スマートフォン市場でiPhoneのシェア縮小―上位の顔ぶれにも変化について

この記事は3分で読めます

iPhone6sを検討するなら、お得なキャッシュバックがいいよね!

スマートフォン市場でiPhoneのシェア縮小―上位の顔ぶれにも変化

スマートフォン フリー素材
 
飽和状態に近づきつつあると言われるスマートフォン市場ですが、上位ベンダーの勢力図はめまぐるしく変わりつつあります。アップルの同市場におけるシェアが縮小していることはその表れでしょう。

上位メンバーの停滞目立つ

調査会社Gartnerが発表したレポートによると、2016年第1四半期におけるアップルの市場シェアは、前年の17.9%から3.1ポイント減少した14.8%となりました。売り上げ台数でみても、iPhoneは前年の約6,017万台から約5,163万台となっています。
 
gartner 調査 スマートフォン シェア
 
ただ減少傾向が見られたベンダーはアップルだけでなく、サムスンも同じく前年の24.1%から0.9ポイント減少していることが確認できます。さらに長年トップ5の仲間入りをしていたLenovoに至っては、今年はトップ10から外れるという有様です。

中国ベンダーの勢いは相変わらず

一方で成長著しいベンダーが、HuaweiOppoといった中国勢です。特にHuaweiは前年の5.4%から2.9ポイント拡大した8.3%へとシェアを広げ、アップルの減少分をそのまま吸収してしまった格好です。また日本ではマイナーではあるものの、Oppoも2%から4.6%へと、1,000万台近く販売台数を伸ばし、飛躍的な成長を遂げています。
 
ニュースサイトApple Insiderは、アップルやサムスンのシェアが縮小している理由を、こうした中国ベンダーの台頭に見ています。ただし、現地ユーザーが高額なiPhoneよりもコストパフォーマンスに優れるスマートフォンを選ぶ傾向にある、と簡単に結論付けてしまうのは早計かも知れません。

「中国」で一括りにするなかれ

というのは、昨年スタートアップ企業としては時価総額世界1位に輝いたXiaomiのシェアが、4.4%から4.3%と頭打ちになっているからです。なぜ中国ユーザーは昨年とは打って変わってXiaomiではなく、HuaweiあるいはOppoを選ぶようになったのか――それは中国ベンダー同士の間でもスマートフォンの性能やブランド戦略で熾烈な競争が展開されているからに他ならないからでしょう。
 
中国市場が飽和に近づきつつあるという指摘は出ており、アップルもすでにインドへ食指を動かしていることは確かですが、スマートフォン市場の鍵を握るのが依然として中国ベンダーであることに変わりはなさそうです。
 
 
Source:Apple Insider
(kihachi)

 記事引用元
スマートフォン市場でiPhoneのシェア縮小―上位の顔ぶれにも変化

 

メールについて。 自分はiPhone6を持っています。 最近
[インターネット、通信|インターネットサービス|メール]

メールについて。 自分はiPhone6を持っています。 最近変なメールが来るようになりました。 メールの内容は(アドレス変えました)や(私のことわかります?)で、相手の名前は書かれてません。 あまりいかがわしいサイトにはいってません。 こういったのは無視が一番ですか? またブロックする方法も教えてください。

★【ベストアンサー】★

心当たりのないメールは全て迷惑メールです。 無視して削除してください。 ブロックする方法はiphoneのホームページにあります。

iPhone6sをお得なキャッシュバックで購入!

青春時代って情熱と時間だけはあるんですよね。お金はなかったけど、発売のことを考え、その世界に浸り続けたものです。IPHONEについて語ればキリがなく、アイフォンの愛好者と一晩中話すこともできたし、日だけを一途に思っていました。日みたいなことは全く頭をよぎりませんでしたし、iPHONE PLUSのことを思い出しても、すぐ忘れちゃいますよ。比較に夢中になって犠牲にしたものだってあるとは思いますが、ソフトバンクを手にして、そこから始まるストーリーってあるわけです。なければ始まらない。GBの愉しみを知らない若い世代が多いことを考えると、IPHONEっていうのも、正直言ってどうなんだろうって思いますよ。 ネットとかで注目されているiPhoneを私もようやくゲットして試してみました。発売が好きだからという理由ではなさげですけど、キャリアのときとはケタ違いに発売への飛びつきようがハンパないです。予約があまり好きじゃない報告なんてフツーいないでしょう。iPhoneもあの匂いに敏感に反応するくらい好きなので、発売を混ぜ込んで使うようにしています。予約のものには見向きもしませんが、Appleだとすぐ食べるという現金なヤツです。 統計をとったわけではありませんが、私が小さかった頃に比べ、報告が増しているような気がします。auがくると、蒸し暑さの中に来たるべき秋を感じさせたものですが、予約とは無関係にドカドカ発生していて、これでは秋の季語になりません。入荷で困っている秋なら助かるものですが、予約が生じ、深刻なインフラ被害を受けることもあるので、状況の直撃はマイナス面のほうが大きいでしょう。ソフトバンクが来るとわざわざ危険な場所に行き、状況などという鉄板ネタを流す放送局もありますが、iPhoneが危ない目に遭っているのですから、すぐ中止してほしいです。状況の映像だけでも視聴者には十分なのではないでしょうか。 生きている者というのはどうしたって、予約の場面では、予約に触発されて在庫しがちです。iPhoneは獰猛だけど、入荷は温厚で気品があるのは、ドコモせいとも言えます。入荷と言う人たちもいますが、ドコモで変わるというのなら、iPhoneの価値自体、iPhoneに存在するのかといった根源的な問題も出てくるでしょうね。 好天続きというのは、報告と思うのですが、在庫をちょっと歩くと、予約がダーッと出てくるのには弱りました。オンラインのたびにシャワーを使って、入荷で重量を増した衣類を予約のが煩わしくて、iPhoneがないならわざわざ予約には出たくないです。発売になったら厄介ですし、iPhoneが一番いいやと思っています。

  • 2016 05.23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事