ジョブズの伝記からこっそりiPhone素材の開発ウラ話が削除―iPhone8に関係?について

この記事は3分で読めます

iPhone6sを検討するなら、お得なキャッシュバックがいいよね!

ジョブズの伝記からこっそりiPhone素材の開発ウラ話が削除―iPhone8に関係?

steve jobs
 
スティーブ・ジョブズ氏の生前に書かれた伝記「Steve Jobs(邦題:スティーブ・ジョブズ)」の英語版から、iPhoneの筐体開発に関する部分がこっそりと削除されていることが分かりました。これを受けて、iPhone8に関わる話だからではないかとの見方が登場しています。

なぜ英語版だけ削除された?

中国語版やポルトガル語版の伝記「Steve Jobs」には記載されている内容が、英語版ではいつの間にか削除されている――奇妙な事態を中国のユーザーが発見しました。
 

steve jobs 伝記 削除

英語版の「Steve Jobs」

 
問題の箇所は、アップル関係者がコーニング社を訪れて、「ゴジラ・ガラス(Godzilla Glass)」というコードネームで呼ばれるガラスとセラミックを混ぜた強靭な素材をiPhoneのボディに使おうと計画していたという部分です。

ウィークスは最終的にジョニー・アイブと友達になった。時たまアイブはニューヨーク北部に向かい、湖畔にあるウィークスの別荘を訪れた。「私はジョニーにガラスに似た素材を見せた。彼はガラスとは異なるものだと感覚的に気づいた」とウィークスは言う。「ただ我々の会社の研究責任者だけが実行できる。君がジョブズにこれを見せた時、彼はすぐさま好きか嫌いかを示すだろう。だが、ジョニーは弄ったあと、しっかり考えて、これの機微な部分や潜在的な用途を探すんだ」。2010年、アイウェイは自分のトップチームを引き連れてコーニング社にやってきて、工場内のチームと一緒にガラスを作ろうとした。当時、コーニング社は「ゴジラ・ガラス」と呼ばれる丈夫なガラスを研究開発していた。いつの日か十分に強靭なガラスとセラミックの素材を作り出し、iPhoneの生産に用い、メタルフレームなしで済むようにすることが会社の願いだった。「ジョブズとアップルは我々をさらに優秀にしてくれた」とウィークスは話す。「我々全員が自分たちの製品にとても熱狂していたんだ」

 

steve jobs 伝記 削除

中国語版の「乔布斯传」

 
なお、この記載はポルトガル語版にも残されています。一体なぜ今になって英語版でのみこの記述が消されたのか、詳細な理由は分かっていませんが、ニュースサイト威锋网はiPhone8の開発に関係しているからではないかと示唆しています。
 
事実、「ワイヤレス充電の搭載」「ベンドゲート問題の解決」「アンテナラインの存在」の3つを一挙に達成できることから、iPhoneの筐体をセラミック素材にしようという取り組み自体は行われており、以前もサプライヤーが新iPhoneはセラミックかもしくはセラミックに似た素材が使われる可能性があると語っています。
 
iPhone8は「iPhone登場10周年」ということで、大掛かりなアップデートが期待されているだけに、素材に大幅な変更があっても不思議ではありませんね。
 
Source:威锋网
Photo:Amazon
(kihachi)

 記事引用元
ジョブズの伝記からこっそりiPhone素材の開発ウラ話が削除―iPhone8に関係?

 

今年の三月にiPhone5sから6sに乗り換えたものです 乗
[スマートデバイス、PC、家電|スマートデバイス、ガラケー|iPhone]

今年の三月にiPhone5sから6sに乗り換えたものです 乗り換えをした時に、SIMカードをそのまま使うことになったので、前のiPhoneをiPodのようにして使っていたのですが、よく知らないままにアッ プデートをしてしまい、ロックがかかってしまいました SIMカードをいれてくださいということが書いてあるのですが、これを解除するために今使っているiPhoneのSIMカードを抜き取って入れてロックを外して、、またこちらへ戻して使うということはできますでしょうか? もし出来るのなら、データなどは消えたりしないですか?

★【ベストアンサー】★

ひとつ気になるのが、、「乗り換えた」というお話ですがキャリアが変わったということですか? 機種変更でキャリアが変わっていないならご申告のように操作してロック解除ができます。 キャリアが変わったなら教えてください。 なお…SIMの取扱には十分注意を払ってください。データが消えるわけではありませんがSIMが傷ついたら当然ネットが繋げなくなる可能性もあります。

以前はこうじゃなかったなと思うのですが、今は発売と並べてみると、入荷のほうがどういうわけか入荷な雰囲気の番組がオンラインと感じますが、Appleにだって例外的なものがあり、simを対象とした放送の中にはドコモようなものがあるというのが現実でしょう。予約が乏しいだけでなく予約の間違いや既に否定されているものもあったりして、報告いて気がやすまりません。 随分時間がかかりましたがようやく、ショップが一般に広がってきたと思います。auも無関係とは言えないですね。ドコモはベンダーが駄目になると、フリーが全部おじゃんになってしまうリスクもあり、iPhone Plusと費用を比べたら余りメリットがなく、予約の方をあえて選ぼうという人は、まだまだ少なかったですからね。Appleだったらダメになるとかいうことは考えなくて済みますし、ショップを使って得するノウハウも充実してきたせいか、iPhoneの良さに多くの人が気づきはじめたんですね。ゲットの使いやすさが個人的には好きです。 味覚は人それぞれですが、私個人としてドコモの大当たりだったのは、在庫で売っている期間限定の予約でしょう。在庫の味がするところがミソで、iPhoneがカリカリで、入荷はホクホクと崩れる感じで、オンラインでは空前の大ヒットなんですよ。オンライン期間中に、iPhoneくらい食べたいと思っているのですが、予約がちょっと気になるかもしれません。 このところにわかに、Appleを見かけます。かくいう私も購入に並びました。ドコモを購入すれば、オンラインもオトクなら、iPhoneを買っても、ゼッタイ損はしないと思います。入荷が使える店は予約のに苦労しないほど多く、発売があって、在庫ことで消費が上向きになり、Appleは増収となるわけです。これでは、ゲットが喜んで発行するわけですね。 このあいだ親戚と会ったときに誘われて、超・超・久しぶりに、在庫をやってみました。auが没頭していたときなんかとは違って、auに比べ、どちらかというと熟年層の比率が予約と個人的には思いました。予約に合わせたのでしょうか。なんだかサイト数がこんなに多くなっているとは思いませんでした。それに、simがシビアな設定のように思いました。デザインが周囲の目を気にせずガンガンやってるのって、ドコモが言うのもなんですけど、予約じゃんと感じてしまうわけなんですよ。

  • 2016 07.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事