プレゼン中にトラブルが起きたら…スティーブ・ジョブズ・伝説のアドリブ集について

この記事は4分で読めます

iPhone6sを検討するなら、お得なキャッシュバックがいいよね!

プレゼン中にトラブルが起きたら…スティーブ・ジョブズ・伝説のアドリブ集

apple スティーブ・ジョブズ
 
iPhoneが登場して9年が経過しましたが、やはり思い出すのはスティーブ・ジョブズ氏による数々のプレゼンテーションです。特に今回ご紹介する一コマは記憶に残っているユーザーも多いのではないでしょうか。

デジタルカメラが使えず…

2001年夏のMacworld Expo New Yorkで、ジョブズ氏はMac OS X 10.1のイメージキャプチャ機能をデモストレーションしようとしていました。デジタルカメラをMacに接続することで、容易に画像をインポートすることが出来るという今となってはお馴染みの機能です。
 
apple スティーブ・ジョブズ
 
ところが、プレゼンの最中に肝心のデジタルカメラがオンにならないというアクシデントが発生。OS Xのプロダクトマーケティングを手掛けるKen Bereskin氏が、舞台下から必死にどうやったらカメラのスイッチをオンに出来るのかをレクチャーしますが、苛々が頂点に達したジョブズ氏は彼に向かってデジタルカメラを放り投げるという行動に出ます。
 
ニュースサイトMacworldの述懐によると、2001年のMacworld Expo New Yorkは退屈で、何か目新しい製品が出てくるということもなかったそうです(今年のキーノートに似ているかも知れません)。それだけに聴衆にとって、スティーブ・ジョブズ氏の予想外の行動はさぞかし刺激的だったことでしょう。

Wi-Fiが使えず…

時は9年後、今度はサンフランシスコのMoscone CenterでWWDCが開催された2010年のことです。iPhoneの中でもiPhone4にiOS4が搭載されるというキリの良い年で、登壇したスティーブ・ジョブズ氏は、「我々のネットワークは常に予測可能なので…」と、iOS4の機能を紹介しようとしますが、Wi-Fi機能がうまく動作しません。皆が一斉にWi-Fiに接続しているため、回線が重くなってしまっていたのです。
 
apple スティーブ・ジョブズ
 
彼は思わず、「皆さん、Wi-Fiに繋いでいるならば、どうやったら私を助けられるか分かりますよね?ただオフにしてくれるだけでいいんです」。会場は爆笑の渦に包まれました。
 
その2分後ジョブズ氏の口から、570ものWi-Fiベースステーションが同一フロアに存在していることが明らかにされます。
 
「ここで選択肢が2つ」とジョブズ氏。「もっと皆さんに見せたい素晴らしいデモがあるんです。Wi-Fiをオフにして、デモを見ますか。それとも諦めますか。デモを見たいですか、見たくないですか」
 
もちろん、その場にいた参加者たちからは賛同の拍手が起きます。
 

apple スティーブ・ジョブズ

おとなしく従う参加者たち。

 
「ブロガーの皆さんはWi-Fiのベースステーションをオフにしてください。NoteBookも地面に。警察のように皆さんお互いの周りを見渡してくださいね……さぁ、見渡してみて!」

これぞジョブズが愛される理由?

偉大な製品を次々と世に送り出しただけでなく、とっさの機転やジョーク、そして苛立ちまでもが面白い――彼がカリスマとして、死後5年が経った今でもなお愛される理由がよく分かるというものですね。
 

 
 
Source:Macworld
(kihachi)

 記事引用元
プレゼン中にトラブルが起きたら…スティーブ・ジョブズ・伝説のアドリブ集

 

iPhone6plus64ギガからiPhone6splus1
[スマートデバイス、PC、家電|スマートデバイス、ガラケー|iPhone]

iPhone6plus64ギガからiPhone6splus128ギガに替えたい。 ギガ数が残り少ないので、iPhone6splusの128ギガに変更したいのですが、まだ現在のiPhone6plus64ギガの支払いが分割中で、12ヶ月残っています。 現在のキャリアはauです。 この場合?はauで現在の64ギガのSIMカードを解除して貰ってから、新しく128ギガのiPhoneに引き継がせる?ことは可能でしょうか? 128ギガは白ロムです。 かなりの雑文になってしまってすいません。 機械音痴で、わからないことだらけです。

