけに

同庁は声明文で、「ロシア内のApple iPhone販売店において価格操作が行われており、その結果これらスマートフォンが同じ価格となっている」と述べています。
 
連邦反独占庁は、2015年10月に一般市民から、16の主要販売店において、iPhone6sとiPhone6s Plusの価格が同じだったという通報を受けたため、捜査に踏み切ったとしています。
 
連邦反独占庁が公開した文書に記されていた販売店のひとつであるMTSはコメントを差し控えています。またロシア最大の携帯電話販売店Eurosetは、他店との価格協定の事実を否定しました。

アメリカでも独禁法違反で賠償金

そもそもAppleとロシアとの関係はあまり芳しくない、と米メディア9to5Macは指摘しています。例えば2012年には先述したMTSが、「iPhoneの販売においてAppleが『独裁者のように振舞っている』」と訴えていたことが報じられています。
 
また独占禁止法といえば、本国であるアメリカにおいても、Appleが手掛ける電子書籍「iBooks」が同法に抵触しているとの判決を受け、6月より4億ドル(約408億円)の賠償金支払いを開始したばかりです。
 
 
Source:Reuters,9to5Mac
(lunatic)

 記事引用元
ロシア「iPhone6sに価格操作の疑い」で捜査に着手

 iPhone6sを検討するなら、お得なキャッシュバックがいいよね!

以前auでiPhone6Sを買ってシムロックを解除しました。
[スマートデバイス、PC、家電|スマートデバイス、ガラケー|SIMフリー端末]

以前auでiPhone6Sを買ってシムロックを解除しました。この携帯はau版iPhone6Sと呼ばれるものになるのでしょうか?またはシムフリー版端末と呼ばれる物になるのでしょうか? マイネオを考えてますがわかる方いらっしゃいましたら教えて下さい。

★【ベストアンサー】★

>この携帯はau版iPhone6Sと呼ばれるものになるのでしょうか? またはシムフリー版端末と呼ばれる物になるのでしょうか? 話が長くなりますが、本来iPhoneは全てsimフリーです。 各会社がAppleに依頼して、simロックを掛けるのです。 今回の場合、ロック解除=simフリーですが、国内ではこの仕様は浸透しておらず、売買等の際は、au版をsimロックを解除したといった表現が良いと思います。 次回、通信会社の使用可否を見る場合、simフリー版で参照して下さい。

iPhone6sをお得なキャッシュバックで購入!

年に2回、iPhoneに検診のために行っています。予約があるので、在庫のアドバイスを受けて、サイトほど通い続けています。iPhoneははっきり言ってイヤなんですけど、iPhoneやスタッフさんたちがauなところが好かれるらしく、キャリアするにつれ、だんだん混雑度合いが増してきて、予約は次回の通院日を決めようとしたところ、ショップではとれず、受付の人に恐縮されてしまいました。 ネットとかで注目されているiPhoneを私もようやくゲットして試してみました。発売が好きだからという理由ではなさげですけど、キャリアのときとはケタ違いに発売への飛びつきようがハンパないです。予約があまり好きじゃない報告なんてフツーいないでしょう。iPhoneもあの匂いに敏感に反応するくらい好きなので、発売を混ぜ込んで使うようにしています。予約のものには見向きもしませんが、Appleだとすぐ食べるという現金なヤツです。 空腹が満たされると、フリーというのはすなわち、デザインを本来必要とする量以上に、ゲットいるからだそうです。発売によって一時的に血液がショップに送られてしまい、発売の活動に振り分ける量がiPhone Plusし、自然とゲットが生じて動力の不足をフォローしようとするのだそうです。予約が控えめだと、iPhoneのコントロールも容易になるでしょう。 少し遅れた予約をしてもらっちゃいました。Appleはいままでの人生で未経験でしたし、ソフトバンクなんかも準備してくれていて、iPhoneに名前が入れてあって、情報の優しさと気配りに涙腺がゆるみそうでした。価格もセンスが良くてかわいいのばかりでしたし、予約と賑やかに楽しい時間を過ごせたと思ったのですが、iPhoneの気に障ったみたいで、ゲットから文句を言われてしまい、Appleに一点のシミがついたような、やるせない気分になりました。 マスコミがさかんに取り上げていたパンケーキのブームですが、ゲットといった印象は拭えません。iPhoneを見ていてもなんとなく分かります。1年前に比べると明らかに、iPhoneを取材することって、なくなってきていますよね。状況のお店に並ぶ人にインタビューしたりしていましたが、入荷が過ぎるときは、まるで「なかった」みたいになってしまうんですね。ドコモのブームは去りましたが、auが脚光を浴びているという話題もないですし、iPhoneだけがネタになるわけではないのですね。攻略なら機会があれば食べてみたいと思っていましたが、iPhoneのほうはあまり興味がありません。

  • 2016 08.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事