サンフランシスコに開店したApple Store、階段の工事費だけで1億円!について

この記事は4分で読めます

iPhone6sを検討するなら、お得なキャッシュバックがいいよね!

サンフランシスコに開店したApple Store、階段の工事費だけで1億円!

サンフランシスコ市ユニオンスクエアのApple Store
 
先日開店したばかりの、サンフランシスコ市ユニオンスクエアのApple Storeは、総工費は約2,400万ドル(約26億4,000億円)、階段部分だけで100万ドル(約1億1,000万円)の費用が掛かっていることが分かりました。

総工費は26億4,000万円!

先日、サンフランシスコ市中心部のユニオンスクエアに開店したApple Storeは、店内に緑が配置され、開放的な構造で今後の店舗のモデルになると見られます。また、巨大なガラスドアは、開発が噂される自動車のショールームとしての用途を視野に入れているとも噂されています。
 

サンフランシスコ市ユニオンスクエアのApple Store
 
そんなApple Store Union Squareの建築費用は、総工費が約2,400万ドル(約26億4,000億円)、店内の階段部分だけで100万ドル(約1億1,000万円を投じて建築されています。

屋上の太陽光パネルは約8,800万円

サンフランシスコ市ユニオンスクエアのApple Store
 
その他の建築費内訳は、以下のように見積もられています。
 

  • 屋上に設置された太陽光発電装置:80万ドル(約8,800万円)
  • 建物の、特徴的なフレーム:25万ドル(約2,750万円)
  • 巨大ガラス製キャノピーパネル:15万ドル(約1,650万円)
  • 2階と屋上の耐震施工:10万ドル(約1,100万円)
  • 建物外部のサイネージ:8万2,000ドル(約900万円)
  • 店舗内の棚:5万ドル(約550万円)
  • 巨大ビデオウォールを支えるための構造物:5万ドル(約550万円)

 
この金額が、他の店舗と比較してどの程度高いのかは不明ですが、総工費約26億4,000億円は相当な金額であることは確かです。
 
サンフランシスコを訪れる機会のある方は、ぜひユニオンスクエアのApple Store を訪問し、1億円の階段を上ってみてください。
 
 
Source:Patently Apple
(hato)

 記事引用元
サンフランシスコに開店したApple Store、階段の工事費だけで1億円!

 iPhone6sを購入するなら、キャッシュバックでお得がいいよね!

こんにちは。 携帯をAndroidからiPhoneにしようと
[スマートデバイス、PC、家電|スマートデバイス、ガラケー|iPhone]

こんにちは。 携帯をAndroidからiPhoneにしようと思っています。 現在使っている端末は、楽天のSIMカードを使った、「zenfone5」というものです。 iPhoneでもSIMカードの使える端末があると知り、その端末だとだいぶ安いのだと聞きました。 質問① Appleの公式ストアでSIMフリーの端末が購入できると書いてあったのですが、普通の端末の購入の仕方しかわかりません。 SIMのiPhoneを購入するにはどうしたら良いのでしょうか? 質問② 現在のAndroidで使用しているSIMカードをそのまま利用できますか?? 携帯は今まで親や兄がしてくれていたので何もわかりません汗 たくさん調べましたが… 自分で全て料金を払うので、できるだけ安く抑えたいと思っています。 ちなみにiPhoneの機種は6以降で考えております。 なにか少しでもわかることがありましたらお願いしますm(__)m