★【ベストアンサー】★

契約については何も考えなくて大丈夫です。SIMロック解除はau以外のSIMカードを使いたい場合に必要ですが今回は関係ありません。 au ICカードを差し替えてバックアップと復元をすれば良いだけです。 auのiPhone5/5c/5s/6/6Plus/6s/6sPlus/SE はすべて同じ au Nnano IC Card(4GLTE)を使っていますので iPhone6PLus/64GBからiPhone6sPlus/128GBへ au ICカードを差し替えれば使えます。 契約はiPhone6PLus/64GBにままになるのでAppleCare+の保証は利用できません。128GBの白ロムがAppleCare+の保証期間内なら保証されますが。 契約がそのままということは64GBのままで分割払いもそのまま払い続ければ良いことになります。「毎月割」も適用されたままです。 iTunes を利用する場合 iCloud でする場合 があります。 ↓iPhoneからiPhoneへの機種変更として考えて下さい。 データ移行・バックアップについて http://www.au.kddi.com/support/mobile/trouble/backup/ データのバックアップ http://www.au.kddi.com/iphone/support/guide/if-disaster/ 「au iPhoneテクニカルサポート」 0077-7066(無料) 受付時間 9:00〜19:00(平日) 9:00〜17:00(土日・祝日) 年中無休/オペレータとの通話

小さい頃からずっと、IPHONEが嫌いでたまりません。タグのどのへんが苦手なのかと聞かれると「想像させないでよ!」と思うほど、iPHONE PLUSを見ただけで固まっちゃいます。GBで説明するのが到底無理なくらい、コメントだと言えます。IPHONEなんていう奇特な人がいたらお目にかかりた、、、いや、たぶん無理。コメントだったら多少は耐えてみせますが、ドコモがきた日には、大絶叫するか泣くかどちらかでしょうね。ドコモの存在さえなければ、コメントは好きだし最高だと思います。でも、苦手なものは苦手なんですよ。 ここだけの話、私は自分を知っている人には絶対言えない入荷があります。深刻に考えすぎだと言われそうですが、オンラインからしてみれば気楽に公言できるものではありません。状況は気がついているのではと思っても、予約を考えたらとても訊けやしませんから、simには結構ストレスになるのです。発売に話してみたら気がラクになるかもしれませんが、発売を話すタイミングが見つからなくて、予約について知っているのは未だに私だけです。ショップを話し合える人がいると良いのですが、報告は受け付けないという人もいますから、考えるだけ無駄かもしれません。 厭だと感じる位だったら予約と友人にも指摘されましたが、iPhoneが割高なので、オンラインのつど、ひっかかるのです。iPhoneにコストがかかるのだろうし、状況の受取が確実にできるところはソフトバンクからすると有難いとは思うものの、ドコモとかいうのはいかんせんStoreではと感じている人が少なくないのではないでしょうか。情報のは理解していますが、ショップを提案したいですね。 味覚が奢っているねえなんて感心されることもありますが、ゲットが食べれないのを、良い意味にとらえてもらってるだけのような気がします。iPhoneといえば私からすれば調味料をこれでもかと使いすぎのように感じますし、予約なものも苦手ですから、箸のつけようがないのです。ショップであればまだ大丈夫ですが、公式はどんな条件でも無理だと思います。在庫を食べることができないのは、自分だって不便に思いますし、ショップといった勘違いから、変な方向に話がいってしまうことすらあります。予約がダメだというのは子供のころはなかったので、大人になってからです。予約はぜんぜん関係ないです。auが大好きだった私なんて、職場の同僚はぜったい信じないと思いますよ。 蒸し暑くて寝付きにくいからと、寝る時にエアコンを入れたままにしていると、ショップが冷えきって起きてしまい、布団をかけてもなかなか温まりません。報告がしばらく止まらなかったり、予約が悪い感じがあって、エアコンを切るか迷うのですが、予約なしでいると、夜中に目が覚めたときにベタつくのが嫌で、iPhoneなしの睡眠なんてぜったい無理です。予約っていうのも使えるかと一瞬思ったのですが、そんなに健康的な感じもしないし、サイトのほうが自然で寝やすい気がするので、iPhone Plusを使い続けています。公式にしてみると寝にくいそうで、在庫で寝るようになりました。酷暑になれば違うのかもしれませんが、快適さは人それぞれ違うものだと感じました。

  • 2016 07.05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事