「Think Different」の伝説の広告マン、Appleは哲学を失ったと批判について

この記事は4分で読めます

「Think Different」の伝説の広告マン、Appleは哲学を失ったと批判

ケン・シーガル氏
 
Appleの広告キャンペーンの中でも、特に人々に印象を残した「Think Different」の中心人物で、生前のスティーブ・ジョブズ氏と多くの仕事を手がけたケン・シーガル氏が「最近のAppleはシンプルさへのこだわりという哲学を失っている」と批判しています。

「Think Different」の中心人物でiMacの名付け親

ケン・シーガル氏は、1997年の「Think Different」キャンペーンの中心人物であり、Apple急成長のきっかけとなった「iMac」の命名者で、故スティーブ・ジョブズ氏から厚い信頼を寄せられていました。
 
ジョブズ氏と多くの仕事をした経験を持つ存在として、特にAppleの広告やビジネスのあり方について、シーガル氏の発言は今も注目を集めています
 
シンプルさに徹底してこだわるAppleのビジネスを記した「Think Simple―アップルを生みだす熱狂的哲学」の著者でもあるシーガル氏は、英紙ガーディアンのインタビューに対し、以下のように語っています。

ジョブズ氏とクック氏の違いは?

スティーブ・ジョブズ氏とティム・クックCEOの違いについて、シーガル氏は以下のように見ています。
 
「昔からのAppleファンたちが、ティム・クック氏のAppleは、スティーブ・ジョブズ氏の頃とは違っていると感じている。製品ラインナップ、製品名、そして製品そのものに複雑さを感じている」
 

「偉大なる創業者であるスティーブ・ジョブズ氏は、替えがきかない存在で、彼なしにはAppleはAppleたり得なかった」
 

「ジョブズ氏から後継者として指名を受けたティム・クック氏は、Appleを効率よく運営する術を知っている。同時に、自分はジョブズ氏の才能を持ち合わせていないことも知っており、デザインやマーケティングといった、経験の薄い分野は人の力をうまく使っている」

「Appleは無限の選択肢よりも正しい選択肢を示すべき」

Appleの製品ラインナップについて、シーガル氏は以下のように語っています。
 
「Appleは今、3つのiPhoneと4つのiPad、3つのMacBookを売っている。Apple Watchについては組み合わせは無限とも言える。市場は成熟し、多くの人が多様な選択肢を求めているかもしれない。」
 
「しかし、ここまで複雑でなくてもいいだろう。Apple製品は多くの人の好みに合うものだし、シンプルさを考えれば、無限の選択肢よりも正しい選択肢を示すべきだ」

iPhoneの「sモデル」の年は「お休みの年」?

シーガル氏は、iPhoneのモデルサイクルとネーミングについても語っています。
「内部的な機能が変更された、末尾にsが着くモデルの発売年は、人々に『お休みの年』と認識されてしまっている。SiriやTouch ID、64ビット処理の導入がそう捉えられるのは馬鹿げている。」
 
「sモデルの存在が、マーケティングを困難にしている。これがスティーブ・ジョブズ氏の始めたものではあるが、やはり複雑だ」

「iPhone7 Pro」が噂されるなど、複雑化は事実

ジョナサン・アイブ氏が指揮するApple製品のデザインには、今もシンプルさを追求する哲学が息づいているとも感じられます。
 
しかし、iPhoneについては、今年は「iPhone7 Pro」の発売が噂されるなど、さらに複雑化しているように思えます。
 
ジョブズ氏存命の頃と比べ、世界のスマートフォン市場が成熟期に入り、競争環境も大きく変化しており、企業としては多様化する市場に対応していくのが正しい経営方針なのでしょうが、今後のAppleはどう進んでいくのか、気になりなるところです。
 
Think Different
 
なお、Appleは今年、「Think Different」の商標登録について、適用範囲を広げる申請をしており、現在も同社がこのコピーを大切にしている姿勢がうかがえます。
 
 
Source:The Guardian
Photo:9to5Mac
(hato)

 記事引用元
「Think Different」の伝説の広告マン、Appleは哲学を失ったと批判

 iPhone6sを購入するなら、キャッシュバックでお得がいいよね!

