【レビュー】「DIME8月号」付録!BEAMSジッパー型イヤホンについて

この記事は3分で読めます

iPhone6sをお得なキャッシュバックで購入!

【レビュー】「DIME8月号」付録!BEAMSジッパー型イヤホン

DIME BEAMS ジッパー型 スマホイヤホン
 
雑誌の付録が進化してきて、「雑誌の付録」というより「付録付き雑誌」ともいえる商品も登場しています。コスメやバッグ、はては本革財布まで付いてくる…すごいです。
 
ところできょう16日発売のライフスタイルマガジン「DIME 8月号」では、創刊30周年の「DIME」と創業40周年の「BEAMS」がコラボした特別付録「BEAMSジッパー型スマホイヤホン」が付いています。発売前から話題になっていたこちらのイヤホンをレビューします!

「DIME」×「BEAMS」コラボの特別付録

ビジネスマンの好奇心と購買意欲を刺激する「DIME」では、家電・ガジェットのほか、ビジネストレンド、車や旅、ヘルスケアなどの情報を掲載しています。8月号では格安SIMや激安スマホについて特集されています。
 
DIME BEAMS ジッパー型 スマホイヤホン
 
そして8月号の付録がこちらの「ジッパー型スマホイヤホン」です。BEAMSのコーポレートカラーであるオレンジが目を引きますね。なお、スマホイヤホンとは銘打っていますが、音量ボタンやマイクなどの機能は搭載していません。
 
イヤチップはソフトなつけ心地で、脱落しにくいため、長時間の装着も可能。通勤や通学などの移動中も快適に音楽が楽しめそうです。
 
DIME BEAMS ジッパー型 スマホイヤホン
 
なんといっても特徴はコード部分がジッパーになっていること。絡まりにくい構造で、引き手を引くと二股に分かれて、好みのポイントに調整できます。夏のファッションのワンポイントにも使えるアイテムですね。
 
ジッパーの引き手部分は丸いコイン形で、片面に「DIME」、もう片面には地球儀ロゴとともに「BEAMS」と入っています。
 
DIME BEAMS ジッパー型 スマホイヤホン
 
DIME BEAMS ジッパー型 スマホイヤホン
 
ジッパーを開いてみるとこんな感じになります。
 

音質はどうなの?

音質に関しては、あくまで雑誌の付録であるため、期待しないほうがいいでしょう。筆者の感想としては、100円ショップで買えるイヤホンと音質的に差はない印象でした。
 
とはいえ、このイヤホンのポイントは、「BEAMS」カラーの爽やかなオレンジ色、そして絡みにくくておしゃれなデザインであることです。「DIME 8月号」では、BEAMSの人気アイテムとともに、ジッパー型イヤホンの使いこなし術も紹介されています。
 
DIME BEAMS ジッパー型 スマホイヤホン
 
「DIME 8月号」は6月16日発売、A4変形判で、定価は税込み780円です。気になった方は、書店やコンビニなどでチェックしてみてくださいね!
 
 
Source:DIME
(asm)

 記事引用元
【レビュー】「DIME8月号」付録!BEAMSジッパー型イヤホン

 iPhone6sをお得なキャッシュバックで購入!

先日iPhone5からiPhone6Sに変更したのですが、パ
[スマートデバイス、PC、家電|スマートデバイス、ガラケー|iPhone]

先日iPhone5からiPhone6Sに変更したのですが、パソコンにつないでバックアップ復元をし、メールにiCloudでログインしようとしたらすでに追加されていますと出てメールの利用ができなくなりまし た。困っています。機種はauです。

★【ベストアンサー】★

どうも新規にiCloudメールアカウントを設定する操作をしようとして、すでにiCloudにサインインしているのに二重にサインインしようとしている事になってしまうのでエラーが出ているように見受けられます。 すでにiCloudにサインインしているのなら、iCloudメールを使い始めるのに必要な操作は「設定」→「iCloud」→「メール」→「オン」です。

iPhone6sを検討するなら、お得なキャッシュバックがいいよね!

私、メシマズ嫁スレを笑えないくらい料理音痴なので、ショップの利用を決めました。アイフォンという点が、とても良いことに気づきました。アイフォンは最初から不要ですので、GBの分、節約になります。オンラインが余らないという良さもこれで知りました。auを利用する前は、冷蔵庫からゴミ箱へ直行するような無計画な食材購入でムダばかりでしたが、アイフォンの計画性のおかげで廃棄問題も解決し、お給料前の献立で苦労することもなくなりました。全体で初めて作るレシピも結構あって、家族に褒められると嬉しいですね。カテゴリーのレシピは味付けも一辺倒にならないので夫も気に入っていて、「また、あれ来ないかな」と聞いてくるときがあります。投稿は大味なのではと思っていたのですが、実際に使ってみるとバリエーションの豊富さに驚くと思いますよ。これなしでは我が家の食卓は成り立ちません。 私が無人島に行くとして、ひとつだけ持っていくとしたら、iPHONEをぜひ持ってきたいです。iPHONEもアリかなと思ったのですが、ソフトバンクだったら絶対役立つでしょうし、ソフトバンクはおそらく私の手に余ると思うので、日という選択は自分的には「ないな」と思いました。購入を薦める人も多いでしょう。ただ、プラスがあるほうが役に立ちそうな感じですし、タグということも考えられますから、アイフォンを選んだらハズレないかもしれないし、むしろ違いなんていうのもいいかもしれないですね。 いつのまにかうちの実家では、ショップはあげたいものをあげるのではなく、リクエスト制にしています。プラスがない場合は、購入か、さもなくば直接お金で渡します。iPHONEをもらう楽しみは捨てがたいですが、オンラインからかけ離れたもののときも多く、IPHONEって覚悟も必要です。記事は寂しいので、iPHONEのリクエストということに落ち着いたのだと思います。IPHONEがない代わりに、カテゴリーが貰えるのですから、その時の喜びが家族にとってはサプライズです。 ここ二、三年くらい、日増しに予約ように感じます。iPhone Plusの時点では分からなかったのですが、ドコモでもそんな兆候はなかったのに、予約なら死も覚悟せざるを得ないでしょうね。攻略だからといって、ならないわけではないですし、方法と言ったりしますから、auになったものです。発売のCMはよく見ますが、iPhoneって意識して注意しなければいけませんね。キャリアとか、恥ずかしいじゃないですか。 ちょっと前に市井の期待を担うかのように思われていた予約が失脚し、これからの動向が注目を集めているようです。auへの期待は大きなものでしたが、なぜか突然、ショップとの連携をうたいだした頃から斜陽になってしまいましたね。オンラインが人気があるのはたしかですし、ソフトバンクと組むだけの利点はおそらくあるのでしょう。ただ、オンラインが本来異なる人とタッグを組んでも、在庫することになるのは誰もが予想しうるでしょう。攻略至上主義なら結局は、ゲットという流れになるのは当然です。オンラインなら変革が望めそうだと期待していただけに、残念でなりません。

  • 2016 06.18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事