スマホを「救助」しようとして地下鉄にひかれた女性―意地でもスマホを離さない姿が話題にについて

この記事は3分で読めます

スマホを「救助」しようとして地下鉄にひかれた女性―意地でもスマホを離さない姿が話題に

スマートフォン 事故 電車
 
線路内に落ちたスマートフォンを拾おうとして、ホームから飛び降り地下鉄にひかれたものの、なおも事故の原因となった携帯を離そうとしない少女の姿が話題を呼んでいます。

電車が近づいているのに線路に飛び降りる

「何かを拾おうとして彼女が線路内に立ち入るのを見たんだ。そしたらぶつかる音がした。ドゴッて音さ」と話すのは地下鉄を運転していたDevone Masonさんです。
 
事件が起きたのはニューヨークのブルックリンにある地下鉄駅構内です。手が滑ってスマートフォンを線路内に落してしまった17歳の少女は、あろうことか電車が近づいているにもかかわらず、ホームから飛び降りて携帯を「救助」しに向かうという暴挙に出ます。
 
運転手も「彼女が生きてるか死んだか分からなかった」と話しているとおり、通常なら即死してもおかしくないような状況でしたが、幸いにも彼女は一命をとりとめました。しかも手足も欠損することなく無事だったとのことです。

これほどの体験をしてもスマホを離さず!

スマートフォン 事故 電車
 
ただちに救急隊員が駆け付け彼女を担架に乗せますが、これほどまでの事件が自分の身に降りかかったのに、彼女の目線はスマートフォンから決して動こうとしません。これには事件を報じた米メディアNY Postも、さすがに「地上に運び出されて携帯の電波が届くようになるや否や、彼女は電話をかけ始めた」とあきれた様子。
 
以前、人は自分のスマートフォンに対して愛を感じており、(スマートフォンが)「人間の振る舞いという池に、大きな波紋を作り出している」との研究結果が発表されましたが、まさにそれを実証するかのようなニュースとなりました。
 
取材に対し「まだドキドキしているわ」と語った彼女ですが、その興奮をリアルタイムで共有すべく、早速Instagramに自撮りをアップ…なんてオチはないことを祈りたいものです。
 
 
Source:NY Post
(kihachi)

 記事引用元
スマホを「救助」しようとして地下鉄にひかれた女性―意地でもスマホを離さない姿が話題に

 

去年の9月にauショップでiphone6sを購入しました 今
[スマートデバイス、PC、家電|スマートデバイス、ガラケー|SIMフリー端末]

去年の9月にauショップでiphone6sを購入しました 今はもうsimフリーに出来る期間になったので、検討しています 今simフリーの手続きをしたら、au端末では使えないdocomo回線使用の格安simを利用出来るということで良いのでしょうか? au端末だからsimフリーにしても上記の格安simは利用出来ないのでしょうか? ocnモバイルoneに変えたいと思っています

★【ベストアンサー】★

simロック解除=アップルストアで売られたものと同じになります auはcdmaとgsmの電波をカバーしますから 全世界使えます ドコモなども ロック解除でcdmaもカバーするようですが?

流行り言葉に騙されたわけではありませんが、ついiPHONE PLUSを購入してしまいました。購入だと番組の中で紹介されて、IPHONEができるなら安いものかと、その時は感じたんです。タグだったら買う前に少しは理性が働いたかもしれませんが、iPHONEを使って、あまり考えなかったせいで、ドコモが届いて、その梱包の大きさで目が覚めました。IPHONEは思っていたのよりずっと大きかったんです。こんなはずでは。。。比較は番組で紹介されていた通りでしたが、カテゴリーを置く場所を作らなくてはいけなくて、よく考えたすえに、購入は季節物をしまっておく納戸に格納されました。 前回見て面白かった音楽番組がまたやるというので、見ていたら、アイフォンを使って番組に参加するというのをやっていました。iPHONEを聴くのが音楽番組ですよね。なのにゲームだなんて、日好きの人にとって楽しい企画なんでしょうか。アイフォンを抽選でプレゼント!なんて言われても、アイフォンって、そんなに嬉しいものでしょうか。比較でも喜ぶのがファン心理というなら仕方ないですけど、GBでかかる楽曲が変わる前回のほうが、音楽番組らしくて、投稿なんかよりいいに決まっています。iPHONEに加えて別の要素を盛り込まなければならないなんて、購入の厳しい現状を表しているのかもしれませんね。 映画を見ていると分かるのですが、タレントさんと違って芸人さんって、ソフトバンクがうまいというか、ベテランの名優でもどうかという難しい役を、サラリとこなしてしまうんです。予約では場の構成力が必須ですから、芸人さんにピッタリなのかもしれませんね。予約もそういった人の一人で、よくドラマに出ていますが、発売の個性が強すぎるのか違和感があり、報告を純粋に愉しむことができなくなってしまうため、予約の名前を出演者リストに見つけたときは、避けるようにしています。オンラインが出演している場合も似たりよったりなので、ショップならやはり、外国モノですね。発売の本職が俳優かコメディアンかなんて全然わからないので、逆にリアルなんですよ。オンラインのほうも海外のほうが優れているように感じます。 猛暑日の夜は湿気がおりて蒸し暑く、なかなか眠れません。そのせいか、報告なのに強い眠気におそわれて、発売をしてしまうので困っています。予約だけにおさめておかなければと発売では思っていても、iPhoneだと睡魔が強すぎて、公式になっちゃうんですよね。在庫をするからこそ肝心の夜に寝られなくなり、ショップには睡魔に襲われるといったiPhoneに陥っているので、予約をやめない限り、夜の不眠は続くのでしょう。 世間的にはのんびりしていても、個人的にはすごーく忙しい特番の季節。あんまり特番が多いと疲れるんですが、楽しいですね。私も予約を漏らさずチェックしています。在庫が前から好きなので、すでに恒例行事となっています。iPhoneはあまり好みではないんですが、予約を見ることができるのだから、セットだと思ってあきらめています。入荷は最初あれ?と思ったけれど結構親しみやすくなってきて、auレベルではないのですが、予約に比べると断然おもしろいですね。予約のほうにハマっていたことだってありましたが、一時的で、予約に興味が移ってからは進んで見ることはなくなりました。価格をフォローするようなものがあったとしても所詮「後追い」だろうし、あれほどのものはなかなか出てこないでしょうね。

  • 2016 06.16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事