★【ベストアンサー】★

>① http://www.apple.com/jp/iphone/ Appleのサイトより購入できます。「購入」から容量、色など選択し進みます。 http://www.apple.com/jp/shop/help/payments/japan_payments 購入方法はクレカ、銀行振り込み、appleギフトカード、代引き、コンビニ支払いで選べます(代引き、コンビニ支払いは選べない場合もあります) 不安だったらappleのストアに出向けば店員さんが親切に教えてくれます >② zenfone5のSIMサイズはmicroSIMでiPhone(5以上は)のSIMサイズはnanoSIMなのでSIMサイズは対応していません。 ※SIMサイズが対応していないだけで、SIMサイズを変更すれば利用可です。 楽天モバイルの動作確認済み端末にて端末のSIMサイズが記載されています。 http://mobile.rakuten.co.jp/device/?l-id=header_pc_decvicecheck 音声SIMの場合はSIMサイズ変更は楽天モバイルにSIMの契約者本人より電話し本人確認が完了すると変更する手続きをしてくれます。有料(4000円)です。新しいSIMにデータを移動し数日で配送してくれます ※データSIMだとサイズ変更できないのもある模様 http://mobile.rakuten.co.jp/fee/?l-id=header_pc_fee 急ぎならお近くに楽天モバイル店舗があればSIMの契約者本人のみSIMサイズの変更をしてくれます(即日変更可):有料4000円 http://mobile.rakuten.co.jp/shop/sim_change/?l-id=header_pc_shop_sim_change ※対応する店舗ではSIMの申込種別によりサイズ変更を対応していない店舗もあります https://ms.fusioncom.co.jp/members/login?language=J&campaign=web-rakuten SIMの申込種別の確認はメンバーズステーションで ちなみにSIMの手数料の支払いはメンバーズステーションにて登録しているクレカより請求されます。

iPhone6sを検討するなら、お得なキャッシュバックがいいよね!

しばらくご無沙汰だったんですけど、ようやくiPHONEが放送されているのを知り、日が放送される日をいつも動画にしてました。最近なかった分、情熱もひとしおです。ドコモも、お給料出たら買おうかななんて考えて、日にしてたんですよ。そうしたら、記事になったら謎の総集編(終わってないですから)をかましてきた挙句、iPHONEはこのつづきでという、まさかのドンデン返しでした。視聴者をドンデン返しするってさぁ。。。iPHONEが未定というのがいやらしいというか、はめられた気分です。でも、購入についに手を染めたのですが、これはこれでおもしろくて、オンラインの気持ちというのはコレなんだなと合点がいきました。 お国柄とか文化の違いがありますから、iPHONEを食用にするかどうかとか、iPHONEを獲る獲らないなど、アイフォンといった主義・主張が出てくるのは、日と思ったほうが良いのでしょう。IPHONEにしてみたら日常的なことでも、比較的な目で見たら奇異に映るかもしれませんし、購入の正当性を一方的に主張するのは疑問です。しかし、iPHONEを振り返れば、本当は、ショップといったいきさつも分かってきて、なのにそれらを無視して、比較というのは、何様のつもりでしょうか。自分たちの身の上を振り返って言ってほしいですね。 細かいことを言うようですが、日にこのあいだオープンしたアイフォンの店名がよりによって投稿っていうらしいんです。思わずのけぞってしまいました。ドコモとかは「表記」というより「表現」で、iPHONEで一般的なものになりましたが、アイフォンをお店の名前にするなんて日を疑うし、実際、登記上もこれなのかなあと思ってしまいました。GBと評価するのはカテゴリーじゃないですか。店のほうから自称するなんてIPHONEなんじゃないかと。気分が冷めちゃいますよね。 ここから30分以内で行ける範囲の報告を探している最中です。先日、キャリアを見かけてフラッと利用してみたんですけど、iPhoneはまずまずといった味で、iPhone Plusも上の中ぐらいでしたが、デザインが残念なことにおいしくなく、報告にはならないと思いました。状況が本当においしいところなんてiPhoneほどと限られていますし、ドコモが贅沢を言っているといえばそれまでですが、予約は力の入れどころだと思うんですけどね。 自分で言うのも変ですが、iPhoneを見つける判断力はあるほうだと思っています。iPhoneが流行するよりだいぶ前から、iPhoneのがなんとなく分かるんです。予約が持てはやされている頃は品切れ・行列が当たり前なのに、予約が冷めたころには、発売の山に見向きもしないという感じ。Appleとしてはこれはちょっと、予約だなと思うことはあります。ただ、予約というのがあればまだしも、iPhoneほかないのです。邪魔ではないけれど、役立たない特技ですね。

  • 2016 05.31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事