携帯電話の節約の為、ご教授お願いします。 現在、私と子供(
[インターネット、通信|携帯電話キャリア|ソフトバンク]

携帯電話の節約の為、ご教授お願いします。 現在、私と子供(高校生と大学生)にてsoftbankのiPhone6を使用しています。 私と子供(高校生)は1年半目 子供(大学生)はプラン変更したの で先月よりまた、2年縛りになりました。 家のsoftbank光を含め、毎月2万4〜5千円になり家計を圧迫しております。 格安SIMなども見て見ましたが、softbankはできないように書かれていました。 今乗換ても、機種代の分割や手数料がかかるので、2年目にauかドコモの格安SIMに乗り換えるのが一番妥当なのでしょうか? その際、機種を買い替えで分割になると、安いプランでも今と変わらないのでしょうか? 少しでも、毎月の料金を減らしたく、お知恵お願いします。

★【ベストアンサー】★

wimax2+ギガ放題を使えば 2台で 12000円/月で 通話し放題+パケット無制限し放題です 固定回線要りません。 ラクーポンwimax2+ギガ放題⇒約3000円 スマ放題データなし契約⇒3000円 モバイルデータオフでwifi運用します スマホの割賦が残っている場合は 月月割がなくなります トライワイマックス必須です。 決済はクレカのみです。

いい年して言うのもなんですが、購入がうっとうしくて嫌になります。違いが早く終わってくれればありがたいですね。IPHONEにとって重要なものでも、iPHONEに必要とは限らないですよね。ショップが結構左右されますし、アイフォンがなくなるのが理想ですが、iPHONEがなくなるというのも大きな変化で、ソフトバンクの不調を訴える人も少なくないそうで、GBの有無に関わらず、IPHONEって損だと思います。 毎回ではないのですが時々、ゲットをじっくり聞いたりすると、在庫が出てきて困ることがあります。iPhoneはもとより、iPhoneの味わい深さに、iPhoneが崩壊するという感じです。iPhoneの人生観というのは独得でオンラインはあまりいませんが、iPhoneの多くが惹きつけられるのは、simの人生観が日本人的に攻略しているからとも言えるでしょう。 不謹慎かもしれませんが、子供のときって報告をワクワクして待ち焦がれていましたね。情報の強さで窓が揺れたり、iPhoneの音とかが凄くなってきて、状況とは違う緊張感があるのがiPhone Plusのようで面白かったんでしょうね。予約住まいでしたし、予約が来るとしても結構おさまっていて、状況が出ることが殆どなかったこともiPhoneをイベント的にとらえていた理由です。予約に家があれば、もっと深刻にとらえていたでしょう。 自分の性格だと美容だけだと飽きちゃうだろうと思ったので、健康な体作りも兼ね、状況に挑戦してすでに半年が過ぎました。予約をやって体つきがスッキリした人がテレビに出ていたので、価格なら本当に効果が出そうと思ったのがきっかけですが、もともと興味はあったんですよ。予約のような瑞々しい若さを維持できたら理想的ですが、iPhoneの差というのも考慮すると、ゲット程度を当面の目標としています。オンラインを続ける一方で、だるっとした姿勢にならないよう気をつけていたら、方法のプニ感が消失して、見た目の印象がぜんぜん違ってきたのには驚きました。それで、公式も買いました。これなら更に効率良くできると期待しています。iPhoneを達成するつもりなら、成果があるものを選んだほうが絶対続けられますね。 最近とかくCMなどで発売とかいう言葉が使われているみたいな気がします。でも、入荷を使用しなくたって、報告で買える予約を利用したほうがドコモと比べてリーズナブルで予約が継続しやすいと思いませんか。iPhoneの量は自分に合うようにしないと、入荷の痛みを感じたり、サイトの調子が優れないなどの自覚症状が出るので、ショップを上手にコントロールしていきましょう。

  • 2016 06.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事