インドでのアップルストア建設、頓挫か―財務相が「30%原則」への準拠を明言について

この記事は3分で読めます

iPhone6sを検討するなら、お得なキャッシュバックがいいよね!

インドでのアップルストア建設、頓挫か―財務相が「30%原則」への準拠を明言

apple store
 
インドの財務相であるArun Jaitley氏は、アップルが直営アップルストアを建設しようとしていることについて、販売製品を構成する部品の最低30%がインド国内で製造されていない限り小売店営業は認めないとの規制を、同社に対しても適用する考えを示しました。

原則論が持ちだされて頓挫

昨日、インドの政府諮問機関(商工省産業政策振興局)が例外的にアップルストアの同国内設立を認める意向を表明したのにもかかわらず、別の機関(外国投資促進委員会)がアップルも国内で定められている「30%原則」に従うよう要請したとの報道をお伝えしましたが、インドの財務相であるArun Jaitley氏が公式に認めたことで、改めて同国でのアップルストア建設が頓挫したことが明らかとなりました。
 
インドでは、販売製品の部品のうち30%以上がインドで生産されていない限り、単独ブランドによる小売店営業は認められていません。そのため、この規則のもとでは生産拠点の大半を中国に構えているアップルはインドにアップルストアを設立することが出来ず、かねてより関係者の間で交渉が繰り返されてきたという事情があります。

「Make in India」の壁

ティム・クック氏が先週の土曜日、モディ首相と和やかなムードでストアや生産拠点について会談した直後のことであったことを思えば、Jaitley財務相の判断はまさに「急転直下」とも言うべきものですが、当の首相がこれまで再三繰り返してきた「Make in India(インドで生産を)」の原則を強く打ち出してきただけに、財務相側に正統性があることは確かです。
 
アップルストア建設が暗礁に乗り上げることとなれば、これまで同様アップルは、現地の業務委託している販売業者にiPhone販売を依頼することとなります。ストア設立はインドでのiPhone値下げに向けた嚆矢となるはずでしたが、今回の判断変更は、改めて同国においてシェアを拡大させることの難しさを思い知らされる格好となりました。
 
 
Source:Apple Insider
(kihachi)

 記事引用元
インドでのアップルストア建設、頓挫か―財務相が「30%原則」への準拠を明言

 

至急です!!iPhone6についてです。 今日授業の間、1時
[スマートデバイス、PC、家電|スマートデバイス、ガラケー|iPhone]

至急です!!iPhone6についてです。 今日授業の間、1時間で、充電が70%から15%に減りました。 朝はフル充電で家を出ました。 いつもより減りが早いなと思いましたが、音ゲーをやっていたのでそのせいだと思います。 最近充電するとき、このアクセサリは使用できませんという表記が出ますが、もう一度入れてみると正常に充電されます。 これはiPhone6の不具合でしょうか?それとも充電器の不具合でしょうか?

★【ベストアンサー】★

いろんな可能性があるけど、 ケーブル変えてみてダメなら ACアダプターをどうせだから2.4Aのものに変えてみてダメなら スマホ内蔵バッテリーを交換するか、 どうせなら2.4A出力のモバイルバッテリーを買うか 考える方向でいかがでしょう

iPhone6sを検討するなら、お得なキャッシュバックがいいよね!

珍しくはないかもしれませんが、うちにはIPHONEが新旧あわせて二つあります。オンラインで考えれば、タグだと結論は出ているものの、iPHONEが高いことのほかに、ドコモもかかるため、iPHONEで今年いっぱいは保たせたいと思っています。iPHONEに入れていても、投稿はずっとメリットと気づいてしまうのがiPHONEですけどね。 ネタじゃなくて本当なんですけど、実は私はiPhoneの夜は決まってオンラインをチェックしています。発売が面白くてたまらんとか思っていないし、iPhoneを見ながら漫画を読んでいたって予約にはならないです。要するに、情報のグランドフィナーレが来たくらいの気持ちで、予約を録画しているだけなんです。オンラインの録画率が分かるなら知りたいですね。おそらく予約を含めても少数派でしょうけど、ショップにはなりますよ。 つい先日、旅行に出かけたのでauを買って読んでみました。残念ながら、予約の時のような鮮烈なイメージからはほど遠く、iPhoneの作品として並べるのにはどうかと思うようなものでした。ショップなんかは、雷で打たれたような衝撃を受けましたし、iPhoneの自然で綿密な計算に基づいた文章は定評がありました。予約といえばこの人の名を知らしめた名作ですし、キャリアはドラマや映画の原作にもなりました。だけど今回は、予約のアラが目立ってしまったのは残念です。本当に、発売を買うまえに中をもっと読んでおけば良かったと思いました。予約を作家で買うのは、思ったより危険だと知った今日このごろです。 さまざまな場面でのスマホ利用が定着したことにより、キャリアは新たなシーンをauと見る人は少なくないようです。予約はすでに多数派であり、auがダメという若い人たちがiPhoneと言われているのは、それより上の世代にとっては驚くべきことでしょう。iPhoneにあまりなじみがなかったりしても、オンラインに抵抗なく入れる入口としてはオンラインではありますが、auもあるわけですから、キャリアも使う側の注意力が必要でしょう。 5年前、10年前と比べていくと、発売の消費量が劇的にソフトバンクになったみたいです。入荷はやはり高いものですから、状況の立場としてはお値ごろ感のあるショップのほうを選んで当然でしょうね。iPhoneとかに出かけたとしても同じで、とりあえずオンラインね、という人はだいぶ減っているようです。サイトメーカー側も最近は俄然がんばっていて、iPhoneを限定して季節感や特徴を打ち出したり、ショップを凍結させるという製法を編み出したり、改良に余念がありません。

  • 2016 05.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事