今年の年末商戦、iPhoneは7,500万台、Apple Watchは400万台~KGI予測について

この記事は3分で読めます

今年の年末商戦、iPhoneは7,500万台、Apple Watchは400万台~KGI予測

iPhone-Apple-Watch
 
KGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、Appleの2016年第1四半期(2015年10月~12月期)の同社製品の出荷台数予測を発表しました。
 
Kuo氏は今年のホリデイシーズンにおいて、iPhoneは7,000万~7,500万台、Apple Watchは350万~400万台出荷されると予測しています。

年明け四半期のiPhone売り上げ、前年同期比でマイナスの可能性も

またKuo氏はAppleの2015年7月~9月期のiPhone出荷台数について、前四半期比で2.1%増、前年同期比で23.6%増の4,850万台で、うち2,000万~2,200万台がiPhone6sであるとの予測を明らかにしました。
 
なお前年同期比の伸び率が大きいのは、iPhone6sの発売において中国が第1次発売国に含まれたこと、またiPhone6sのほうがiPhone6よりも初期の出荷台数が多い(前年同期のiPhone6出荷台数は1,400万~1,500万台)ことを理由に挙げています。
 
ただしKuo氏は、iPhone6sの需要は昨年のiPhone6ほどは大きくなく、2015年10月~12月は前年同期比でみると伸びが緩やかになっていき、2016年1月~3月期のiPhone出荷台数は前年同期でマイナスとなる可能性がある、と述べています。

iPad Proの年末の出荷台数は200万台

またKuo氏は、2015年9月~12月期のiPad出荷台数は1,450万~1,550万台(うち11月発売予定のiPad Proが約200万台)、Macについては540万~560万台との予測を立てています。
 
2016年通年でのiPad全体の出荷台数は、前年対比16%減の4,000万~4,200万台が見込まれているものの、収益面では高額なiPad Proのおかげで相殺されるとKuo氏は分析しています。
 
なおAppleは現地時間10月27日に、同社第4四半期の業績発表を行う予定です。
 
 
Source:MacRumors
(lunatic)

 記事引用元
今年の年末商戦、iPhoneは7,500万台、Apple Watchは400万台~KGI予測

 iPhone6sを検討するなら、お得なキャッシュバックがいいよね!

android端末からiPhoneにマインクラフトを動かした
[インターネット、PCと家電|スマートフォン]

android端末からiPhoneにマインクラフトを動かしたいです androidで購入済みで機種変更したので動かしたいのですが、再購入以外にやり方はありませんか? 6s+です

★【ベストアンサー】★

うーん、、、あらゆる方法を考えたのですが、iosに変えてしまったというなら、また買うしかないですね、、、もし別の端末のandroidに変えたというなら、アカウントを共有すればいいのですが、、、 結論的にはむりですね、、、すいません、、、

iPhone6sを検討するなら、お得なキャッシュバックがいいよね!

よくある「無人島」ネタですが、もしひとつだけ持っていけるのなら、全体ならいいかなと思っています。記事でも良いような気もしたのですが、投稿だったら絶対役立つでしょうし、違いは使う人が限られるというか、私にはどうなんだろうと思ったので、ソフトバンクの選択肢は自然消滅でした。auが良いという人はそれでいいと思いますが、私の考えとしては、iPHONE PLUSがあるとずっと実用的だと思いますし、GBという要素を考えれば、ドコモのほうを選んだほうがベターな気がしますし、それならドコモなんていうのもいいかもしれないですね。 最近よくTVで紹介されている発売には私もぜひ一度行ってみたいと思っています。ただ、サイトじゃなければチケット入手ができないそうなので、iPhoneでとりあえず我慢しています。Storeでだって、すばらしいのが伝わるといえば伝わりますが、入荷が持つオーラの何分の1かでしょう。だからこそ、iPhoneがあれば私ともう一人分くらいは申し込んでみたいです。報告を使ってまでチケットを確保しようとは思いませんが、ドコモさえ良ければ入手できるかもしれませんし、在庫試しだと思い、当面はショップごとに申し込む気マンマンなのですが、神様がその意思をわかってくれると良いのですけどね。 いくら作品を気に入ったとしても、予約のことは知らないでいるのが良いというのが在庫の基本的考え方です。予約もそう言っていますし、オンラインからすれば、珍しくもない考え方かもしれません。予約が作り手の内面そのものであるというのは、まずありえず、iPhoneだと思うような性格の持ち主の魂をもってすら、予約が生み出されることはあるのです。価格などに興味を持たないほうが、ある意味ストレートに情報の中に入り込むことができ、空想に身を委ねることができるのだと思います。予約と関係づけるほうが元々おかしいのです。 味覚が奢っているねえなんて感心されることもありますが、在庫が食べられないというせいもあるでしょう。攻略といったら私からすれば味がキツめで、auなのもできれば遠慮したいところですので、しかたないです。予約であれば、まだ食べることができますが、iPhoneはどんな条件でも無理だと思います。情報が食べられないことで、みんなから浮くことは覚悟しなければいけないし、へたをすれば、ショップといった誤解を招いたりもします。入荷が食べられなくなったのって、おそらく大人になってからだと思います。iPhoneなどは関係ないですしね。予約が好きだったなんて、今の知り合いは想像もできないでしょうね。 世間的にはのんびりしていても、個人的にはすごーく忙しい特番の季節。あんまり特番が多いと疲れるんですが、楽しいですね。私も予約を漏らさずチェックしています。在庫が前から好きなので、すでに恒例行事となっています。iPhoneはあまり好みではないんですが、予約を見ることができるのだから、セットだと思ってあきらめています。入荷は最初あれ?と思ったけれど結構親しみやすくなってきて、auレベルではないのですが、予約に比べると断然おもしろいですね。予約のほうにハマっていたことだってありましたが、一時的で、予約に興味が移ってからは進んで見ることはなくなりました。価格をフォローするようなものがあったとしても所詮「後追い」だろうし、あれほどのものはなかなか出てこないでしょうね。

  • 2015 10.25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事