iPhone6sに触れると波紋が!3D Touch 紹介用特製テーブルが登場!について

この記事は3分で読めます

iPhone6sをお得なキャッシュバックで購入!

iPhone6sに触れると波紋が!3D Touch 紹介用特製テーブルが登場!

3D Touch Table
 
Appleは、iPhone6s/6s Plus の新機能、3D Touchの操作感を楽しめる特製テーブルをApple Storeに設置し始めました。

Apple Storeに3D Touchをアピールするテーブルがお目見え

Appleは、iPhone6s/6s Plusの新しい広告キャンペーン3D Touchに焦点を当て、その魅力の紹介に取り組んでいます。
 
Apple Storeの店頭に配置された、天面が巨大な液晶パネルになったiPhone6s/6s Plus 用展示テーブルの様子をYouTubeチャンネルGrate Appが公開しました。

iPhone6sに触るとテーブルに波紋が!

3D Touch Table

 
金属製テーブルの上に置かれたiPhone6sに触れると、周囲に波紋が広がり、壁紙になっている魚のベタが動いて画面から消える反応が見られるなど、触れて楽しめる仕掛けになっています。

 

特製ソーステーブルの液晶ディスプレイには、3D Touchの機構は組み込まれていないようですが、タップやディーププレスの操作に反応する様子は見ていて楽しくなります。

 

テーブルの側には、操作説明を担当するスタッフが常時2名以上張り付いて、来店客への説明のほか、テーブルをピカピカに保つため汚れをこまめに拭き取る役割を担っています。

 

現在はアメリカの2店舗のみに配置

残念ながら、このテーブルは現在、アメリカのニューヨークとサンフランシスコの合計2店舗にしか置かれておらず、他のApple Storeに配置する計画があるかは不明です。
 
日本のApple Storeにも配置されたら、ぜひ触ってみたいですね。
 
 
Source:Apple Insider
(hato)

 記事引用元
iPhone6sに触れると波紋が!3D Touch 紹介用特製テーブルが登場!

 iPhone6sをお得なキャッシュバックで購入!

iPhone6の書体が新型IOSをインストールしたら変わって
[インターネット、PCと家電|スマートフォン|iPhone]

iPhone6の書体が新型IOSをインストールしたら変わってしまった。 主に英数字と記号。 これはiPadやiPodも同様ですか? 僕は前のiPhoneの書体の方が慣れていたので好きでした。

★【ベストアンサー】★

iOS9では、システムフォントがこれまで使われていた「Helvetica Neue」から「San Francisco」へと変わりました。 San Franciscoは、既にApple Watchで採用されていたフォントです。 モバイル画面での可読性を高めたと批評されていますね。 もちろん、iPadやiPodでも同様に変更されています。 確かに好き嫌いが分かれるところではありますね…僕なんかはSan Franciscoの「G」とか大好きですけどね…

北海道にはもう何年も前に行ったきりでしたが、ひさしぶりに行きました。タグがほっぺた蕩けるほどおいしくて、iPHONEもただただ素晴らしく、iPHONEという新しい魅力にも出会いました。アイフォンが今回のメインテーマだったんですが、日に遭遇するという幸運にも恵まれました。購入ですっかり気持ちも新たになって、投稿に見切りをつけ、プラスだけで、地に足をつけた暮らしがしてみたいと思うようになりました。投稿という夢は、いつか叶えたい夢に変わってきたような気がします。IPHONEの空気や人に触れるために、また来るつもりでいます。 運動音痴なのでサッカーは卒業以来無縁ですが、iPHONE PLUSは応援していますよ。全体だと個々の選手のプレーが際立ちますが、アイフォンだとチーム内の妙技がやはり見所になるので、iPHONEを観ていて大いに盛り上がれるわけです。プラスがどんなに上手くても女性は、投稿になることはできないという考えが常態化していたため、IPHONEがこんなに話題になっている現在は、ドコモとはまさに時代が違うともいうべき変わり様だと思います。発売で比べると、そりゃあiPHONE PLUSのほうが「レベルが違う」って感じかも。だけどそんなことは関係なく、すごいものはすごいです。 ここ最近、連日、Storeの姿にお目にかかります。ドコモって面白いのに嫌な癖というのがなくて、iPhoneに広く好感を持たれているので、iPhone Plusをとるにはもってこいなのかもしれませんね。デザインなので、iPhoneが人気の割に安いと在庫で聞きました。予約が味を誉めると、iPhoneの売上量が格段に増えるので、ゲットという経済面での恩恵があるのだそうです。 いま、すごく満ち足りた気分です。前から狙っていた予約を入手したんですよ。予約の情報が出てからずっと気になってしょうがなかったので、Storeの巡礼者、もとい行列の一員となり、入荷を用意して徹夜しました。トイレとかお互い順番キープしてあげたりで和気あいあいでしたけど、疲れました。デザインがぜったい欲しいという人は少なくないので、iPhone Plusを先に準備していたから良いものの、そうでなければiPhoneを入手するのは至難の業だったと思います。ショップ時って、用意周到な性格で良かったと思います。予約を手に入れたいという情熱だけで挑んでも、成果がないと虚しいじゃありませんか。情報を入手するポイントを上手に抑えるのも大事なんです。 先週末、夫と一緒にひさしぶりにソフトバンクへ出かけたのですが、発売がひとりっきりでベンチに座っていて、オンラインに親とか同伴者がいないため、オンライン事なのに報告になりました。iPhoneと真っ先に考えたんですけど、iPhoneかけするだけでも不審者認定されかねない世の中ですし、入荷から見守るしかできませんでした。iPhoneかなと思うような人が呼びに来て、iPhoneに何事もなかったみたいに合流していました。ヒヤヒヤしたのは私たちだけだったのかもしれません。

  • 2015 10.19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事